2018年1月7日 更新

ビットコイン取引ができるFisco(フィスコ)とKraken(クラーケン)を比べてみよう

ビットコインを使った取引は、仮想通貨取引所を利用する必要があります。国内でも利用できる取引所は増えており、取引所による特徴の違いもあります。今回は、人気のFisco(フィスコ)とKrakenクラーケン の特徴やセキリュティについて比べてみましょう。

Fisco(フィスコ)の基本的な特徴

 (21101)

Fisco(フィスコ)はジャスダックに上場している株式会社フィスコが母体の仮想通貨取引所です。母体の会社は、投資家のサポートやリサーチを行っており、幅広く事業展開を行っています。国内仮想通貨取引所のZaifと業務提携しており、基本的な取引のツールはZaifの機能を使っています。

情報も多いため、仮想通貨取引を始めるにあたり、BTCを最初の通貨として選ぶのもよいでしょう。しかし、仮想通貨取引所の多くはビットコインの取り扱いしか行っておりません。Fisco(フィスコ)は、ビットコイン以外にモナーコインの取り扱いを行っており、ビットコインとペアにして取引することもできます。

新しい仮想通貨で取引するためには、諸手続きが大変ですが、Fiscoならモナーコインとビットコインの取引を同時に開始することが可能です。モナーコインの知名度は、ビットコインほどではありませんが、日本で生まれた仮想通貨ということもあり、馴染みが深く信頼性のできる通貨です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Kraken(クラーケン)の基本的な特徴

 (21104)

Kraken(クラーケン)は、アメリカに本社を置く仮想通貨取引所です。特徴としては、世界で第六位という取引シェアを誇っており、世界の中でも大きな取引所として有名です。ビットコインが多く流通しており、取引手数料に該当するスプレッドも狭いので利益を出しやすい特徴があります。また、円やドル、ユーロ、ポンド、カナダドルなどの主要通貨で入金できるのも特徴です。

Kraken(クラーケン)は、レバレッジ取引にも対応しています。最大で5倍のレバレッジをかけることが可能で、持っているコイン以上の大きな取引ができます。FXの経験がある人なら、入りやすく、証拠金取引が可能なのも魅力と言えるでしょう。ロスカットやマージンコールなどもあり、資金を多く失ってしまうリスク対策も行なわれています。

一方で、仮想通貨取引は、FXに比べると情報が少ないことや過去のデータが値動きを予想する要素になりにくいデメリットがあります。つまり、仮想通貨そのものが誕生してから時間があまり経ってないため、どのような要素で価値が変動するかという経験則がありません。FXは過去の経験則をもとに投資をするのが主流であることを考えると、初心者には不向きのスタイルと言えるでしょう。

Fisco(フィスコ)とKraken(クラーケン)の比較ポイント

 (21107)

仮想通貨取引において、FXのような取引をするならレバレッジがかけられるKrakenがおすすめです。ただし、仮想通貨の取引はスワップポイントに該当する部分でマイナスが大きいことや、値動きが大きいため、長期ポジションの保有には向きません。取引するためには、本人確認を行う必要がありますが、Krakenは申請してから取引できるまでに時間がかかるデメリットもあります。すぐに取引したいなら対応が早いFiscoがおすすめです。

Krakenは安く通貨を購入できるのが売りの仮想通貨取引所です。国内取引所に比べても大幅に安かったので、金額的な面でのメリットはFiscoよりも大きいと言えるでしょう。ただし、国内の仮想通貨取引所が増えてきたのにともなって、以前よりも取引所による金額の差は少なくなっています。

Fiscoは、販売所と取引所の両方が設置されている特徴があります。取引所の役割は、チャートを見ながら価格の指定をして取引する場所です。反対に、販売所は決められている価格に対して買いたい数量を指定することが可能で、簡単に買いたい場合に有効です。選択肢があるのはメリットで、取扱いのコインはKrakenに比べると少ないものの、取扱いのあるビットコインとモナーコインともに販売所での取り扱いがあります。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

FiscoとKrakenのセキリュティ面での比較

 (21109)

仮想通貨取引において、気になるのがセキリュティ面です。安心して取引するためには、セキリュティ対策が充実していることが前提としてあります。Fiscoは、母体がしっかりしている組織であること、セキリュティに万全の力を注いでいることもあり、一定の信頼性があります。名前が知られている会社ということもあり、セキリュティには敏感にならざる負えない部分があります。

対するKrakenも高いセキリュティが魅力の仮想通貨取引所です。たとえば、取引や入出金の際には、二段階認証を設定することで二重のセキリュティ対策をしています。パスワードの桁数を任意で増やすことも可能です。不正ログインされるリスクが極めて低いのは、仮想通貨が持つ性質から考えてかなり安心できる要素の一つだと言えるでしょう。

セキリュティ面で見ると、FiscoとKrakenも特段大きな問題はありません。しかし、仮想通貨取引は歴史の浅い投資の一つなので、リスクがまったくないわけではありません。リスク分散は基本的な考えとして持っておく必要があります。
 (21112)

15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

ビットコインの価格が高いと売りたいときには有利ですが、手数料がかかるところは手数料も高くつきます。買いたい時は安いほど有利ですが、購入時にも手数料がかかるとその分余計に支払わないといけません。FISCO仮想通貨取引所とZaifともに手数料がお得で、初心者にも利用しやすいのがポイントです。
管理者3 | 113 view
ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコインは仮想通貨ですから、紙幣や硬貨が存在せず銀行での取引はできません。取引をする場合は仮想通貨を扱う取引所を利用します。ビットコインを買いたいユーザーと売りたいユーザー同士は直接交渉や取引をするので、原則手数料はかかりません。ビットコインは今後も注目される仮想通貨ですし、需要が高いほど価値が上がります。数に上限があるので今後も価値は上がると予想されています。国内にも続々と取引所が設立されていますので、選択肢も増えています。その中からFiscoとBIT Tradeを比較してみましょう。
管理者3 | 44 view
bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

長引く不況や年金問題といったお金にまつわる不安から、多くの人が今あるお金を銀行に預けるのではなくいろいろな形で資産運用をしようと考えるようになっています。そのような中で注目を集めているのがビットコインです。まだまだ新しいものであるため知識に乏しい人が多く、具体的に何をすればよいかわからないという人も少なくありません。そこで、ここではビットコインが何かということとその取引所であるbitbank(ビットバンク)とFISCO仮想通貨取引所の比較をしていきます。
管理者3 | 67 view
GMOコインbyGMOとFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所でのビットコインの取引についての比較

GMOコインbyGMOとFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所でのビットコインの取引についての比較

GMOコインbyGMOとFISCO仮想通貨取引所の違いはどのようなところにあるのでしょうか?このサイトでは2つの違いについて説明をしていきます。
管理者3 | 52 view
仮想通貨の取引所は比較して選ぶべし。ポイントをちゃんと抑えましょう!

仮想通貨の取引所は比較して選ぶべし。ポイントをちゃんと抑えましょう!

仮想通貨の取引所を間違えたら、大切な資産が無くなってしまいます。ちゃんと情報を収集して選びましょう。
管理者3 | 50 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3