2018年2月21日 更新

要注目!中国はビットコイン取引額 世界1位 独自のコイン作成を検討中。

世界で最もビットコインの取引量が多い国は「中国」です。その中国で現在、オリジナルのコイン作成が検討されています。世界第2位の経済大国「中国」。要注目です。

17,128 view お気に入り追加 0

中国の中央銀行、オリジナルのデジタル通貨作成を検討。

ビットコイン市場は日本でもある程度開拓されましたが、最も取引量がおいのは実は中国でした。実際に中国市場の伸びはすさまじく日本での消失事件とは関係なしに加速度的に流行を見せることになります。

中国の取引高は、ちょっと前までは世界全体の9割前後を占めているほどの巨大市場でしたが、中国では三大取引所などと会談を行い、結果的に取引手数料の徴収や一部の業務を停止する姿勢を見せたので、2017年に入ると加速度的に市場がしぼみます。

この影響は人民元建て価格にも影響が出て一気に下落し市場は大混乱になります。2015年以降は取引増加に拍車がかかった中国市場ですが、2017年に入ってこのような急転直下な事態が起きてしまったことで一時期世界中の市場が変わってしまったのです。
bitclubmining
中国人民銀行、新たな仮想通貨を発行か

中国人民銀行、新たな仮想通貨を発行か

中国人民銀行(PBoC)は20日、中央銀行が発行する中国政府のためのデジタル通貨を発行しようとしていることを明らかにした。

「Bitcoin」や「Cryptocurrency」、「Blockchain」という言葉が使われていないにも関わらず、中国政府がビットコインを意識した仕組みを考えていることは明らかだ。

声明によれば、PBoCは2014年からデジタル通貨研究チームを発足しており、暗号通貨のテクノロジーの研究とユースケースの模索、組織が管理するためのメカニズムの研究を行ってきたとのこと。
中国、デジタル通貨の研究は着実に成果を出していると報告

中国、デジタル通貨の研究は着実に成果を出していると報告

1月20日、中国の中央銀行である中国人民銀行が北京でデジタル通貨検討会を開催し、同行内でのデジタル通貨の研究は着実に成果を出していると報告した。また、同中央銀行がデジタル通貨発行に前向きである姿勢を明確にした。

中国最大の取引所Huobiwanの創始者である李 林氏は、「今回の発表は国内のデジタルマネー業界を大きく後押ししたといえる」と発言している。

中央銀行は2013年12月にリスクに対する通知を行って以来、デジタル通貨について明確な態度を示したのは今回が初めてのことという。
中国はグローバルな経済戦略を持つ、世界第2位の経済大国です。中国の中央銀行は2013年に、いったんは金融機関でのビットコインの使用を禁止する警告を発し、その影響で価値が約50%急落するということがありました。

しかし翌年の2014年からはデジタル通貨の研究チームを発足して、ビットコインを意識した独自のデジタル通貨作成について前向きな態度を示しています。 日本ではまだまだ普及が進んでいるとは言えませんが、様々な国で国家戦略に生かす方向での取組が始まっています。

いずれにせよ、世界の経済に強い影響力を持つ中国の動向に注目する必要がありそうです。
この結果、日本での取引が急増することになり、日本の取引高が中国を抜いて一位になります。9割が中国という市場だったのですが、中国政府の規制によって実際に取引していた方々が逃げてしまったという結果なのです。

中国の規制強化を嫌った中国人投資家が日本に市場を映したことが考えられますが、この逃げ出した中国投資家の取引額は非常に大きいので、その影響の大きさで日本が一位になってしまったのでしょう。

実際に規制強化で中国のビットコイン市場が縮小すると考えた人はたくさんいたのですが、その逃げ込む先が日本であることを予想していた人は少ないと思います。アメリカといった国を予想していた人は多かったようですが、こうなることは予見できなかったのでしょう。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

中国が独自のコインを作成する理由とは?

デジタル通貨の発行は、経済取引の利便性と透明性を向上させる。

デジタル通貨の発行は、経済取引の利便性と透明性を向上させる。

中国ではビットコインを取り巻く環境が非常に揺れ動いており、そこで取引をしている人たちもたくさんの人たちが巻き込まれてしまっております。その環境変化の一つとして中国人民銀行で独自のコインを作成中というものまであるのです。

これは2014年に中国の中央銀行に該当する中国人民銀行でつくられた特殊な研究グループがあるのですが、そこでは当初からこのような独自のコインをつくる技法を研究していたようで、暗号通貨の試運転も完了していたようです。

規制した背景には色々とあるようですが、このような独自なコインを流行らせるためには今まであったものを駆逐する必要があるので、このような処置をしたのではないのかと考える人もちらほらいます。
中国人民銀行(PBoC)は声明の中で次のように述べた:

「デジタル通貨の発行は、紙幣の発行コストを大幅に削減し、経済取引の利便性と透明性を向上させる。また、マネーサプライにおける中央銀行の能力を高めるとともに、マネーロンダリングや脱税、その他の金融犯罪を抑制し、包括的な社会の発展に寄与することができる。」
世界経済戦略を持った中国。 対応への軌道修正にも柔軟でした。

全世界の8割が人民元建てで売買。

技術はシリコンバレーで決まるが、価格(相場)は中国で決まる。

技術はシリコンバレーで決まるが、価格(相場)は中国で決まる。

<マウントゴックス破綻>
2014年3月マウントゴックスが破綻し、取引所の地図が完全に変わります。破綻寸前にもせいぜい20%程度のシェアしかもっていなかったマウントゴックスですが、これがなくなったことにより、取引の多くが、中国人民元建てが占めるという状況になったのです。そして、それがいまでも続いています。

一目瞭然、他の通貨を圧倒して、人民元建ての取引が突出しています。中国の主要プレイヤーは、OKコイン、BTCチャイナ、Huobiの3強で、取引合計は、月間400万BTC。一日に約13万BTCが取引されているということになります。

一方、USD建ての取引では、主要なプレイヤーは、Bitfinex (香港、シェア約50%)、Bitstamp(スロベニア、シェア25%)、Btc-e(ロシア、シェア15%)です。

ここでもMtgoxが消えた穴を、中国勢(香港)のBitfinexが埋めた形になります。「技術はシリコンバレーで決まるが、価格(相場)は中国で決まる」といわれているのはこのためです。

比率で言うと、なんと80%。世界のおよそ8割の相場は中国で取引されているのです。
世界の取引量は?

世界の取引量は?

2015/8/18現在の世界の取引高です。
<相場は人民元建てを注目するべし>
上級者は、ドル建ての価格だけではなく人民元だての価格にも注目しています。というのも、相場は中国で動きがあり、それを追随する形でドル相場が動くという形も多いからです。

現在価格は260-300ドル前後をうろうろしていて、心理的には300ドルというのが抵抗線のように見えます。そして目先の天井は310ドル付近でした。 実は、310ドルというのは、人民元に直すと、2000人民元なのです。300ドルの壁ではなく、2000人民元の壁だった可能性もあると思います。
中国は、ビットコインの取引所が最も活発な国として知られており、多彩な取引を提供しています。そのため強い影響力を有しているのは当然ともいえます。

中国の《 高まる投資熱 》 ビットコイン取引量・トレーダー人口多く、相場を牽引。

中国  高まる投資熱

中国 高まる投資熱

北京(CNN) 中国でインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引が過熱している。 取引量は日本などを抜き、世界の3分の1が中国経由で売買されるようになった。

雑誌編集者のリュウ・シンダさん(23)は2012年に投資を始めた当初、株式や不動産への投資も検討した。しかし「人民元より安全に資産を形成できる手段」として選んだといい、「その仕組みを信頼した」と話す。

中国はここ数年で人民元の国際化を推進し、国際市場での規制を緩めて価値を上昇させてきた。しかし規制はいまだに存在し、個人が中国国外に投資するのは難しい。 結果として多くがビットコインのような資産に目を向ける。
投資目的や資産形成以外では、決済を、楽天がすでに米国のRakuten.com(ラクテン・ドット・コム)などに導入しています。 まだまだ認知度が高いとは言えない日本ですが、楽天市場やアマゾンでの買い物に使えるようになれば、ビットコインの普及率は上がるのではと思います。

中国の活発な《取引所 》《マイニング 》

中国の活発な《取引所 》 多彩な取引を提供。

中国の活発な《取引所 》 多彩な取引を提供。

最大の交換所、および採掘プールは中国にあるということに気付くことが重要である。
今では中国の法律が暗号通貨に向かう中国法執行機関や政府機関のアプローチを緩和しているようだ。中国のサーバースペース管理(CAC)からの最近の出来事や出版に基づいて、政府は暗黙のうちにの使用と操作、スタートアップおよび取引の許可をしているようだ。

新しくリリースされた発表では、CACは、米国商品先物取引委員会(CFTC)が正式に金融商品として定義し、規制当局は電子マネーの経済的規制を促進すると述べたことを指摘している。

発表はこう続いている。「一部の人々は基礎となるブロックチェーン技術は安定していないと考えているが、私たちはそれらが金融セクターにもたらした革命的な変化を無視することはできない。その新しい技術は分散支払いおよび決済の仕組みの拡大をもたらし、金融取引にイノベーションをもたらした。」

最大の交換所、および採掘プールは中国にあるということに気付くことが重要である。
採掘とは

採掘とは

採掘とは、大量の計算機を用いて、ある文字列を見つけ出す行為の事で、この行為によってのみ、新規通貨が発行されます。 つまり、計算機を用いて文字列を探し出す行為を、”埋蔵されている” と見立てて、採掘という言葉を使うようになっていったんですね。

採掘する人の事をマイナー(発掘者)と呼びます。

一昔前のマイナーは過酷で危険な鉱山の中で採掘作業に従事するイメージがありますが、打って変わってこのマイナーは大量のコンピューターを利用し、ひたすら新規のビットコインに相当する文字列を探し続ける、既存のマイナーとは似ても似つかない人々がマイナーと呼ばれています。
中国の大規模Bitcoinマイニング施設

中国の大規模Bitcoinマイニング施設

中国の郊外でも行われている大規模Bitcoinマイニングの現状とは?

Mt.Goxによる騒動が一段落してから名前を聞く機会が少なくなった仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)ですが、現在でもその発掘作業は絶え間なく続けられています。 建物全体を使った水冷システムによるマイニング施設が登場するなど、エスカレートを続けるBitcoinマイニングの世界ですが、中国で行われている驚くべき規模のマイニングの実態がBitcoin専門サイトのThe Coinsmanで紹介されています。
マイニング(採鉱)やマイナー(発掘者)のイメージが、これまでと180度違うのですね!
でも”採掘”は、鉱山の中からきわめて少ない金塊を掘り当てるかのごとく難しいようです。

中国が考えるビットコインの可能性とは。

Wu氏を始め、政府はビットコインの可能性を感じている

Wu氏を始め、政府はビットコインの可能性を感じている

中国・海南省で開かれた国際金融フォーラムにおいて、中国政府のWu Xiaolingがポジティブな姿勢を見せた。

このWu Xiaolingは、中国人民銀行の元課長補佐を務めていた女性である。 彼女は同フォーラムのなかで「情報ネットワークから金融ネットワークへ(”From an information network to a financial network”)」というタイトルの元、スピーチを行った。

そのスピーチにおいてWu氏は、”GOVERNMENT MONEY”(つまりは元のことか)と共存できると発言した。 彼女を始め、政府はビットコインの可能性を感じており、この技術はコストを減らし、効果性を高め、非常に存在価値のあるものだとしている。
Wu Xiaoling(吴晓灵)氏は、ビットコイ  ン...

Wu Xiaoling(吴晓灵)氏は、ビットコイ ンの扱いを最初に認めた

Wu氏はまず、仮想通貨などのデジタル通貨が成し得る金融への可能性の範囲を指し示した。

“情報技術は、マネーサプライを調整することが困難である。しかし、情報技術は金銭支払機能の実装を変更することが出来る。”

Wu氏はまた、デジタルマネーを電子通貨と仮想通貨に分類しその違いを説明し、情報技術及び仮想通貨が金融や財務へと良い影響を与えるであろうと述べた。

また、仮想通貨は発行量を調整出来ないため、経済のニーズに対応出来ず、それ自体が金融商品や金融資産の対象となってしまうことを懸念し実際の通貨となることは出来ないとしながらも、仮想通貨を地域通貨とし、法定通貨と地域通貨のデジタル版として共存出来ると語った。
Wu Xiaoling(吴晓灵)氏は中国人民銀行の元バイス・プレジデントで、ビットコインの扱いを最初に認めた人物です。彼女の出身の中国人民銀行は、かつてネガティブな姿勢をとっていました。その彼女が今回のフォーラムで、中国政府の公式発表として、ポジティブなスタンスを表明したというものです。

中国、ビットコインとの共存を選択。新たな仮想通貨を発行する意図を表明。

中国人民銀行、新たな仮想通貨を発行か

中国人民銀行、新たな仮想通貨を発行か

世界中において、これほどまで直接的に共存の道を選択しようという声明を出した国は他に例がない。また、取引が最も活発な国として、最も影響を与える国として中国は有名だ。このフォーラムは当局関係者向けの瑣末なものである可能性もあるが、しかしながら非常に巨大な動きが起こる前兆ともなる可能性もある。

今までも、そしてこれからも。最も注目しなければならないのは、やはり中国なのだろうか。
中国人民銀行、公式サイトにて新たな仮想通貨を発行する意...

中国人民銀行、公式サイトにて新たな仮想通貨を発行する意図を表明

中国の国立銀行、中国人民銀行が2016年1月20日に、公式サイトにて新たな仮想通貨を発行する意図を表明した。

中国人民銀行の発表によると、会議の結果、新たな仮想通貨を発行することはメリットがあり、実践的で歴史的にも価値がある物の可能性があるようだ。

新たな通貨を流通させることにより、従来の通貨の流通を抑え、循環を容易にするだけでなく、利便性も上がり様々なお金の動きの透明性が上がるため、マネーロンダリング、脱税、その他犯罪行為も減る見込みのようだ。

発表においてビットコインなどその他暗号通貨について触れられなかったが、政府の重役たちは管理者のいないことを問題視し、マネーロンダリングやテロリストへの資金援助を行われることを危惧しているのだと思われる。
中国がどのような理由とプロセスで、ビットコインを意識した新しい仮想通貨の作成を検討するに至ったのかがわかりました。投機の手段としてはもとより、人民元建ての資産を異なる通貨建ての資産に変更したり、海外への送金の手数料の安い等のニーズがあることが理解できました。新しい仮想通貨についてはまだ研究中の段階ですので、中国での人気はまだまだ続くとみて良いのでしょうか。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年1月に行われた中国政府のマイニング禁止の影響

2018年1月に行われた中国政府のマイニング禁止の影響

2018年1月に中国政府はマイニング事業を停止するように通知しました。それによりマイニング事業者の倒産や海外移転が増え、今後中国以外のシェア増加も考えられています。
しょーじ | 165 view
中国がICOを禁止した背景にある理由とは?

中国がICOを禁止した背景にある理由とは?

中国が2017年にICOに参入することを禁止しましたがどういう理由でそうなったかというのがいくつか書かれていたのでそれを中心にご紹介していければと思います。
じょにー | 115 view
ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 1,440 view
デジタル通貨のマイニングは2025年には大きく変わっているかもしれない

デジタル通貨のマイニングは2025年には大きく変わっているかもしれない

ビットコインのマイニング方法はおよそ8年間の間で大きく変化してきました。そしてこれから10年間で仮想通貨のマイニングはどのように変わっていくのでしょうか。
じょにー | 94 view
マイニングで有名な中国と仮想通過の関係性はどうなのか?

マイニングで有名な中国と仮想通過の関係性はどうなのか?

中国はマイニングの大国として有名ですが、なぜ中国ではマイニングがそこまで活発に行われているでしょうか。マイニングと中国の関係性をみていきたいと思います。
じょにー | 28 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

うさぎ うさぎ