2016年8月29日 更新

各地でビットコインのセミナーが開かれているって知ってた?

政府によって通貨として認定されたことでビットコインを取り扱うサイトなどが目立つようになりました。しかし、まだまだビットコインをどう取り扱っていいか、わからない人も多いです。そんな人のために、現在各地でビットコイン啓蒙のセミナーが行われているんですよ。

ビットコインは通貨として政府に認定されました!

これまで仮装通貨として名前だけは知られており、実際に取引をしているのは一部の投資家だけだったビットコインですが、今年に入って政府が貨幣として認定したことによって日本でも一気に取引が活発になっています。
金融庁、ビットコインを貨幣と定義 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース (12009)

日本ではこれまで、ビットコインは貴金属に類する「モノ」扱いであり、後に「価値記録」と新たな分類で定義されたものの、消費税の課税対象であることが政府の基本方針として発せられていた。金融庁はこれを「貨幣」の機能を持つと認めることで、昨今大きな盛り上がりを見せているフィンテック業界の成長を促進する狙いだ。また日経新聞によれば、今回定義される「仮想通貨」とは、物やサービスの決済手段に利用できる、法定通貨と交換することができる、のふたつの性質を持ったものに限られるとのこと。裏を返せば、企業は法定通貨と交換ができる(払戻し可能な)仮想通貨を作成できるということだろうか。
とはいえ、ビットコインの取引はまだまだ日本ではマイナーなものです。特にかつてビットコインを取り扱っていた企業の不祥事によってマイナスなイメージがついているため、危険なのではないか、と及び腰な人も多いことでしょう。もちろん、リスクがないわけではありませんが、それは普通の株取引やFXにもついて回るものです。知識を踏まえた上で取り扱えば、ビットコインはいたって安全なものなのです、。
 また、マウントゴックスの経営破綻によってビットコインの仕組み自体が破綻したと捉えている人が少なからずいることについても、野口氏は「誤解も甚だしい」と強調する。「アメリカ旅行で余ったドルを空港で円に両替しようとしたら、たまたま両替所が閉まっていた。その時に『ドルが破綻した』と言うのか」(野口氏)。ドルと両替所はまったくの別物であり、マウントゴックスというビットコインの両替所の1つが破綻しただけだと説明した。

各地でセミナーも開かれています!

それでもビットコインに対する信用はまだまだ薄いのが現状です。企業などではこうした現状を打開するために各地でセミナーを行うことによってビットコインの安全性などを啓蒙しようと躍起になっています。
「表面的な話ではなく、仕組みまで踏み込んで、きちんと理解・評価できるようにしたい」
「マイニング(採掘)、ブロック、ハッシュなど専門用語が理解できるようになりたい」
「ビットコインの発行量に上限があるといったことについて論理的な説明を求めたい」
「ビットコインは安全といわれているが、なぜなのか?腑に落ちる説明がほしい」

という真面目なかたを対象としたセミナーです。一般的な解説では全く触れられていない、ビットコインの取引の仕組、承認の仕組み、暗号技術、採掘の仕組みなどについて、専門的な予備知識がなくても理解できるように解説いたします。

ビットコインに関心をお持ちの一般のユーザーのかたはもちろんのこと、これからビットコインに取り組んでいきたいエンジニア、ベンチャー関係者、投資家ほか、マスコミ関係者のお越しもお待ちしております。
BitCoinセミナー・イベント - こくちーず(告知's) イベント・セミナー集客を支援する無料サービス (12016)

具体的にどんなセミナーをしてくれるのか?

ではこうしたセミナーでは実際にどのようなことが聴衆にむけて発信されているのでしょうか?
ただ単純に安全性を訴えるだけでは顧客は増えないのが普通です。そこで、セミナーの主催者はビットコインを持つことで得られるメリットを様々な形で提示しているようです。
 (12020)

つまり、何がいいたいかというと、法定通貨から換金ではなく、ビットコイン自体を稼ぐ手段が増えること。

これが普及の最大のキーポイントです。

実はネットで稼ぐときに、ビットコインほど最適な通貨はありません。細かい単位で稼げますし、小さい単位でも都度引き出すことができ、リアルタイムで決済できます。

報酬を払う方も、数十円~百円程度の報酬を、大量の人にくばっても、ビットコインならリアルタイムで、手数料はわずかで行えます。

つまり、まさにネットの世界でネイティブで使うための通貨なのであって、そのポテンシャルが徐々に発揮されてきているとおもいます。

オンラインでもセミナーが!?

とはいえセミナーなんて首都圏で行われるばかりで地方ではやらないし……と縁がないままの人も多いことでしょう。しかし、オンラインでの取引が持ち味のビットコインだけあって、オンラインでセミナーを開こうとする動きはあちこちで見受けられます。
「ビットコイン」の健全化で何が起きる? | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 (12024)

【オンラインサロン講座「ビットコインスクール」概要】

本サロン講座は、有料オンライン講座国内トップ講師でビットコイン投資でも経験豊富な佐々木徹とビットコインの技術基盤である“ブロックチェーン”を応用した事業をグローバルに展開する起業家・プログラマーの篠原裕幸、ビットコインエバンジェリストでミス・ビットコインの藤本真衣といっしょにビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶことができるオンラインサロンです。ビットコインに興味・関心のある受講生とディスカッション、交流もできる講座です。(オンラインサロンを除いた質問掲示板は匿名参加も可能です)

ノマド研オンライン勉強会「大石 哲之さんのビットコイン基礎編」

Youtubeなどでもセミナーの動画をアップしている方はたくさんいらっしゃいます!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインセミナーのススメ

ビットコインセミナーのススメ

ビットコインに興味があるけど、仮想通貨はリスクが高いように思えてなかなか手が出せないという人は少なくありません。ビットコインに関するセミナーに参加すれば、不安や悩みを解決できるかもしれません。
E-mukumuku | 15 view
ヘビーユーザーが教える!ビットコインの魅力と注意点

ヘビーユーザーが教える!ビットコインの魅力と注意点

今後、さらに大きく成長すると考えられるビットコイン。それぞれのユーザーにとって、ビットコインの魅力とはどのようなものがあるのでしょうか。使いこなし方を具体的にご説明いたします。
E-mukumuku | 122 view
ビットコインに関する研究

ビットコインに関する研究

ビットコインという仮想通貨はいまや世界中で取引されています。メリットもデメリットもありますが、需要が高くなるほど価格が上がり暴騰する事も珍しくありません。ビットコインは世界中で注目されていて、様々な研究も行われています。
E-mukumuku | 26 view
ビットコインを紛失したらどうなるの?

ビットコインを紛失したらどうなるの?

ビットコインは紛失すると元に戻す事ができません。仮想通貨ですが資産価値が高いというメリットがある反面、ちょっとしたミスで簡単に紛失してしまうリスクがあります。一度紛失するとほとんど元に戻る事はなく、泣き寝入りするしかありません。ビットコインは紛失しないよう各自がきちんと管理しておく事が大切です。
E-mukumuku | 75 view
ビットコイン交換所とビットコイン取引所の違い

ビットコイン交換所とビットコイン取引所の違い

ビットコインの売買をするには、交換所や取引所を利用します。しかし交換所や販売所というように名前が違うと、ビットコイン初心者はどこを利用すればいいかわかりません。交換所と販売所の違いや、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。
E-mukumuku | 62 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ぱげ ぱげ