2016年7月20日 更新

セキュリティ抜群のJ-Bitsではビットコインも安心

ビットコイン取引所は沢山有り、どこにしようか迷われる方も多いのではないでしょうか? そこでオススメなのがセキュリティがきちんとしているJ-Bitsです。 J-Bitsではコールドウォレットの採用などセキュリティに関して万全の体制で臨んでいます。

ビットコイン取引所のセキュリティ

Free vector graphic: Security, Lock, Padlock, Locked - Free Image on Pixabay - 146536 (10465)

各取引所によってセキュリティの優劣はあると思いますが、基本的に取引所はビットコインを保管するところではなく、どんなにセキュリティが厳重な取引所でもビットコインの盗難が行われる可能性があることを念頭に、できる限り個人のウォレットにビットコインを保管しておくようにしましょう。
国内取引所比較(セキュリティ編) - 取引所 - ビットコインの入手 | Bitcoin日本語情報サイト (10451)

ビットコイン取引所では、利用者のビットコインを守るためにセキュリティ対策を行っています。
ですが、ビットコインは個人の所有物でもあるのでウォレットに入れておくのが一番良い方法です。

ウォレット

Free stock photo: Banknote, Coin, Euro, Cash - Free Image on Pixabay - 1396351 (10466)

ビットコインの財布には、デスクトップウォレット(PC上の財布)、ウェブウォレット(Web上の財布)、モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)、ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)、ハードウェアウォレット(専用財布端末)等の様々な形式があります。

各形式でセキュリティの高さや利便性が異なります。普段使用する小額を保管するのは、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、長期的な大金の保管にはオフライン環境のデスクトップウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットがおすすめです。
ウォレットにも複数の種類が存在しており、その用途は使い方によって異なります。
ウォレットも暗号化することなどが出来ますので、ご自身でセキュリティーの強化をする事が出来ます。

コールドウォレット

Free stock photo: Snowflakes, Snow, Bokeh, Snow Bokeh - Free Image on Pixabay - 1236247 (10467)

貯蓄用のオフライン財布

オフライン・ウォレットはコールド・ストレージとも呼ばれ、もっとも高いレベルのセキュリティを持つ貯金方法です。それはウォレットをネットワークにつながっていない、安全なところに保管することです。うまく使用すれば、パソコンの脆弱性からあなたの貯金を守ることができます。またバックアップと暗号化を組み合わせて利用することをお勧めします。
オフラインで利用することができるのがコールドウォレットです。
オフラインですので、外部から攻撃されることがありません。
さらに安全に保つのであれば、そのパソコンは一生ネットワークにつなげないという方法があります。
長期間保管しておきたい場合などに適しているウォレットと言うことになりますね。

J-Bitsのセキュリティ

Free vector graphic: Offline, Disconnected, Wifi - Free Image on Pixabay - 525700 (10468)

コールドウォレット管理によってオンライン経由のDDoSアタックなどをシャットダウン。

ビットコインの管理権限を複数部署で分担し、全部署の承認によってのみ引き出せる運用ルールを採用。お客様のビットコイン資産を安全に保管します。
J-Bitsでは、利用者のビットコインをコールドウォレットで保管してくれるので、セキュリティ面での不安がありません。
ビットコインの管理も一箇所ではなく複数箇所全てで行うこととしているので、会社全体で守ることになっています。
J-Bitsはビットコイン取引所として、安心安全で取引出来る環境作りを目指していますので、こういった取り組みに期待が持てますね。

DDoS攻撃とは

Free illustration: Board, Circuit, Control Center - Free Image on Pixabay - 780321 (10469)

DoS攻撃(ドスこうげき)(英:Denial of Service attack)は、コンピューティングにおいてサーバなどのコンピュータやネットワークリソース(資源)がサービスを提供できない状態にする意図的な行為をいう。サービス妨害攻撃と訳される[1]。

サーバなどのコンピュータ機器にある脆弱性を攻略するものと、サーバの処理能力やネットワーク帯域に対して過剰な負荷をかけるものがある。

複数のコンピュータを攻撃側に巻き込む類型としてDDoS攻撃(ディードスこうげき)(英:Distributed Denial of Service attack)がある。
DDOSアタックとは、サーバーに対して行う攻撃です。
サーバーはこの攻撃を受けるとサービスの提供が出来なくなります。
こういった攻撃をされても大丈夫なように、コールドウォレットを採用する取引所は多いのですね。

ビットコイン取引所を選ぶ際にはセキュリティに関して慎重なところを選ぶのが一番ですよ。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

"リアル"な貨幣が無いビットコイン…セキュリティは大丈夫?

"リアル"な貨幣が無いビットコイン…セキュリティは大丈夫?

使いやすさと投資の魅力で今世界中で注目されているビットコイン。しかしまだまだ一般の人の参入は少ない状況です。今回はビットコインに興味のある方のために、そのセキュリティについて詳しくご紹介致します。
みずほ | 53 view
【流動性リスクも軽減】J-Bitsは安心の取引ができる!

【流動性リスクも軽減】J-Bitsは安心の取引ができる!

ビットコインにつきものなのが流動性リスクです。取引量がまだまだ多くないビットコインは流動性が高く、取引が出来ないなんて事もあります。その中で、最近できた「J-Bits取引所」は、そんなリスクを軽減してくれるんです。
anzu | 219 view
こんなにお得で大丈夫?J-Bitsのキャンペーンが凄い!

こんなにお得で大丈夫?J-Bitsのキャンペーンが凄い!

J-Bitsは最近開設されたビットコインの取引所です。そして、J-Bitsではキャンペーン真っ最中となっています。そのキャンペーン内容がとても凄いことになっているんです。その内容をご紹介しようと思います。
anzu | 273 view
J-Bitsの情報力の重要性と、ビットコインの今後は?

J-Bitsの情報力の重要性と、ビットコインの今後は?

ビットコインは今後大きな市場を作り出す仮想通貨であります。ビットコインで成功させるうえで重要なのが取引所の存在で、今回はJ-Bitsの魅力と情報力、現在行っていることを中心にまとめていきたいと思います。
nekomimimanaka | 382 view
J-Bitsの「魅力」と、年齢制限などの「制約」まとめ

J-Bitsの「魅力」と、年齢制限などの「制約」まとめ

J-Bitsはビットコインなどの仮想通貨に関する取引所です。こうした取引所はいくつかできている中、最近できたJ-Bitsはなぜ人気なのでしょうか。その魅力と年齢制限といった様々な制約などを中心にご説明します。
nekomimimanaka | 623 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hs08 hs08