2018年3月7日 更新

ビットコインのメリットとリスクについて。2018年再度おさらいしましょう

ビットコインが謎の人物によって公表されてからまださほどの歴史を持たないゆえに、少なくとも日本国内では法整備もまだこれからという段階です。仕組みやメリットを聞く限り電子マネーやクレジットカードよりも安全で、収益も期待できそうな魅力は感じるのですが、運用が始まったばかりでまだ海のものとも山のものとも見分けがつかないというのが、日本の多くの専門家の見立てです。今回はメリットとリスクについてまとめてみました。

発行にいたる経緯

 (24671)

むしろ海外で普及が進んでいて、大手IT企業の多くが導入を決めているのも事実です。そもそも誰の発案なのかもわかっておらずミステリアスな面が多く、多彩な憶測が業界内外では飛び交っていますが、どれもこれだといった決め手がないというのが現状です。個人名を名乗ってますがグループ名である可能性も無きにあらずなのは、実際に個人名を店名にして全国制覇を果たしている大手有名ホームセンターがある事からもわかります。

しかしながら世界各国で取引所が設置されて取引もすでに行われている現実もありますから、上手に使いこなしながら資産運用を行っていく事で、時代の流れに遅れを取らないようにしていくことも今後競争の激しい経済界に生き残っていくためには必要と考えるべきです。

line

メリット

 (24674)

そもそもビットコインはどういった点にメリットがあり、どんなリスクを伴うのかを明確にしておく必要があります。単に世のはやりだからといたずらに飛び込む事は大変危険です。少なくとも日本人男性の名前を名乗る発案者の論文には、ビットコインの核心に迫る記述もありますから、のぞいてみると確かに魅力的な面が多く出てきます。

ビットコインの魅力は個人でも法人でもあるいはIT業者であろうとも誰でも参加・運用できる点にあります。ビットコインはネットでのみ運用する仮装通過であり特定の銀行に依存しません。個人で始める場合一般的には携帯端末もしくはパソコンで決済をしている人が増えていますから、モバイル決済という面から解説していくと、スキャンと支払いのたった2つのステップで決済が完了しますから、大変シンプルです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

個人で運用する場合のメリット

 (24677)

通常どこかのカード会社に登録して後カードやpinを通してあるいはサインをして初めて決済が成立しますが、その過程をすべて除去しました。ピットコインかアプリあるいはウオレット経由で従来のお財布携帯のように作業をする事は必要です。これだけ簡単にしてしまってセキュリティは万全なのかという不安が当然出てきます。

カード決済の面倒くささはセキュリティ強化ゆえに出てきた必要悪とも言えますから、それらをすべて廃除するというのは当然不安が出てきます。別名暗号貨幣とも称されるように、厳格な暗号で保護されていますから、よほどの天才でない限り安全性が破られる事はありません。もちろん手数料が不当に発生するなどという事もありません。専用以外の一般のウオレットを使う場合は、そのシステムそのもののセキュリティシステムに注意する必要はあります。

どこかのプロバイダーに依存する必要もありませんから、年中無休で対応しますしオープンソースを駆使していますから、いつでもどこでも取引可能です。もちろん手軽に国際決済できますから、他の電子マネーを使うよりもリーズナブルあるいは無料で決済できます。海外輸入を趣味あるいは個人事業で行っているなら、特にビットコインはオススメです。
bitclubmining

法人にとってのメリット

 (24680)

自社取引に導入したいという場合はどうでしょうか。専用ネットワークを利用する事で低コストでの取引が可能です。多くの法人が抱えている回収困難という問題に関しても、一度決済作業をしてしまうと取り消し不能となりますから、悪質な顧客が踏み込む隙がありません。自社ウオレットの管理を徹底させている限り、コンプライアンスに伴うあらゆる問題を解消します。

暗号貨幣という新規事業はまだ始まったばかりですから、開拓市場は無限大と言って良いほど幅広いのです。今こそ事業拡大のチャンスです。暗号貨幣は誰でも気軽に決済状況を確認できるシステムが確立している事から、会計は限りなく透明性を満たしますし無責任な引き出しも防御できます。以上見てきておわかりのように決済システムを極限までシンプルにした結果、導入しやすさも実現しました。

開発者にとってのメリット

 (24683)

サードパーティAPIを活用するかしないかの選択ができます。いずれを選択しても自分自身にかかってくる負担が軽くコストもかかりません。取引ごとに専用メールアドレスを作成しますから顧客管理も安易になりました。以上ビットコインを導入する事で生じるメリットを上げてみましたが、一方であまりに話がうますぎてきな臭いという不安感を持つ人もいるはずです。

どれだけシステムの完成度が高くてもしょせん人が作ったものですから、当然リスクもあるはずと考えるのは自然です。実際導入には賛否両論あるのも事ですから、リスクとしてどのような事が考えられるかを見ておく事は重要です。両面をしっかり見据えた上で導入の是非を決めるのが健全な考え方です。これまで開発元グループが掲げるメリットを見ていく中で出てきた不安として、銀行組織にも特定プロバイダーにも依存しない自由でシンプルなシステムは、法人側に一切負担を負わせない変わりに、消費者側にコンプライアンスを当問題や詐欺にあっても、訴える窓口がかなり狭まれる事になります。
アルトコイン訴求

デメリット

専用ウオレットを使用しない場合の安全性は保証されません。実施サイバー犯罪者の標的になりやすい点を、多くの専門家が指摘しています。闇市の存在も明らかになっており、たとえば麻薬の密売に利用される可能性が0ではありません。一度決済作業が完了した場合取り消しが一切できませんから、操作を間違えたとしても返金に応じるシステムが確立していませんから、取引の際には注意が必要です。以セキュリティの問題ではつっこみどころ満載の仮装貨幣である事を念頭に入れた上での導入・参加を判断する事が重要です。
21 件

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3