2017年9月4日 更新

分散型VPNプロジェクトミステリアムのICO

ブロックチェーンベースの分散型VPNプロジェクト「ミステリアム」のICOの状況とその後の予定を紹介します。利用者のプライバシーを最優先に考えたオープンアクセスで、完全にプライベートなP2PのVPNサービスです。

ミステリアムとは?

 (19853)

ミステリアムは、スイスのツークにある、ブロックチェーンベースの分散型VPNプロジェクトで、
主要なメンバーは、Robertas、Paulius、Valdas、Vitas、Šarūnas、Aleksandras、Philipです。
オンライン上でプライバシーを保護した状態でのインターネット閲覧のために、オープンアクセスで、完全にプライベートなネットワークを提供することを目指しています。

今までの一般的なVPNとはどう違うの?

今までのVPNは、オープンでもプライベートでもなく、
仕様上、VPNとのネットワーク上で個人データが通過することになりますが、使用するVPNプロバイダを信用して使用するしかありませんでした。
ミステリアムは、利用者のプライバシーを最優先に考え、
分散型ピアツーピア(P2P)ネットワークを提供する予定です。

余剰の帯域幅を持っている人は誰でもVPNノードプロバイダーとしてネットワークに参加し、MYSTトークンを報酬としてもらえるようになっています。

ミステリアムのICOの状況

ミステリアムのICOは、2017年5月30日に開始され、わずか45分で16.5億円を調達しました。
調達額が600万CHFに達するまでは20%のボーナスがあり、1CHF=1.2MYSTの換算レートで、
それ以降は、1CHF=1MYSTの換算レートでMYSTトークンが購入できます。
集められた資金は、ミステリアムプラットフォームの開発とローンチのサポートのために使用するとのことです。
そして、購入した投資家には2017年6月14日にMYSTトークンが配布されました。
取引できる取引所は、はBittrex、liqui、EtherDeltaです。
また、2019年に2度目のセールを行う予定とのことです。

ICO後の予定

今後は、
・スケーリングに備えて、法人化、会計事務所、法律事務所との契約
・開発メンバーの増員
・バージョン1の製品開発
 2017年の終わり~遅くとも2018年の初めにはバージョン1の製品をリリース予定です。
・リーガルデベロップメント
を行う予定です。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今週 Taklimakan Network の ICO 発売開始(期間限定 30% ボーナス付き)

今週 Taklimakan Network の ICO 発売開始(期間限定 30% ボーナス付き)

Taklimakan Network のパブリック ICO が今週販売開始されました。週末までの期間限定で、30%のボーナスが付きます
管理者3 | 69 view
これ一つで相場チェックから注文まで全てOK「コイン相場」

これ一つで相場チェックから注文まで全てOK「コイン相場」

コイン相場は、世界最大級の仮想通貨ICOの検索サイトCOIN JINJAが開発している仮想通貨アプリで、 ICO情報の表示の他、仮想通貨のニュース、日本国内の主要取引所の相場情報や、APIを連携することで、アプリから取引注文することも可能です。
しょーじ | 51 view
ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。
管理者3 | 110 view
MediChain(メディチェーン)が、プレセールとICOの日付を発表

MediChain(メディチェーン)が、プレセールとICOの日付を発表

Medical Big Data Platform MediChain(メディカルビッグデータプラットフォーム・メディチェーン)は、2018年3月1日にICOを開始する計画を発表した。
管理者3 | 153 view
NFLとNBCがスーパーボウルから暗号通貨をブロック

NFLとNBCがスーパーボウルから暗号通貨をブロック

セキュリティと金融規制のコンプライアンスの面で際立つ暗号通貨AML Bitcoinは、ユーモラスなスーパーボウル広告によってこの事実をアメリカの人々に知らせるチャンスを今週拒否された。
管理者3 | 40 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

S・K S・K