2018年1月13日 更新

イーサリアムに無限の可能性を感じている世界の企業

リリース後にあっという間のブレイクで、仮想通貨としての総資産額が第2位となったイーサリアムですが、その可能性には世界中の企業が感じています。もしこれから自分がイーサリアムをうまく活用していきたいと思ったら、参入している企業もチェックしておきましょう。

世界初のマルチコインウォレット

仮想通貨は、世界に700以上あるとされていますが、イーサリアムも有名な仮想通貨の1つとして知られています。またイーサリアムは、時価総額の高さでも知られており、全ての仮想通貨の中でも2番目に時価総額の高い仮想通貨で、単位はイーサと呼ばれています。イーサリアムは、2015年7月にリリースされたばかりの仮想通貨ですが、ほんのわずかの期間で仮想通貨第二位の時価総額という地位を確保しており、その人気の高さをうかがい知ることができるでしょう。イーサリアムの特徴には、ユーザが独自に定義したスマートコントラクトによって、様々な財産や契約などを扱う事ができる柔軟性の高い仮想通貨で、複数の仮想通貨を扱う事もできるのです。
CARDANO Laboが開発する、ビットコインやイーサリアムなど複数の暗号通貨に対応したライト版HDウォレット「Alta Wallet」が6月17日にオープンβ版リリース|CARDANO Laboのプレスリリース (12438)

ベトナム・ホーチミン市に研究開発所をもつ、ブロックチェーンテクノロジー企業のCARDANO Labo(カルダノ・ラボ)は、イーサリアムを扱える世界初のマルチコイン対応ライト版HDウォレット「Alta Wallet」のクローズドβテストを終え、オープンβ版運用を開始しました。
オープンβ版は、Windows PCクライアントソフト型ウォレットです。ビットコイン、イーサリアムはもちろんのこと、ライトコイン、ドージコインに対応しています。安全な利用を保証するため利用通信速度に一部制限がかかります。
イーサリアム マイニング windowsで可能? (12440)

仮想通貨を取り扱っている人は、複数の仮想通貨を取引しているという人も多いと思います。そんな時にはベトナムの方で開発をされたこのウォレットで簡単に管理ができるようです。またベータ版とは言え、この段階から安全に配慮されている設定になっていることから、しっかりと管理をしていきたいという人のはおすすめだと思います。

イーサリアムを用いた銀行?

ブロックチェーン 2016年イーサリアムの威力が本格化 | ZUU online (12444)

大手コンサルのデロイトが、ブロックチェーン技術を活用した銀行を構築するプロジェクトを進めていることが明らかになった。ニューヨークに本拠を置くイーサリアム(Ethereum)基盤のブロックチェーンプラットフォームを提供するConsenSysと提携し、金融関連企業30社と取り組む予定だ。
「ブロックチェーン技術の活用によって、新たな銀行フレームワークがよりreliableかつセキュアなinteractで開発できる」と声明の中で語った。
MIT Media Lab、ブロックチェーンで学歴や履修の証明のプロジェクトに取り組む - CoinPortal (12445)

仮想通貨はほとんどの国では通貨として正式には認められていません。ですが、仮想通貨は決済としての有用性というのは日に日に高まっています。そうすると財産価値としてみる上で、管理保管していける第三者機関の設立というのが非常に重要になってくるのかもしれません。また新たなビジネスのチャンスとしても注目であると同時に、イーサリアムの地位向上にもつながっていくことでしょう。

一気に広がる取引所の動き

世界でも最大級の規模の取引を行っているコインベース取引所が、イーサリアムの取引を正式に発表するという動きから見て、他の各取引所でもイーサリアムの取引を導入しようという取引所が、近年爆発的に増えているようです。2017年現在日本での仮想通貨の取引所は、10カ所ほどありますが、やはりこの動きの連動してイーサコインの取り扱いを始める事になりました。イーサコインの特徴はイーサリアムでのスマートコントラクトで、これはビットコインに例えてみると、ブロックチェーンにあたる部分ですが、スマートコントは契約事項を記録できるというメリットもあり、この仕組みを利用して様々な金融関連商品に応用できるという期待が持たれています。またデジタルコンテンツや、クラウドストレージといったものまで、中央集権的な仕組みでなく分散型でも活用できるでしょう。
ビットコイン交換所のコインベースがイーサリアム取引を追加し、企業サービス変更を設定する - NewsBtc Japan (12448)

イサーを含むコインベースは、主要交換所がイーサリアム固有の通貨を包括する最も新しい事例である。
クラーケン(Kraken)は、リンクルヴォス双子がジェミニ交換を率先してイサー取引提供への新しい免許を所持する交換所となる中で、イサー・ダーク・プール取引を本社プラットフォームで紹介する最も新しい電子通貨交換所となった。ジェミニはイサー取引を含む為にニューヨーク州からの承認を獲得し、今月始めに創立した。
GDAXはイサー取引を、免許申請の過程なニューヨークを除きほぼ全ての州で開始する。
コインベースはイサー取引の設立と改名についての公式発表を行っていないが、近日に明らかにすると見られる。
イーサリアム創立者Vitalik Buterin氏、長期的な展望を語る | BTC News ビットコインニュース (12450)

世界最大級の取引所であるコインベースがイーサリアムの取引を正式に発表するという動きから、各取引所でもイーサリアムの取引を導入しようというところが爆発的に増えているようです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

マイクロソフトの狙いとは?

イーサに使われているイーサリアムシステムは、世界の企業にも注目されており、実際に大手企業であるクラーケンもこのシステムを取り入れて運用しているのです。コンピュータ業界でも、最王手であるマイクロソフト社も、このイーサリアムに着目しており、既にプロジェクトとして取り組みを行っている企業の一つなのです。マイクロソフト社では、イーサリアムは何でもできるかもしれないという可能性を見出しており、Azureプラットフォームに、イーサリアム基盤のブロックチェーンツールを導入するなど、早速の動きを見せています。また、イーサリアムのスマートコントラクトでは、直接契約内容まで記録する事ができますので、これまでになかった仮想通貨の可能性を秘めていると言っても良いでしょう。
仮想通貨通信 – ビットコインやイーサリアム、ブロックチェーンなど、仮想通貨や関連技術についての最新情報をお届けします。 (12453)

Azure プラットフォームにイーサリアム基盤のブロックチェーン・ツールを導入することを最近報告したマイクロソフト。既に大手金融機関4社がこのツールを契約していることを明らかにした。
最も待ち望まれていたビットコイン2.0(またはビットコイン3.0)テクノロジーのひとつと言われているイーサリアムは、3ヶ月前に正式にリリースしたばかり。イーサリアムの開発者によると、「ビットコインは支払が可能だが、イーサリアムはプログラムされたことなら何でもできる。」という。
仮想通貨通信 – ビットコインやイーサリアム、ブロックチェーンなど、仮想通貨や関連技術についての最新情報をお届けします。 (12455)

世界最大の企業といわれているマイクロソフトがイーサリアムは何でもできるという可能性を見出しているようです。まだ実際に使用できるようになった段階では、できることは限られているかもしれませんが、今後はどんどんと可能性が広がっていくのではないでしょうか。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!今後どうなるか考えよう!

イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!今後どうなるか考えよう!

イーサリアムを投資するなら、安い時に投資したいと誰もが思うはずです。ですが、どこまで値段が下がるのかを分からないと、とんでもないことになってしまうかもしれません。今回、値段が影響する要因を調べてみました。
turubo | 29,397 view
どれだけのことができるの?イーサリアムの可能性を知ろう!

どれだけのことができるの?イーサリアムの可能性を知ろう!

イーサリアムが人気のある要因の中に、今までは困難であったことが簡単にできるようになったというのがあります。すなわちイーサリアムには色々な可能性というのが高い仮想通貨だといえるのですが、具体的にはどういった可能性が広がるのか知りたくないですか?
turubo | 464 view
イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

仮想通貨の話題としてイーサリアムに注目が集まってきました。しかし、初めてイーサリアムという言葉を聞く人は何のことかわからないと思うので、イーサリアム人ついて説明していきたいと思います。
じょにー | 691 view
ビットコイン取引所!bitbank trade(ビットバンクトレード)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン取引所!bitbank trade(ビットバンクトレード)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)

bitbank trade(ビットバンクトレードとQUOINEXコインエクスチェンジ)は、どちらも注目度の高い取引所です。ビットコインの場合、どの取引所を利用するかによって、利用しやすさや手数料の有無などそれぞれに変わってきます。ビットコイン取引の経験や、知識の有無などによっても向き不向きがありますので、自分にとって利用しやすい取引所を見つけることが大切です。bitbank tradeとQUOINEXは、それぞれに特徴がありますので両者を比較して、自分にとって最適と思える方を選んでください。
管理者3 | 82 view
仮想通貨のマイニング事業に参加をした日本の企業はどんな企業?

仮想通貨のマイニング事業に参加をした日本の企業はどんな企業?

仮想通貨のマイニング事業へ日本から3社が参入の表明をしました。今後は日本の企業でマイニングを行っていくことも予測できます。それでは参入した3社は一体どのような企業なのでしょうか?
じょにー | 40 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo