2018年2月2日 更新

コインチェック事件の教訓、仮想通貨はハードウェアウォレットで保管しよう

コインチェック事件で仮想通貨を盗まれてしまったことを教訓に今後は仮想通貨は最も安全な保管方法であるハードウェアウォレットで保管することをお勧めします。

コインチェック事件後ハードウェアウォレットを購入する人が急増

コインチェックの580億円ハッキング事件を受けて、ハードウェアウォレットを購入する人が急増しています。
それをうけて、レジャーナノSやトレザーのようなハードウェアウォレットは品薄状態になっています。
 (23500)

なぜハードウェアウォレットが必要なのか?

ハードウェアウォレットは、仮想通貨を保管するためのデバイスで、USBでパソコンに接続して利用します。
仮想通貨を安全に保管するなら、以下のような点で、ハードウェアウォレットが最も優れた保管方法と言われています。
・インターネットから切り離されてオフラインで保管
・パスワードで管理されるので、セキュリティも安心
・パスワード入力は、ハードウェアウォレット上で入力するので、パソコンがウイルスに感染しても仮想通貨が盗まれてしまうことがない


今回のコインチェック事件でも分かったように、現状では取引所に仮想通貨を預けている人がほとんどです。
その場合、取引所がハッキングにあって仮想通貨を盗まれたり、倒産してしまった場合は、自分の仮想通貨が失われてしまいます。
短期売買用ではなく、長期ホールドする分に関しては、取引所で保管するのではなく、面倒でも必ずハードウェアウォレットに移動しておくことをお勧めします。
ハードウェアウォレットに保管しておけば、今回のようなコインチェックに預けていた仮想通貨が失われてしまったという事態は防げたのです。
bitclubmining

ハードウェアウォレットは販売元から直接購入すること

ハードウェアウォレットは、Amazon、ヤフオク、メルカリなどでも多く出品されていますが、正規代理店でないものや中古品はハードウェアウォレット自体にウイルスが埋め込まれていて、仮想通貨を盗まれてしまったというケースがありますので、面倒でも必ず正規のルートで購入しましょう。価格は、正規のルートでも1~2万円程度です。数百万円、数千万円という資産を無くしてしまうのに比べれば安い買い物と思います。

どんな通貨に対応しているのか?

例えば、レジャーナノSの場合、
ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ドージコイン、ジーキャッシュ、ダッシュ、リップル、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックなどのようなメジャーな仮想通貨にはほとんど対応しています。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コインチェックで話題の仮想通貨ネムとはどんな仮想通貨でしょうか?

コインチェックで話題の仮想通貨ネムとはどんな仮想通貨でしょうか?

コインチェックで話題の仮想通貨ネムについて
管理者3 | 62 view
集団提訴されるコインチェック

集団提訴されるコインチェック

コインチェックのネム流出問題に絡んで、被害対策弁護団や被害者団体が結成される動きを見せています。今後このような動きは拡大していくと見られています。
しょーじ | 200 view
なぜコインチェックのネムが狙われたのか?

なぜコインチェックのネムが狙われたのか?

今回の事件では、多くの取引所がある中なぜコインチェックが狙われたのか、多くの仮想通貨がある中なぜネムが狙われたのか、ブロックチェーン推進協会の見解を元に紹介します。
しょーじ | 257 view
コインチェック異例の措置で立ち入り検査へ

コインチェック異例の措置で立ち入り検査へ

コインチェックから日本円換算で580億円分ものネムがハッキングで盗み出された問題で2月13日までの行政処分の報告期限を待たずに2月2日に立ち入り検査を行うことになったのは異例の措置と言えます。
しょーじ | 49 view
コインチェックの株主構成は?

コインチェックの株主構成は?

コインチェックの記者会見では、株主と相談しないと答えられない旨の回答が多くありましたが、実際のところ、株主構成はどうだったのでしょうか?
しょーじ | 1,231 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ