2017年11月25日 更新

仮想通貨のマイニングを理解する上で必要な基本的な仕組みとは?

仮想通貨のマイニングを学習していくにあたって必要な言葉が存在します。その中でも特にハッシュ値とナンスという言葉について見ていきたいと思います。

・マイニングの仕組み

仮想通貨においてマイニングをするということは、ブロックチェーンと呼ばれる取引履歴を時系列に並べたものを承認する作業に参加し、新規の仮想通貨を報酬として得ることを意味します。簡単述べると、ブロックチェーンの時系列や取引の内容が乱れてしまわないように維持をし、新しいブロックを作成するための計算を行います。そしてその計算スピードが一番だった人に新規のビットコインが発行されるのです。
仮想通貨はネットワーク上でつながっている多くのPCで分散管理されています。分散管理されているPCには、それぞれに正しいデータを共有して保有し合っています。そのため、たとえ1つのPC内のデータを改ざんしたとしても、他の複数のPCが正しいデータを保有しているために承認が得られないようになっています。
この取引データを全体で共有し合って承認を得るシステムのことを合意形成と言います。マイニングはこの合意形成の作業を手伝うことを言い、承認によって正確な数値を導き出した報酬として新規の仮想通貨が貰えるのです。

・ハッシュ値とは?

ハッシュ値とはいったい何かと思われることでしょう。まず、ハッシュという語源から見てみると細かく切れたものという日本語に直すことができます。だからハッシュ値は細かく切れた値ということになります。何が細かく切れているのかというと、それまでに行われてきた仮想通貨の取引データです。そのデータを細かくすることによって復元をできなくしています。
仮想通貨であるビットコインの取引において銀行のような中央管理者は存在しません。そのため、ビットコインの取引に参加している人たちで正しい取引を行っているのか承認をする必要があります。その承認をする際に出題される計算問題を正しく解くことができれば承認完了になります。
この計算問題には不規則に羅列された数字を当てる必要があるため、暗号ともしても使われています。ビットコインが暗号通貨と呼ばれる所以でもあります。
Free photo: Stars, Rating, Travel, Four, Hotel - Free Image on Pixabay - 1128772 (21760)

・ナンスとは?

ナンスとは暗号を通信する時に使われる使い捨てのランダムな値を意味しています。ノンスは承認を行う過程で使われ、簡単に復元が出来ないようにする役割があります。
仮想通貨をインターネット上でやりとりする場合にナンスを使用しないと、悪意のある人が注文取引履歴を入手し、何度も送信を行うことによって暗号を解くことなく何度も注文をすることができてしまうのです。しかし、この履歴の中にノンスを入れてしまえば注文ごとにバラバラのデータが作られることになります。
ナンスとは仮想通貨のセキュリティ面で非常に大きな役割を果たしていると言えるのです。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仮想通貨におけるマイニング報酬の仕組みとは!?

仮想通貨におけるマイニング報酬の仕組みとは!?

仮想通貨において報酬(収入)を得ようとするとマイニングが必要になる。しかし、初めて聞く人にとっては難しいと思うので、仮想通貨と報酬とマイニングの関係性について見ていきたいと思います。
じょにー | 24 view
仮想通貨におけるマイニングの意味と仕組みを見てみる

仮想通貨におけるマイニングの意味と仕組みを見てみる

仮想通貨という言葉が最近聞かれるようになりました。しかし、仮想通貨はどのようなものなのか、またマイニングとは一体なんなのかを解説していきたいと思います。
じょにー | 11 view
仮想通貨のマイニングの仕組みと、そのメリットについて

仮想通貨のマイニングの仕組みと、そのメリットについて

仮想通貨は、その通貨を流通させるためにマイニングといわれる作業があり、そこで発生した仮想通貨が世に出回ります。それらの仕組みについて書きます。
じょにー | 61 view
仮想通貨マイニングについて

仮想通貨マイニングについて

仮想通貨の普及に伴って、放置しているだけで稼げるなどといった情報がインターネット上に見かけられるようになった仮想通貨のマイニング。そのマイニングについて、どのようなものかや行う方法をまとめました。
うーた | 57 view
本当に仮想通貨のマイニングは稼げないのか

本当に仮想通貨のマイニングは稼げないのか

マイニングに関しては、たまに誤解が生じている事があります。電気代の分は、決して元が取れないと解釈されている事もあるのです。確かに少し前などは、そのような状況も多くありました。しかし最近では、マイニングは十分に元が取れる傾向があります。
うーた | 147 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー