2017年3月16日 更新

ビットコインが上限に達した時

ビットコインは仮想通貨であり、自由に取引できるのが魅力です。仮想通貨というと危ういイメージもありますが、安定した資産と考える人も多く、世界中で取引されています。しかしビットコインには上限があります。ビットコインが上限に達した時はどうなってしまうのでしょうか?

■ビットコインの上限とは?

 (15896)

ビットコインは仮想通貨であり、紙幣や硬貨は存在しません。仮想通貨なら無制限で発行できるイメージですが、実はビットコインには上限2100万枚と決まっています。正式には20,999,999.9769枚ですが、これではわかりにくいので、わかりやすく2100万枚としているのです。ただし今すぐ上限に達する事はなく、上限に達するのは2140年頃ではないかと言われています。今現在ビットコインの取引をしている人には、だいぶ先の話ですから上限に達する心配はありません。

ビットコインは発掘や採掘をする事で、新規に発行されます。ビットコインは採掘により新たに発行されます。これをマイニングといい、ビットコインをブロックの状態で生成され取引の検証を行います。このブロックをつなぎ合わせていくため、ブロックチェーンといいます。ブロックチェーンは分散したネットワークの事です。ビットコインは紙幣や硬貨が存在しないため、ネットワークにある仮想通貨だから、ブロックチェーンが可能になるのです。必要に応じて新たなブロックを採掘する事で、ビットコインの取引が可能となります。

■ビットコインが上限に達したらどうなる?

 (15895)

ビットコインの上限は2100万枚と決まっており、それが上限に達するのは今のビットコイン取引から時間を割り出すと、大体2140年頃になると言われています。現在ビットコインの取引をしている人には、まだまだ先の話ですが、実際2140年になりビットコインが上限に達したらどうなってしまうのでしょうか?

ビットコインが上限に達すると、それ以上採掘する事は出来ません。つまりマイニングはできなくなるので、マイニングは自然に消滅します。いくらマイニングをしたくてもビットコインがないので、意味がないからです。ただ上限の2100万枚に達すると、計算に時間が掛かり、計算にはスーパーコンピュータ並に高性能のコンピューターが必要となり、さらにコンピューターを稼働させた状態で何日もかかると言われています。そのくらいの時代になれば、いまよりもコンピューター技術は進んでいるので、今の時代にはない新しい技術が誕生しているかもしれません。計算については、新たな技術でカバーできるでしょう。

マイニングはできなくなりますが、上限に達すると価値が落ちてしまうのでは?という不安もあります。ビットコインはウォレットに保管していても、ログインIDやパスワードを伝える事で、相続もできます。資産としてビットコインを保有している人も少なくありませんので、相続するにも上限に達した事で価値が下がってしまっては魅力が半減してしまいます。しかしビットコインの価値は今後も上昇し続けると言われています。

■上限があるから価値が出る

 (15893)

円やドルは国が管理しているので、上限はありません。状況に応じて新規発行が可能ですが、ビットコインは上限があるので無制限に発行する事は出来ません。2100万枚という膨大な数であり、上限に達するのはまだ先の話ですが、上限があるという事は数に限りがあるという事です。膨大な数でも欲しい人全てがビットコインを購入で着るとは限りません。もう1つビットコインは需要が高まる程価格が高くなるという特徴があります。

上限に達したら世界中には2100万枚のビットコインしかないので、新たに購入しようと思っても売りがない以上購入できません。しかし大量にビットコインを持っている人が、高値で売りに出せば、新たにビットコインが欲しい人も購入できますが、この時はレア価値も付くのでかなりの高値になる事が予想できます。高値で売れば大きな利益が見込めますが、次にビットコインを購入しようと思っても、売りがないと二度と手に入らないので売ってくれる人を探さないといけません。需要が高まると価格が高騰するのもビットコインのポイントですから、いまよりも価値があがり信じられないくらいの価格になっている可能性はあります。
 (15894)

■ビットコインの将来

 (15892)

ビットコインはまだ若干不安定な部分もありますが、今後は少しずつ需要も増えていくと言われていて、その分安定すると見られています。暴騰や暴落はなくなっても、安定すれば安心できる資産として、日本でも今より価値が見直され利用する人は増えるでしょう。実際に電子マネーのように、ビットコインで支払いができる店も増えていますから、今後はもっと増えて行き、当たり前のようにビットコインを使う日がくるのも夢ではありません。価値が上がるのなら、今のうちに購入しておくのもいいかもしれません。

ただしビットコインは仮想通貨ですから、管理は自分でしっかりと行わないといけません。WEBで取引もできますが、セキュリティ対策は万全にしておきましょう。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

上限があるからこそ≪ビットコインの価値≫は上昇する?

上限があるからこそ≪ビットコインの価値≫は上昇する?

ビットコインには価値があるといわれているのは、技術面もそうですが他方面では上限があるというのも理由だといわれています。これは仮想通貨と呼ばれるビットコインならなのかもしれません。どういったことかピンとこない人はこれを機会に理解しましょう。
turubo | 645 view
ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 158 view
ICOの可能性とリスクについて調べてみた

ICOの可能性とリスクについて調べてみた

そんなとき、何をさておき必要なのは、お金です。銀行に借りる? 株式を発行して投資家に買ってもらう? そうした従来の手法と違い、今、注目されているのが「ICO」。何かと話題の「仮想通貨」を使った資金集めです。世界では、ことしだけで1000億円を超える資金が集まったとも言われ、国内でも活用例が出始めています。
じょにー | 69 view
暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨市場には、2017年7月現在で約800種類以上のコインが誕生していますが、いくつかのコインはクラウドセールといわれるICO(イニシャル・コイン・オファリング)という手法で資金調達し開発しています。
じょにー | 52 view
なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

コインチェックを見るとジーキャッシュがAlphaBayというサイトで、正式に採用されたことによって価格を順調に上げています。 倫理的な是非はともかく、Zcashはこれからも値上がりを続けると思いますので記事にしました。
じょにー | 198 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-rinrin E-rinrin