2016年7月28日 更新

ビットコインの値段の決まり方は、特殊性があります。

ビットコインの値段はどのように決まるのでしょうか。当然のことながら一般的な要因もありますが、それだけではなくてビットコインならではの特殊性もあるのも事実です。そこで今回はその値段の決まり方や、値段を決めているサイトの紹介をしたいと思います。

ビットコインの値段ってなんだ?

実験でビットコインを発掘したり、送金したり、テストの繰り返しで使っているだけなので、
ビットコインそのものには何の価値もありませんでした。

ある時、あるエンジニアが、「誰かビットコイン1万枚とピザを交換しない?」と暗号化通貨のメーリングリストに、面白半分で投稿しました。このジョークを面白いと思った別のプログラマーが、ピザ屋に注文して家に届け、1万ビットコインと交換しました。
最初は、値段なんてあってないようなものでした。
最初に取引されたのがピザです。

最初に取引されたのがピザです。

最初に使ったビットコインで、買い物をすると10億円の買い物ができるといいます。つまり「ピザ=10億」という事になるのですから、驚きです。しかしそれには理由があったのです。
免許証とかパスポートがなくて

銀行に口座が作れない人でも

スマホさえあれば自分の財産を管理しておくことができます。



今まで経済活動から切断されてきた後進国の人たちが

スマホさえあれば暗号通貨を通じて

経済活動に参加できるようになります。
難民でも気楽に作れることから、存在が認められて、値段がつけられるようになりました。

ビットコインの値段はどうやって決まるのか?

価値は政治や需要供給によって上下します。

価値は政治や需要供給によって上下します。

あなたが寝ている間も、価格は動いていくのです。
ビットコインの価格は、需要と供給で決められます。ビットコインの需要が高まれば、価格が上昇します。そして需要が減れば、価格も下降します。市場に出回るビットコインの数には限りがあり、新しいビットコインの数は予想可能で、速度を落としながら作られています。つまり、価格を安定させるには、需要がこのインフレーションレベルに追従しなければならないのです。なぜなら、ビットコインは、その可能性に比べてまだ比較的小さな市場で、市場価格を左右するために多額の通貨を必要とせず、従ってビットコインの価格はとても不安定だからです。
通常の需要と供給の関係とそう変わりません。ただし、ビットコインは数に限りがあるので、そこに違いがあります。
「ビットコインの価格は、何が原因で動くのか」

これは、ビットコインに足を踏み入れようとするすべての人が、一番はじめに持つ疑問のひとつなのではないでしょうか。為替市場であれば政治情勢や経済指標ですし、株式市場であれば、企業ごとの決算発表やプレスリリースが主な変動要因かと思います。
これも、通常の経済に近いものがあります。それではビットコインならではの違いはあるのでしょうか。

ビットコインならではの値段の決められ方はあるのか?

もうひとつ、ビットコインならではの魅力として、「土日も取引が可能」という点も見逃せない。ビットコインの取引所はほとんどが24時間365日取引可能だ。FXであれば取引できない週末もビットコイン市場は動いているため、「週末デイトレーダー」といった選択も可能になる。
FXですら土日は取引できないのですから、これは大きな要素で土日に価格が変わることは独自性といえるのではないのでしょうか。
それは、Bitcoinの価格上昇が、Difficulty(採掘難易度)の上昇に追いついていくか、という問題だ。

1月の急落にもかかわらず、Bitcoinのハッシュレートは、増加こそ抑えられているが減少はしていない。このため、Difficulty(採掘難易度)も再度上昇に転じている。この調子でDifficultyが上昇した場合、マイナーの収益性はどうなるだろうか。
ビットコインの特殊性に、採掘があります。採掘が多ければ多いほど価格に影響して低くなりますし、それほど採掘されないと価値が上がることがあります。土日の取引の有無と、採掘がビットコインの価格を影響させています。そこが特殊性です。
現在、マイナーにとっての損益分岐点は250ドル程度とも言われている。マイナー達は損失を被ってまでマイニングを長く続けることはできないため、万が一半減期後に長期に渡ってビットコインの価格が下落すればマイナー達が脱落していく可能性がある。マイナーが居なくなればビットコインのネットワークは崩壊する。
つまり、採掘する人が多ければ多いほど、価値を支えている事になります。これはメンテナンスに近いもので、このメンテナンスに近い行いをしなくなると、価格が下落します。このように様々な要因が値段を作っています。

リアルタイムで価値を知ることができるサイトを紹介します。

ビットコインの価格はそれぞれの取引所のウェブサイトに行けば取得することはできますが、取引所間の価格差を確認したいときには複数のサイト間を行き来しないといけないので非効率的です。

また、取引所によっては古い価格データは消えてしまっているようなところもあります。このようなことから、ビットコインの価格を確認するには外部のサービスを利用した方が良いのです。
そこでリアルタイム性と、情報がしっかりとしているサイトを紹介します。

ビットコインのチャートChecker

ビットコインのチャートChecker
ビットコインの価格をリアルタイムチャートで確認しよう!ビットコインの価格は株価と同じで常に変動します。リアルタイムチャートでビットコインの値段をチェックして、ビットコイン相場に参加しよう!
リアルタイムで知ることができて、投資などを考えている方にはとても便利なサイトといえます。

ビットコイン販売所 - Zaif 簡単売買

ビットコイン販売所 - Zaif 簡単売買
ビットコイン販売所サイト。暗号通貨のビットコインを必要な数量または日本円の金額指定で、すぐに簡単に購入・売却することができます。
ビットコインだけにとどまらず、モナコインの相場も確認する事が出来て、かつ売買ができるので実践向きといえますね。

国内ビットコイン市況 | Bitcoin日本語情報サイト

国内ビットコイン市況 | Bitcoin日本語情報サイト
世界中の値段がリアルタイムでわかります。取引の情報や、取引額や量、決済サービスなどを活用できて便利です。

終わりに

色々な要因で動きます。

色々な要因で動きます。

一つの観点だけで、値段が決まりませんから多くの要因を知っておきましょう。利用に大切な条件です。
この様に、ビットコインは様々な要望や要求に迎合する事によって、価値を変えてきたと思えます。利用される方は、性質を理解してうまく付き合っていってくださいね。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ヘビーユーザーが教える!ビットコインの魅力と注意点

ヘビーユーザーが教える!ビットコインの魅力と注意点

今後、さらに大きく成長すると考えられるビットコイン。それぞれのユーザーにとって、ビットコインの魅力とはどのようなものがあるのでしょうか。使いこなし方を具体的にご説明いたします。
E-mukumuku | 122 view
ビットコインに関する研究

ビットコインに関する研究

ビットコインという仮想通貨はいまや世界中で取引されています。メリットもデメリットもありますが、需要が高くなるほど価格が上がり暴騰する事も珍しくありません。ビットコインは世界中で注目されていて、様々な研究も行われています。
E-mukumuku | 26 view
ビットコインを紛失したらどうなるの?

ビットコインを紛失したらどうなるの?

ビットコインは紛失すると元に戻す事ができません。仮想通貨ですが資産価値が高いというメリットがある反面、ちょっとしたミスで簡単に紛失してしまうリスクがあります。一度紛失するとほとんど元に戻る事はなく、泣き寝入りするしかありません。ビットコインは紛失しないよう各自がきちんと管理しておく事が大切です。
E-mukumuku | 75 view
ビットコイン交換所とビットコイン取引所の違い

ビットコイン交換所とビットコイン取引所の違い

ビットコインの売買をするには、交換所や取引所を利用します。しかし交換所や販売所というように名前が違うと、ビットコイン初心者はどこを利用すればいいかわかりません。交換所と販売所の違いや、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。
E-mukumuku | 62 view
ビットコインを定期預金にすると金利はどのくらい?

ビットコインを定期預金にすると金利はどのくらい?

ビットコインは仮想通貨ですから、預金はできないイメージですが、実はビットコインの定期預金サービスも少しずつ始まっています。ビットコインでどのように定期預金ができるのか、その使い方を紹介します。
E-mukumuku | 54 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nekomimimanaka nekomimimanaka