2018年4月5日 更新

第三世代の仮想通貨と呼ばれているアイオンの将来性

アイオンは第一世代のビットコイン、第二世代のイーサリアムなどと比較し、第三世代と呼ばれています。第三世代では、異なる仮想通貨のブロックチェーンをつなぎ、相互に通信できます。

第三世代の仮想通貨

ビットコインが第一世代、イーサリアムが第二世代と呼ばれているのに対し、アイオンは、第三世代と呼ばれています。
第一世代は、ブロックチェーン技術を使った決済目的の仮想通貨です。
第二世代は、ブロックチェーン上にアプリケーションを実装できるようになり、決済以外の用途にも使えるようになりました。
そして第三世代では、マルチティアブロックチェーンネットワークと呼ばれ、異なる仮想通貨のブロックチェーンをつなぎ、相互に通信することができるようになります。
アイオンは、より分散された効率的なシステム構築のための統一規格として利用されることを目指しています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

開発元のNuco Inc.

アイオンの開発元であるNuco Inc.は、世界4大会計事務所の一角であるデロイトから派生してできた会社で、本社はカナダのトロントにあり、アメリカのカリフォルニア州サニーベールにもオフィスがあります。
イーサリアムの技術をビジネスにおいて活用するために、Enterprise Ethereum Allianceが2017年3月に立ち上げられましたが、その立ち上げメンバーにも加わっており、理事会のメンバーでもあります。
また、自社でも、エンタープライズ環境においてブロックチェーンを使いやすくするためのプラットフォームである、Nucoプラットフォームを提供しており、ブロックチェーンに関する高い技術力を有していることが分かります。
CEOのマシュースポーク氏は、世界中でアイオンの営業活動をしており、ユーチューブにおいて毎週金曜日にアイオンに関しての情報発信をしています。

line

 (25967)

どこで買えるのか?

バイナンス、クーコイン、バンコールネットワークリクイなどで購入することが可能です。
バイナンスでは、「AION/BTC」、「AION/ETH」、「AION/BNB」の通貨ペアが取り扱われており、取引量の98%ほどがバイナンスですし、バイナンスは手数料率が0.1%と非常に安いので、バイナンスで取引するのがいいでしょう。
バイナンスへは日本円での入金ができないので、まずは国内の取引所でビットコインまたはイーサリアムを購入してからバイナンスに送金し、それでアイオンを購入することになります。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーン間のデータ通信ができるアイオンのメリット

ブロックチェーン間のデータ通信ができるアイオンのメリット

アイオンはブロックチェーン間のデータ通信ができるため、従来の仮想通貨で起こっていたスケーラビリティ問題を解決できます。また、データ通信は情報内容を隠した状態で通信することが可能です。
しょーじ | 41 view
支払いに使うと最大5%の報酬が受け取れる仮想通貨「メタル」

支払いに使うと最大5%の報酬が受け取れる仮想通貨「メタル」

メタルは支払いに特化したプラットフォームで、ペイパルのようなインターフェースで少額の支払いを手軽に行え、支払金額の最大5%の報酬がもらえます。
しょーじ | 32 view
支払いに特化しており、電話番号で送金できるプラットフォーム「メタル」

支払いに特化しており、電話番号で送金できるプラットフォーム「メタル」

メタルは、支払いに特化したプラットフォームで、イーサリアムのブロックチェーンを活用して作られています。あらゆる仮想通貨のブリッジとなることを目的にしています。 電話番号を使って短時間で送金できる仕組みになっています。
しょーじ | 36 view
債権債務の管理や、貸し借りの記録に特化したブロックメイソン

債権債務の管理や、貸し借りの記録に特化したブロックメイソン

ブロックメイソンは、イーサリアムのブロックチェーン技術を活用し、債権債務の管理や、貸し借りの記録に特化したプロトコルです。 それを利用することにより、誰が誰に対していつの時点でどれだけの負債を負っているかを記録可能で、個人間でのお金の貸し借りに活用できる見込みです。
しょーじ | 32 view
日本の様々な分野へ拡大していく「ブロックメイソン」

日本の様々な分野へ拡大していく「ブロックメイソン」

イーサリアムのブロックチェーンを元にして、債務と信用を記録していくためのプロトコル「ブロックメイソン」が2018年は日本で大きく導入を拡大していくと明言しています。大規模なエアドロップも実施するなど、認知度の向上計画も進めています。
しょーじ | 37 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ