2016年9月6日 更新

【ビットコインの特徴】ビジネスモデルは無限大です!

ビットコインは、単に通貨として買い物するだけではありません。日々の送金や決済などの様々な側面で活躍します。そこで、今回はビットコインの特性などを考えつつ、ビットコインのビジネスモデルを同時に見ていき、将来性を考えましょう。

ビットコインの特徴

 (12869)

ビットコインの高度な暗号化セキュリティは、非常に効率的で低コストな決済処理を可能にします。ビットコインネットワークを使えば、手数料なしで、支払いを送ったり、受け取ったりすることができます。ほとんどの場合、手数料は要求されませんが、あなたの取引の承認を早く受けるために、手数料を支払うことが勧められています。
低コストでビットコインを簡単に移動できるので、様々なタイプのビジネスに応用できる点があります。
あ 機密性

アドレス(公開キー)・秘密キーのみで管理する

い 匿名性

ア ビットコインの利用自体には住所・氏名などは不要
イ 特定の管理者が存在しない

う 利便性|決済手段

ア 支払(送信)作業が容易
イ エリアによる通貨の違いがない

え 利便性|資金性

特定の国家への信用リスクがない
クレジットカードは時にサインや身分証明書を提示しないといけませんが、
そういった不安が少ないのでこちらを利用したくなる人も出るでしょう。

どういったビジネスモデルがあるか

クラウドビジネス

クラウドストレージのMaid Safeはビットコイン建てで資金調達を行い数時間で5億円の資金をあつめ話題になった。それに続くようにいくつかの調達案件がでてきている。

8月に行われた Storjの調達では、910BTC(日本円にして5000万程度)の調達がおこわれれた。

最も金額が大きいのは、ethereumで、これはまさに現在公募中であるが、現時点で、少なくとも30,000BTC以上の資金を調達しており、これは15億円以上にものぼる。
かっての公募は時間がかかっていた側面がありました。
しかし、ビットコインを使うことによって最低限の費用と時間でお金を集められます。

ウォレットサービス

ビットコイン・ウォレットの仕組み - Genx Notes (12147)

ビットコイン・ウォレットをサービスとして展開するビジネスだ。将来的には銀行と同様、開設されたアカウント数と、預金額によってビジネスモデルが大きく転換しうるだろう。ウォレットサービスのみを展開する企業よりは、それと同時に他の何らかのビットコインビジネスを展開するケースが多い。
単に財布としてだけではなく、銀行や様々な業界との連携が期待できますね。

決済サービス

ビットコイン決済サービスを利用することにより、決済時に自動的にビットコインが円に換金され、販売者は売り上げをビットコインではなく日本円で受け取り、価格変動の大きいビットコインを保有するリスクをなくすことができるためです。その他として決済サービスを利用することにより、ビットコインに関する知識がなくても手軽に導入が可能というメリットもあります。
お金は使わなければ意味がありません。
ですから、安定して使えるというのはビジネスモデルの構築にとって大切です。
加盟店と消費者間の支払いはbitFlyer社のプラットフォーム内で完結し、料金前払いのデポジットで支払うため、10分の時間を要することなく、即時決済が可能です。また、ビットコインの取引は需要と供給により相場変動が生じますが、弊社が提供する「ビットコイン決済」は加盟店の相場変動のリスクを回避するオプション(無料)を用意しているため、加盟店は安心してご利用いただくことができます。
すぐに使えることと、ビットコインの値段の動きのリスクの問題を回避できれば、
ビジネスとしてはかなりおいしいものになります。
Bitpayに代表される、オンライン上における決済手段として、ビットコインを既存のECに提供するビジネスを展開する。オンライン小売で広いシェアを持つOverstockがビットコインを決済として導入したところ、初日にいきなり12万ドルを売り上げた事は有名だ。ビットコインは決済の有力な選択肢となりうる。
利益が出るとなれば、どんどん決済ビジネスに参入する業界は出てきます。

銀行分野でも動くでしょう。

ブロックチェーン

ブロックチェーン

かなりの負担を減らせるので、
コスト以上に安全面も期待できます。
銀行のシステムをはじめとして、企業の情報システムのセキュリティに求められる要件は非常に高く、取引を正しく安全かつ迅速に行うために、多額のシステム投資が行われてきました。例えば、2008年に行われた旧東京三菱銀行と旧UFJ銀行のシステム統合には3300億円もの費用がかかったと言われています。

ブロックチェーン技術をシステム基盤に採用することで、銀行システムに求められる安全性や安定性を担保しつつ、システム費用が劇的に低減できる可能性があるからなのです。
ビットコインのブロックチェーンの技術を応用することで、セキュリティーコストを軽減できます。
これによって、預金者にビットコインや金利アップで還元すれば大きなビジネスチャンスです。
自民党IT戦略特命委員会の資金決済小委員会が、2014年6月に取りまとめた中間報告では、ビットコインなどの仮想通貨を、法律上の通貨でもモノでもない「価値記録」と位置付けて、ビットコインによる売買取引は「消費税の課税対象」とする一方で、出資法、銀行法、資金決済法など、既存法の適用外とする見解を示している。つまり、課税することを条件に、ビットコインを規制せずに容認していく方針だ。

この見解からすると、ビットコインによる電子決済や金融サービスを、銀行業の認可を受けていない、スタートアップのスモール企業が立ち上げることも可能であり、新たな金融ビジネスに挑むことができる。
銀行との競争とも見えますが、場合によっては銀行が買収して力を強化していく時代になるともとれますよね。

終わりに

素早い技術振興

素早い技術振興

お金なら時間がかかる場合がありますが、
コストが低いので集められますし、
個人単位で見ればクレジットカードよりも
便利かもしれませんね。
このように、ビットコインは様々なビジネスモデルに入り込む余地があります。
そして、ビットコインの特徴を利用すれば、世界の産業を大きく発展させるきっかけになるのではないのでしょうか。
正しいビットコインはそうした側面もあると感じました。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【イーサリアム】って何?!ビットコインと関係あるの?

【イーサリアム】って何?!ビットコインと関係あるの?

ホリエモンさんの発言がきっかけで最近「イーサリアム」という言葉を耳にするようになりました。「イーサリアム」とは何でしょう?世の中のどれくらいの方が理解されているのでしょうか。今回は「イーサリアム」とは何か、ビットコインとの関係についてまとめます。
momoko | 736 view
ビットコインと電子マネーは根本的に違う

ビットコインと電子マネーは根本的に違う

ビットコインと電子マネーは同じ仮想通貨ですが具体的にどの点が異なるのでしょうか?比較しながら調べてみましたのでご覧ください。
ほろん | 213 view
ビットリージョンは投資に最適かを見てみましょう。

ビットリージョンは投資に最適かを見てみましょう。

ビットコインを使った投資や寄付は多数ありますが、今回はビットリージョンを見ていこうと思います。これは最近できたもので、今その勢力をどんどん拡大していきます。どういった特徴があるかを知ることによって、あなたの投資に生かしていただければとても幸いです。
nekomimimanaka | 792 view
初めてでも使いやすい、分かりやすい仮想通貨取引所まとめ

初めてでも使いやすい、分かりやすい仮想通貨取引所まとめ

仮想通貨の売買で安定した利益を得るために欠かせない取引所ですが、その数は意外にも多く提供するサービスやシステムの使いやすさが異なるため慎重に選ばなければなりません。初心者にも使いやすくオススメ出来る代表的な仮想通貨取引所を紹介します。
仮野真根 | 268 view
リップル コインの魅力と、その将来性に迫ってみよう。

リップル コインの魅力と、その将来性に迫ってみよう。

皆さんは、リップルコインをご存知でしょうか。簡単に言えば、ビットコインのような仮想通貨に当たるのですが、実際には様々な強みと魅力があるのです。さて今回は、ビットコインと違ったアドバンテージと将来性についての私見を述べていこうと思います。
nekomimimanaka | 421 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nekomimimanaka nekomimimanaka