2017年9月4日 更新

分散型VPNプロジェクトミステリアムのICO

ブロックチェーンベースの分散型VPNプロジェクト「ミステリアム」のICOの状況とその後の予定を紹介します。利用者のプライバシーを最優先に考えたオープンアクセスで、完全にプライベートなP2PのVPNサービスです。

ミステリアムとは?

 (19853)

ミステリアムは、スイスのツークにある、ブロックチェーンベースの分散型VPNプロジェクトで、
主要なメンバーは、Robertas、Paulius、Valdas、Vitas、Šarūnas、Aleksandras、Philipです。
オンライン上でプライバシーを保護した状態でのインターネット閲覧のために、オープンアクセスで、完全にプライベートなネットワークを提供することを目指しています。

今までの一般的なVPNとはどう違うの?

今までのVPNは、オープンでもプライベートでもなく、
仕様上、VPNとのネットワーク上で個人データが通過することになりますが、使用するVPNプロバイダを信用して使用するしかありませんでした。
ミステリアムは、利用者のプライバシーを最優先に考え、
分散型ピアツーピア(P2P)ネットワークを提供する予定です。

余剰の帯域幅を持っている人は誰でもVPNノードプロバイダーとしてネットワークに参加し、MYSTトークンを報酬としてもらえるようになっています。

ミステリアムのICOの状況

ミステリアムのICOは、2017年5月30日に開始され、わずか45分で16.5億円を調達しました。
調達額が600万CHFに達するまでは20%のボーナスがあり、1CHF=1.2MYSTの換算レートで、
それ以降は、1CHF=1MYSTの換算レートでMYSTトークンが購入できます。
集められた資金は、ミステリアムプラットフォームの開発とローンチのサポートのために使用するとのことです。
そして、購入した投資家には2017年6月14日にMYSTトークンが配布されました。
取引できる取引所は、はBittrex、liqui、EtherDeltaです。
また、2019年に2度目のセールを行う予定とのことです。

ICO後の予定

今後は、
・スケーリングに備えて、法人化、会計事務所、法律事務所との契約
・開発メンバーの増員
・バージョン1の製品開発
 2017年の終わり~遅くとも2018年の初めにはバージョン1の製品をリリース予定です。
・リーガルデベロップメント
を行う予定です。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

最近では頻繁にICOのプレセールが行われています。それだけ仮想通貨のICOが増えているという現実があるのです。 それらをいち早く見つけるためにどういうサイトを活用すればいいかを紹介します。
じょにー | 96 view
ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

仮想通貨とICOという言葉を調べていけばたびたび目にすることがあるホワイトペーパーという言葉。 このホワイトペーパーの重要性などを説明出来たらと思います。
じょにー | 45 view
ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ホワイトペーパーの良しあしでプロジェクトの雰囲気や成功確率も変わってくることがあります。 ICOにおけるホワイトペーパーの重要性を知るようにしましょう。
じょにー | 35 view
今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

ICOとは、「InitialCoinOffering」の頭文字をとったもので、簡単に言えばIPOの原理と似ています。 取引所へと上場させることによって認知度を上げてトークンを販売し、それを基に資金を調達し、プランを完成させていくものです。
じょにー | 105 view
ICOの波の大きさに専門家も警鐘を・・・

ICOの波の大きさに専門家も警鐘を・・・

ICOが国内でも活発になってきました。 中には数十億や数百億を調達するのも出てきました。こういった動きの中で下落とそれに伴う詐欺などについても注意喚起するのを文書として発表する動きもあります。
じょにー | 22 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

S・K S・K