2018年2月18日 更新

コインチェックで話題の仮想通貨ネムとはどんな仮想通貨でしょうか?

コインチェックで話題の仮想通貨ネムについて

ネム(NEM)とは?

 (24307)

NEMは仮想通貨として知られていますが、実際にはNEM=仮想通貨というわけではありません。現在仮想通貨で一番名が知られていて利用者も多いビットコインは、仮想通貨が注目されるきっかけとなりました。紙幣や通貨が存在しないため危うい部分が懸念されている部分は否めませんが、現在は世界中で取引されていて、日本でもショッピングなどの支払いに使用できるようになっています。

そのビットコインにもデメリットはあります。ビットコインのデメリットをカバーすべく誕生したのがNEMです。正式にはブロックチェーンのシステムの名前がNEMとなります。仮想通貨として取引をする場合の単位は、ゼム(XEM)となります。NEMというブロックチェーンをしようするのが、XEMNとなります。

line

 (24309)

ネムの特徴

 (24311)

ネムはNEMと表記されます。日本語で新しい経済活動(New Economy Movement)という意味があります。ビットコインのデメリットをカバーすべく誕生した仮想通貨ですから、名前にもその意味が込められているのです。

NEMの特徴はいくつかありますが、仮想通貨の多くは発行数に上限があります。NEMの上限は8,999,999,999枚となっていますが、既に投資家に分配済みとなっています。仮想通貨はマイニングという方法を使いますが、NEMについてはマイニングではなくハーベスティングという方法でしか獲得できません。しかしマイニングに比べると個人でも参入し安いのはメリットです。条件はあるものの、条件を満たしていれば誰でも参入出来るので汎用性は高いので利用する人が増える可能性はあります。

NEMには他にも特徴があります。それは独自トークンの発行です。NEMの独自トークンはモザイク(Mosaic)といいます。NEMで発行したトークンは、発行量の設定や一定期間になると失効させられるなど自由度があります。取引をする場合も、発行者とユーザーを限定下取引などが可能になるのです。

NEMはミジン(mijin)とも深い関わりがあります。mijinは、プライベートブロックチェーンを作るためのシステムのことです。今までのパブリックブロックチェーンになかった、プライベートなブロックチェーンの構築が可能となり、とてもシンプルなのに安全性が高く、処理スピードも早く、安く利用出来るなどのメリットがあります。mijinはNEMの技術をもとにして作られたので、NEMと提携することによりさらに利用しやすくなっているのです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ネムが注目される理由

 (24314)

NEMの技術を元に開発されたmijinは、仮想通貨を利用する誰もが思う、早くて安くて安全な3つの条件を兼ね備えています。mijinを開発するにあたり、NEMを作った人が参加しているのでmijinが評価される=NEMも注目されるということになったのです。mijinの優れた技術に注目している大手企業も増えていて、続々とmijinを導入するところが増えています。

大企業にもなればリスクがあるものを導入することはないでしょう。mijinにはメリットが多いのでそれに注目しての導入と考えられます。この動きは日本だけでなく世界中でもあり、仮想通貨の流通が盛んな中国でもNEMに注目が集まっています。ICOソリューションCOMSAにも、NEMの技術が使われています。このようにNEMの技術を利用する企業が増えているので、その数が増えるに従い自然とNEMにも注目が集まるのです。

国内の仮想通貨取引所でも、NEMを扱うところがあります。取引所によって条件は違いますが、仮想通貨に興味がある人は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。ただし取引所によってはNEMを扱っていないところもあるので、事前にチェックしておくといいでしょう。

ネムの今後は?

 (24317)

ビットコインをパワーアップさせるという名目で誕生したのがNEMです。仮想通貨としての期待ども大きいのですが、2018年に行われるアップデートにより、更に進化すると言われています。詳しい日付などはまだ発表されていませんが、カタパルトと呼ばれるアップデートで、NEMがどう進化するかはある程度わかってきています。

例えば仮想通貨で取引をする場合、処理スピードによって効率が変わってきます。日本のみならず世界中で取引が行われている仮想通貨といえば、ビットコインやイーサリアムが有名です。ビットコインの処理は1秒間に14件、イーサリアムは1秒間に15件となります。後から誕生したリップルは、処理スピードがずば抜けて早く1秒で1,500件処理できます。NEMはアップデート後に1秒間に4,000件の処理が可能になると言われています。

カタパルトによってセキュリティ面も強化されると言われているので、NEMの今後は大いに期待できると言っていいでしょう。現在はビットコインなど主要な仮想通貨に比べるとレートはかなり安いので、将来性を考えて安いうちに買っておくというのもいいかもしれません。購入するならアップデート前がおすすめです。

ただしまだ歴史が浅く、今後はどう発展していくかがはっきりしていないため、短期的ではなく長期的に見た方がいいでしょう。今後もイベントは行うと言われているので、イベントごとに注目が集まるのは間違いなさそうです。
アルトコイン訴求
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なぜコインチェックのネムが狙われたのか?

なぜコインチェックのネムが狙われたのか?

今回の事件では、多くの取引所がある中なぜコインチェックが狙われたのか、多くの仮想通貨がある中なぜネムが狙われたのか、ブロックチェーン推進協会の見解を元に紹介します。
しょーじ | 424 view
ビットコインを補完する次世代型仮想通貨・ネムとは?

ビットコインを補完する次世代型仮想通貨・ネムとは?

コインチェックにより有名になったネムとはどういう通貨なのか
管理者3 | 118 view
3月18日コインチェックの記者会見2

3月18日コインチェックの記者会見2

コインチェックの記者会見内容
管理者3 | 120 view
3月18日コインチェックの記者会見の内容1

3月18日コインチェックの記者会見の内容1

3月8日16時~のコインチェックの記者会見内容
管理者3 | 74 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3