2018年3月22日 更新

マイニングで採算取れるの?OZマイニングなら大丈夫です

マイニングは数年前までは誰でも普通のパソコンで行うことが可能でした。しかしながら現在では、難易度が上がり、採算が取れなくなってきています。

仮想通貨のマイニング

マイニングは英語ですが、これを単純に日本語に訳すと採掘という意味になります。
ビットコインのマイニングは、未発行分のビットコインをマイニングで新しく発行し、世の中に流通させるのです。
これはどういうことかといいますと、ビットコインの総発行枚数は2100万枚と決められています。2017年の時点では、1600万枚が既に発行されておりこのペースでは、2141年にはすべてのビットコインが発行されることになります。
マイニング作業というのは、単にビットコインの発行作業をするだけでなく、取引内容を監視して承認するという役割もあります。これは、マイニングをすることにより仮想通貨の取引内容を監視することによって不正な取引が発生しないようにしているのです。それにより通貨の信用を高め、価値を高めることにつながるのです。マイナーにとっては、自分がマイニングをしている仮想通貨の信用が高まった方がメリットがあるため、この仕組みが機能しているのです。そのため、マイナーがマイニングにより仮想通貨の取引内容の監視を行うのは意味のあることなのです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

誰でもマイニングできるのか?

数年前は、誰でも普通のパソコンを使ってマイニング作業を行うことができました。しかしながら、現在では企業など資金力の大きい所が参入し、マイニングの難易度が上がってきています。北欧や中東、中国など、電気代の安い国でマイニングファームという大量のコンピューターでマイニング作業をする工場を作ってマイニングを行っています。そのため、それらの国よりも大幅に電気代が高い日本で一個人がマイニングしようとしてもこれらのマイニングファームに対抗するのは不可能です。

line

OZマイニングでクラウドマイニングなら採算が取れる可能性

そんな中で、一般の個人がマイニングで稼ぐには、クラウドマイニングを利用するというのが一つの解決策となります。クラウドマイニングは企業が資金を集めて代わりにマイニングを行い、得られた利益を分配するという仕組みです。
クラウドマイニングは色々ありますが、中でもOZマイニングは、親会社の熊本電力から業界最安値水準の電気の安定供給を受けられるので利益を出しやすいです。

http://oz-mining.com/
 (26077)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

クラウドマイニングを比較してみたら・・・OZマイニングで決まり!

クラウドマイニングを比較してみたら・・・OZマイニングで決まり!

クラウドマイニングは海外の会社を中心に色々ありますのでどこが良いのか比較してみました。やはり海外よりも国内の会社が安心で、その中でも親会社が電力会社ということで安価なコストで電力を調達できるOZマイニングが最有力候補になるでしょう。
しょーじ | 35 view
2018年にマイニングを始めるなら、OZマイニング一択!

2018年にマイニングを始めるなら、OZマイニング一択!

世間ではマイニングが流行っていますが、2018年これから素人が参入するのであれば、自分でマイニングするのではなくクラウドマイニングにするのが良いでしょう。その中でもOZマイニング一択と言える状況です。その理由を詳しく説明します。
しょーじ | 55 view
今マイニングで赤字なら、OZマイニングの利用を検討するべき

今マイニングで赤字なら、OZマイニングの利用を検討するべき

マイニングでは報酬部分だけがクローズアップされ、電気代は見えにくいです。一度状況を詳しく調べてみて赤字なら、OZマイニングの利用を検討してみましょう。
しょーじ | 247 view
OZマイニングを利用すれば電気代メリット大

OZマイニングを利用すれば電気代メリット大

マイニングをする上での大きな悩みは電気代です。せっかくマイニングで報酬が発生したと思っても、電気代が高くついてしまい赤字になってしまったというケースもあります。クラウドマイニングを利用すれば、そのような電気代の心配は無くなります。
しょーじ | 118 view
知識が無くても簡単!OZマイニングでクラウドマイニング

知識が無くても簡単!OZマイニングでクラウドマイニング

マイニングというのは設備や知識の面で、個人にとっては敷居が高いものですが、OZマイニングを利用してクラウドマイニングすることで、個人でも簡単にマイニングできます。
しょーじ | 119 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ