2017年10月5日 更新

わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

5月に本格稼働したばかりのスタートアップ企業がなぜ、構想段階のサービスのICOで、必要な資金の調達に成功できたのだろうか。その出来た理由とICOの可能性を探ってみた。

すべてはブロックチェーン・ソーシャルメディアから始まった

プロジェクトは今年5月、エンジニアの一人が、ブロックチェーンをベースにしたソーシャルメディアSteemに、自分の旅行記をのせたことから始まりました。その旅行記は読者の評価を受け、ユーザーから報酬として仮想通貨を得て、それで生活が出来るようになったと言います。
Steemから着想を得たエンジニアが開発をしているのは、信頼性の高い記事の集まるキュレーションメディアでした。
まず、自分で体験記を執筆してメディアに投稿します。
投稿された記事を気に入った読者は「いいね」を押す。ここまでは、Facebookやインスタグラムと何ら変わりませんが、特徴的なのは、ブロックチェーン技術を用いる点です。
開発したシステムが発行したトークンの一部は、記事の執筆者や「いいね」を押す読者への報酬として分配されることになります。
「いいね」をたくさん集めた記事の執筆者には、より多くの報酬が支払われ、「いいね」を押す読者にも幾分かのトークンが支払われることになります。
多くの「いいね」を集めた記事に、いち早く「いいね」を押した読者に対しても、より多くのトークンが分配されますし、ある種広告宣伝の役割を果たしています。
報酬のの分配は、執筆者にとっては多くの読者の評価を得る良質な記事を書き、読者にとっても良質な記事を見つけ出す動機づけとなります。
記事の投稿と読者による評価のサイクルを繰り返すうちに、次第に質の高い執筆者と目利きの読者がわかってくるようになります。
そして、エンジニアの考えたプロジェクトを投資家が評価し、企業価値が高まれば、執筆者と読者が受け取るトークンの価格も上昇するということになります。

なぜ稼働したばかりで調達できたのか

Free photo: Wallet, Credit Card, Cash - Free Image on Pixabay - 2292428 (20437)

5月に本格稼働したばかりのスタートアップ企業がなぜ、構想段階のサービスのICOで、必要な資金の調達に成功できたのでしょうか。
エンジニアたちは、いくつかのポイントがあるとつたえています。

ICOをめぐる国内法の整備は追いついていないなかで、2017年4月の資金決済法の改正で、仮想通貨を交換する取引所は「仮想通貨交換業」として金融庁への登録が義務付けられることとなりました。
プロジェクトが発行する仮想株式が仮想通貨に該当する場合、業者としての登録の対象となる可能性がありました。
このため専門家に相談したうえで、登録しなくてもいいという結論を出したそうです。
事例がないだけに、判断できないが悪いことはしていないので逮捕もされないというのが言い分だそう。
さらに、ICOに必要なブロックチェーンを使いながらスマートコントラクトを導入、あるいは開発したことのある人間は、日本にはまだほとんどいないという野だから驚きである。
ICOを実施するうえで、エンジニアは仮想通貨のイーサリアムを日本円換算で3.5億円ほど調達予定だったという。
この開発陣のトークンを購入した人に対しては、一定の期間内に目標額を集められない場合は、返金の約束をしており、口約束にならないように先ほど出たスマートコントラクトを導入した。その甲斐もあって信頼されて結果的に調達まで行けたというわけである。

時間とコストを節約、世界を相手に資金調達

Free photo: Laptop, Office, Work, Grass, Sunny - Free Image on Pixabay - 762548 (20438)

通常、株式市場で資金を調達するには、証券会社などに依頼して、数カ月かけて証券取引所向けの膨大な資料を作成しなければならないが、ICOで行う場合、それらを行う必要もなく、間に入る人がいないので時間とコストを節約できて、さらに世界中広く資金を調達することができる。
普通に国内ベンチャーの感覚で行っていたら短期間では300万円も集められなかったかもしれない金額をわずかな時間で億単位を収集できたということは驚嘆に値すると思います。
一方で調達した資金の大きさは、出資者に対する機体であったり責任の重さでもある。
臨んでいるから多くの資金を集めたが、それが良かったのか悪かったのか、それを決めるのは、プログラムを作った側の責任でもありやりがいでもあると思います。
そしてICOには、まだまだ発展途上なところが多いのも事実です。
税金面で言えば何も規制が引かれていない中で、企業がトークンを販売して稼いだともいえる仮想通貨には税金がかかるのか。
ど宇いう扱いになるのかなど全く不透明な状態になっているのも事実です。
トークンを買ってくれそうな人はどこにいるのか、スマートコントラクトを形にするにはどんなコードを書けばいいのかなどの問題もたくさんありますが、このいばらの道を超えたときに成功という目標にたどり着くのだと考えます。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

話題の”ICO”とは一体何か

話題の”ICO”とは一体何か

仮想通貨を利用した資金調達の方法として、ICOに将来性はあるものの、IPOに比べると開示される情報も乏しく、制度としては未成熟と言わざるをえません。 また、資金調達側には非常に魅力ある仕組みですが、投資家にとって、現在のような期待感だけでトークンの価格が上昇するバブル的な様相が長く続くとは思えません。
じょにー | 59 view
仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

株のIPOという言葉はよく聞きますが、仮想通貨にも存在します。 情報の速さが物を言う世界なので、知識として持っておきたいですよね! そこで今回は、仮想通貨のICOの、仕組みや内容を紹介します。
じょにー | 60 view
ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

最近COMSAによって国内でも認知が急速に広まりつつあるICO。仮想通貨の世界ではICO、クラウドセールやプレセールといった先行販売のような企画が催されたりしていますが、それは一体どのようなものなのか、何が行われているのか調べてみました。
じょにー | 38 view
ICOの時に情報を仕入れておき上場後の投資が狙い目?クラウドセールのイロハ

ICOの時に情報を仕入れておき上場後の投資が狙い目?クラウドセールのイロハ

仮想通貨取引所で取引が開始する前の仮想通貨の販売、つまりICO(Initial Coin Offering)では、上場直後に大きく値上がりする可能性のある仮想通貨を、上場前に購入することで割安に手に入れることができます。仮想通貨市場全体が成長時期にあるため、短期的な値上がりを見越して世界中の人がICOに参加しています。
じょにー | 48 view
ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

COは暗号通貨経済におけるIPOのようなものである。IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開であるが、ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスである。そしてそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることである。
じょにー | 66 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー