2017年12月18日 更新

ビットコインゴールドは中国でも注目されている?

需要が上がればビットコインゴールドも価値は高まることが予想できますが、中国のICO規制による影響は多少なりともビットコインゴールドにも影響が出てしまうかもしれません。ただしICO詐欺というのも存在しますので、詐欺の被害を減らせるという意味ではメリットになります。いずれにしても今後の中国の動きには注目が集まるでしょう。

中国でのビットコイン

 (20737)

現在ビットコインは世界中で利用されています。誕生した当初は仮想通貨という危なげなイメージがありました。さらに国内のみならず世界でも最大級の取引所として注目されていたマウントゴックスのビットコイン消失事件などで、イメージがダウンしたのは事実です。

現在ではビットコインのイメージも徐々に回復し、世界中で利用者が増えています。ビットコインはマイニングをすることで生成されますが、現在マイニングのほとんどが中国で行われていることから、ビットコイン市場の中心は中国と言われるまでになりました。ビットコインを語るに当たり、中国市場は欠かせない存在となっています。しかし、ここのところ順調だったビットコイン市場が、2017年9月8日に急落し話題となります。安定していると思われていたビットコイン価格が急落したのは、中国政府がビットコイン取引を禁止すると発表したことが原因とされています。

ビットコインはICOで資金調達をするのが一般的です。これはビットコインならではの、ブロックチェーン技術です。ビットコインを得るために、トークンを発行し、それをビットコインに変えるという方法です。ところがビットコイン市場の中心となっていた中国政府がICOを禁止したため、ビットコイン市場に大きな影響を与えてしまいます。

中国はなぜビットコイン取引を禁止にしたのか?

 (20733)

なぜ世界的にも注目されるビットコイン市場である中国が、ICOを禁止したのでしょうか?これはビットコインが管理する団体や組織を持たないというのが理由です。日本では日本銀行や日本政府が紙幣や硬化を発行しているように、中国では中国人民銀行が元を発行しています。

ビットコインを利用する人の目的はいろいろですが、元をビットコインに換金しそれが海外に流出するのは、中国政府にとってみれば資本が流出するのと同じです。皮肉なことに中国はビットコイン市場の中心となっているので、ビットコインを利用する人が増えるほど、資本の流出が増えるということになってしまいます。

この資本の流出を食い止めるために、中国政府はICOを禁止するという規制に踏み切ったのです。これによりビットコインの価値が急落しましたが、今回の規制では取引所は対象外だったため、一時期は急落したものの徐々に元に戻りつつあります。

中国政府がICOを禁止した影響

 (20736)

世界的にも注目されるビットコイン市場を抱える中国が、ICOを禁止したことで中国でのビットコインは終わったも同然という声も上がっていました。確かに一時期は価格が急落するというダメージを受けましたし、ICOを中国内で禁止するとなったらマイナーたちも取引ができなくなってしまいます。

ただし中国以外でのICOまで禁止されたわけではありませんので、マイナーたちは中国外での取引が可能な以上、中国でビットコインが終了するというような事態にはならないでしょう。現在は中国内でも少しずつビットコインの価値が回復しつつあります。ICOは規制対象となりましたが、取引所が全て閉鎖されたというわけではないので、未だに中国内でビットコイン取引は行われていますし、現在は回復の兆しを見せています。

中国以外での取引について

 (20734)

今回中国政府がICOを規制したことで、いろいろなところに影響が出ていますが、現段階では中国のマイナーやマイナーグループは、中国国内で取引機可能な取引所を利用している人もいますし、海外に目を向け海外の取引所を利用している人もいます。しかし中国政府がICOを禁止した理由が、資本の流出を防ぐということから、今後は海外で取引をするマイナーやマイナーグループも、規制される可能性はあります。

その一方でビットコイン取引により、経済が循環するというメリットがあるのも事実です。これは中国政府にもメリットになるため、完全にビットコインを規制してしまうと、メリットまでも失うことになるので、安易に全面禁止にはしないだろうと考えられています。ただ今回の中国政府がICOを規制したことから、ほかの国でもICO規制の動きが高まるという意見もあります。

ビットコインゴールドへの影響

 (20735)

ビットコインから分裂して、新たなビットコインゴールドが誕生すると注目されています。誕生するのは2017年10月末と言われていますが、日本ではビットコインをウォレットか対応している取引所に保有している人には、無料で配布されることになっています。無料でもらえるのはお得に感じますが、今後ICOの規制によりビットコインゴールドの需要が高まらない限り、ビットコインゴールドの価値は低くなってしまいます。
15 件

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3