2016年2月19日 更新

ビットコインってコンビニやブログにも利用できるの?

インターネット上で利用可能な架空通貨、ビットコイン。ビットコインには多様な利用方法が存在しますが、その中にはコンビニで利用する方法があるそうです。また、ビットコインはブログではどのように取り扱われているのでしょうか。今回は、そんな疑問にお答えします。

ビットコインがコンビニでも購入できるって本当?

 (4407)

特定の国家や企業が管理しているわけではありませんが、インターネット上で利用できる架空通貨、ビットコイン。ビットコインは複数の通貨と交換が可能なため、海外に送金することができます。最近では、ビットコインを利用可能なATMも登場したと言われています。そのATMにはマニュアルが付随しているようですが、ページが分厚いためマニュアル片手に気楽な操作することは少し、難しそうです。マニュアルを分厚くしなければならないほど、説明しなければならないことが多いということでしょう。
多様な利用方法が存在するビットコインですが、ビットコインを利用可能なATMが存在するのならば、ビットコインをコンビニで利用することはできないのでしょうか。皆さんは、そんな素朴な疑問を覚えたことはありませんか。また、ビットコインがインターネット上で利用可能なのであれば、ブログでもビットコインを利用することはできないのでしょうか。今回は、それらの素朴な疑問についてご説明いたします。
それではまず最初に、ビットコインをコンビニでも利用可能なのか、という疑問についてお答えします。
台湾のスタートアップMaicoinはユーザーに対して10000店舗のコンビニでビットコインを購入できるシステムをローンチした。
ユーザーはモバイルアプリかウェブベースのウォレットを利用してビットコインを購入する。購入時は単純に店員に現金を渡せば良い。
パーソナルアカウントを利用して銀行ATMからも同様に資金の移動ができるようだ。

1月に、Maicoinの競合であるBitoEXもコンビニでビットコインを購入できるようにしている。日本発のファミリーマートやセブンイレブンでビットコインが購入できるのだ。
こちらは、台湾にある一定のコンビニにビットコインを利用できるシステムを導入する、という記事です。
最近、ビットコインがかなり気になっているのだが、やはり気軽に買う感じではなくちょっと二の足を踏んでいる。
で、今回新しく発表になった「e-coin」のデビットカード

これがかなり気になっている
これさえあればビットコインがどこでも使えるってことらしくかなり興味がある。
ビットコインの取引所は国内にもいくつかあり大手の金融機関の資本もかなり投入されている。
特に勢いのあるのは「bitFlyer」だろうか。
1月にリクルートなどから1億円超の資金調達を実施し、つい先日も三菱UFJキャピタル、電通デジタルホールディングス、三井住友海上キャピタルなどから合計5億円以上の資金調達を実施している。
アメリカでは、ビットコイン専用デビットカードが誕生しました。

その名前は「シフトカード」(Shiftcard)。

アメリカ国内のVISAカード取り扱い店であればどこでも、支払い手数料は無料で、利用できます。

このシフトカードを発行しているのは、Coinbaseというビットコインウォレット運営会社です。

(中略)

ビットコインの利用者の80%は投資目的。残りの20%が資金の送金目的とされています。

この数字はオンライン支払いシステムとしては低い数字です。

ビットコインはこの解決策を探していました。

そこで、発行されたのがこの「Shiftカード」です。

これにより、更に一般層へ普及すると考えられています。

このカードの利用では、個人情報を証明する必要がありますので、匿名性もなくなり、世界中の金融機関にも認められるきっかけになるとも考えられます。

セブン‐イレブンで買う | 電子マネー「ビットキャッシュ」

セブン‐イレブンで買う | 電子マネー「ビットキャッシュ」
電子マネー「ビットキャッシュ」は、オンラインゲームやインターネットショッピングに便利な”ネットのお金”です。コンビニエンスストアや郵便局、インターネットで購入できます。
こちらのサイトでは、ビットコインをコンビニ(セブン-イレブン)で購入する方法について紹介されています。わかりやすく、見やすい説明のため、ご興味を持たれた方はぜひ一度ご覧ください。
カナダのDecentralという会社は新たなビットコインプロダクトをローンチした。『ビットコインカード』と呼ばれるこの商品はiTunesカードやアマゾンギフトカードのようにカナダのリテールストアに並べられ、ビットコインを誰でも気軽に買えるようにする。$20, $50, $100の3種類のカードが用意され、Decentralビットコインカードのウェブサイトでビットコインを取り出せる。

以前紹介した悟コインというイカした商品が日本には存在する。この商品はギフトカードのように単なるカードではなく、見た目そのものからしてお洒落である。ビットコインは利用するための購入以外にも『価値の保存先』として保有する場合が多いため、単にカードではなく悟コインのような見た目がカッコイイ商品であればそのままコレクションしても楽しめるだろう。いつの日か悟コインのようなフィジカルビットコインが国内のコンビニに並ぶ日がやって来て欲しい。
こちらの記事は、カナダでビットコインを取り出せるカードをコンビニで購入できるようになった、という記事です。
いかがでしょうか。
ビットコインをコンビニで購入することはできても、直接お会計に利用することはできないのですね。お会計にビットコインを利用するためには、専用のカードが必要とされるようです。

ブログにおけるビットコインの利用方法って?

 (4415)

多様な利用方法が存在するビットコイン。そんなビットコインですが、ブログにおけるビットコインはどんな風に取り扱われているのでしょう。早速見ていきましょう。

ビットコイン投げ銭ウィジェット【ビットコインの寄付ボタン】

ビットコイン投げ銭ウィジェット【ビットコインの寄付ボタン】
こちらのサイトは、Webページやブログにビットコインを寄付するボタンを作成する方法と使用方法も記載されています。

ブログで簡単にビットコインを使って販売する方法 | coincheck payment

ブログで簡単にビットコインを使って販売する方法 | coincheck payment
本ページでは、ビットコインを使ってブログで商品を販売する方法を説明します。
ビットコインにはこのような利用方法もあります。
ビットコインに関する記事をブログに掲載されている方々の実例を、ご紹介します。

毎日コツコツ外貨積立てサラリーマン投資日記 ビットコイン積立

毎日コツコツ外貨積立てサラリーマン投資日記 ビットコイン積立
一般サラリーマンが、サラリーマン向きの投資手法「積立」で毎日外貨積立投資に取り組み続け効果検証する日記です。(これは個人の日記であり、FX取引を誘引するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。)
こちらのサイトでは、ビットコインを実際に投資されている方の日記が綴られています。参考に、ぜひ一度ご覧ください。
2万円 → 0.4BTCのままだと、
1BTC = 50000円に
戻らないと投資回収できないんですが、


値下がりした時に、
同じ2万円でより多くのBTCを買ったんで、
1BTC 当りの投資単価が下がって、
1BTC = 37383円で回収できるようになる
これでハードルが下がるわけですね^^;


これはドルコスト平均法
といって、割と有名な投資手法です。


長期的に値上がると想定される投資対象で、
ゼロにならない限りは、ある程度、、
有効な手法と言えるでしょう。
ちなみに、この記事はビットコインで損失を被られた方が取り戻す方法を記載した記事となります。
ビットコインで損失を被られた方がいらっしゃるのですね。気楽にいくと仰っていらっしゃいますし、ビットコインで損失を被ってもこれぐらいの心構えで良いのかもしれませんね。

Bitcoin投資研究所、ブログ開設一周年記念 成功と失敗 - Bitcoin投資研究所

Bitcoin投資研究所、ブログ開設一周年記念 成功と失敗 - Bitcoin投資研究所
photo by AlicePopkorn Bitcoin投資研究所の名を語っているからには、ビットコイン投資に関して総括しないわけにはいけませんね。ビットコイン投資の陰と陽です。 当Bitcoin投資研究所のブログ開設一周年企画記事の最終回として、これまできつねが投資をしてきたなかで、最も成功しているものと、最も失敗…
こちらのサイトでは、ビットコインの投資における失敗例と成功例を紹介されています。

ビットコイン&イーサリアム研究ブログ

ビットコイン&イーサリアム研究ブログ
Bitcoin,Ethereumなどの価値記録やブロックチェーン関連の情報まとめ
こちらはのサイトは、ビットコイン関連の情報をまとめたブログとなります。
いかかでしょうか。
コンビニで直接ビットコインを利用することは、未だ不可能なのですね。また、ブログにおけるビットコインの扱われ方がどういったものであるのか、ご理解いただけたものと思います。
今回の記事が、ビットコインに興味を持たれた方の参考になれば幸いです。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コンビニ購入で一気に普及?ビットコインの将来を見る

コンビニ購入で一気に普及?ビットコインの将来を見る

ビットコインが普及するには多くの人に利用の機会が生まれることが必要となります。最近では海外のコンビニでもビットコインの購入ができるようになったというニュースがあったのをご存知ですか?こういったことからビットコインの将来が見えるかもしれません。
turubo | 1,897 view
気になるビットコイン今後の展望をブログから見ていこう

気になるビットコイン今後の展望をブログから見ていこう

色々な場面でニュースとして取り上げられているビットコインだけに、自分もやってみたいなと考えている人も多いですよね。ですが、何にどうすれば、将来は?など色々と分からないことも多いと思います。そんな時は人気ブログなどでさりげなくチェックしてみるのも良いですよ。
turubo | 214 view
台湾のビットコイン事情を解説

台湾のビットコイン事情を解説

お隣の台湾のビットコイン環境はどうなっているのでしょうか?私なりに調べてみましたのでご覧ください。
ほろん | 563 view
ビットコインを題材にしてるブログまとめ

ビットコインを題材にしてるブログまとめ

ビットコインを発掘したり損失したり、投資した人のブログのまとめです。
tktyan | 835 view
いまさら聞けないビットコインキャッシュについて。

いまさら聞けないビットコインキャッシュについて。

ビットコインキャッシュはビットコインからフォークして生まれた新しい仮想通貨です。 SegWit2xやUASFと言われるものとは完全に別の物であり、ビットコインという名前はついていますが新しいアルトコインと認識している方が正しいです。
じょにー | 149 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

国定乙夜 国定乙夜