2018年1月30日 更新

仮想通貨を利用したビジネスモデル【メリットについて】

仮想通貨を利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。 ビジネスシーンの中ではどのような利用のされ方をしているのか、そしてビジネスモデルとしての考え方とは?などについて紹介します。

仮想通貨に対する不安

Free illustration: Bitcoin, Binary, One, Null, Coin - Free Image on Pixabay - 503581 (13923)

日本ではまだまだ、仮想通貨に対する不安感が払拭されていません。
その原因となっているのが、2013年3月に取引所Mt. Goxが経営破綻した情報が未だに尾を引いているためです。

ビットコイン自体は、様々な国で使用されている通貨よりもセキュリティが高くなっており、送金手数料がとても安いなどの特徴があります。

Mt.Gox社の報道で、セキュリティに問題があるのでは?と考える方が多く、実際のところ、セキュリティに問題があったのは取引所のMt. Goxの方です。

仮想通貨には、多くの特徴が有り、そして今では他の仮想通貨も注目されています。

セキュリティ対策

仮想通貨はウォレットと呼ばれるものにデータを格納しておくことが出来ます。
Mt.Gox社のようにならないためには、自分でウォレットを管理しておくことが重要です。
そうすれば、業者がつぶれても、自分の元にお金がきちんと帰ってきます。

ビットコインなどの仮想通貨は上記の様にセキュリティに問題はないので、個人できちんと管理さえしていればむしろ実物で持つよりも安全ということです。
Free photo: Laptop Work, Laptop, Computer - Free Image on Pixabay - 1148958 (13925)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining

仮想通貨の仕組み

Free photo: Access, Action, Adult, Apple, Blur - Free Image on Pixabay - 1867690 (13924)

仮想通貨は、日本でいえば日本銀行、もしくは日本政府が管理や発行する従来の通貨ではありません。インターネット上にデータとして存在している通貨で、その通貨で決済などを行う事が出来るものです。
実物としての紙幣、硬貨は発行されていません。その為に「仮想」と呼ばれています。
決済時には金融機関を通さないため、諸経費や手数料などがほとんどかかりません。
取引にかかる時間もほんの少しの時間で済ますことが出来ます。

ブロックチェーン

Free illustration: Bit-Coin, Coin, Icon, Gloss, Orange - Free Image on Pixabay - 722075 (13922)

ビットコインの仕組みでブロックチェーンという言葉があります。
世界中にある複数のパソコンで同一のデータを管理するネットワークシステムです。沢山のパソコンで同じデータを管理することは、データのが壊れてしまったりする点を瞬間的に見抜くことが出来ます。
サーバーを持たないのが特徴で、分散して管理していますのでシステムダウンなどが起こらないことになっています。

金融機関などでは、独自にサーバーを設置しているなど多くの投資を行っています。
こういう点からも、ブロックチェーンを利用する事で、自社でサーバーを持つことが必要なくなり、大幅にコスト削減が出来るとの見方もできます。

法整備も進む

仮想通貨に関する取り扱いの法整備も進んでいます。
「犯罪による収益の移転防止に関する法律」が改正されており、仮想通貨の取引口座も対象になっています。
犯罪の洗浄資金などの利用されないように、もしくはテロ行為に関わる資金を移動するために、仮想通貨が利用される、そういった点から、口座開設時の本人確認や、取引記録の作成、疑わしい取引の可能性がある場合は届出が義務課されることになりました。

仮想通貨とビジネス

Free illustration: Ecommerce, Online Shopping - Free Image on Pixabay - 1992280 (13927)

仮想通貨のビジネスモデルとしては、FX取引のように投資資産として考える動き、簡単に決済と送金をした動きがあります。
法定通貨ではありませんが、金融商品と同じ考え方で取引されていきそうです。

法改正で銀行や証券会社と同じような規制になりますので、銀行などでは金融商品を扱うような形にりそうです。

メリットが多い

Free photo: Application, Money - Free Image on Pixabay - 1756279 (13926)

仮想通貨の取り扱いには多くの企業が参入してきていいます。
例えばクレジットカードで何らかの商品を購入した際に、お店側は何%かの手数料を負担することになります。仮想通貨で購入して決済した場合は、手数料がほとんどかかりません。
手数料がかからないということは、お店側としての儲けは増えるわけですね。
銀行の営業時間は日本の場合、15時までとなっていますので、それ以降の取引が出来ませんが、仮想通貨は24時間365日決済可能ですので、使い勝手の良い通貨です。

将来的には多くの場所で利用されることが期待されているのが仮想通貨です。
ビジネスの中で採用していくことは考えておくといいかもしれないですね。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビジネスにも使えるビットコインの可能性

ビジネスにも使えるビットコインの可能性

ブロックチェーンによって帳簿が公開されるビットコインはビジネス面でもクリーンに使えます。もちろん利便性も抜群のようです。
ほろん | 262 view
ハードウェアウォレットのメリット、デメリット

ハードウェアウォレットのメリット、デメリット

仮想通貨を安全に保管できるハードウェアウォレットにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?詳しく紹介します。
しょーじ | 147 view
OZマイニングを利用してマイニングを行うメリット

OZマイニングを利用してマイニングを行うメリット

OZマイニングを利用してマイニングをすることで、機動力の確保、工期の短縮、コスト回収期間の短縮、排熱コントロールと有効活用、不要な設備削減、大幅なコスト削減、効率的な設備機器の開発などのメリットがあります。
しょーじ | 121 view
ザイフのメリット、デメリットまとめました

ザイフのメリット、デメリットまとめました

国内で第3位の取引量の仮想通貨取引所「ザイフ」のメリット、デメリットをまとめました。口座開設する際の参考にしてください。
しょーじ | 59 view
仮想通貨の投資とは異なるマイニングのメリット

仮想通貨の投資とは異なるマイニングのメリット

多くの方々は、マイニングに大きな関心を抱いています。仮想通貨に関する様々な魅力があるからです。例えば、極端に大きなリスクが生じないメリットがあります。それと、投資ほどハードルが高くないメリットもあるのです。
うーた | 119 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kiritani kiritani