2017年9月17日 更新

ジーキャッシュの購入方法まとめ

匿名性の高さで注目されているジーキャッシュの購入方法を紹介します。国内の仮想通貨取引所では、コインチェックで日本円でジーキャッシュを直接購入することが可能です。 また、海外でもKraken、Bittrex、Poloniex等の仮想通貨取引所を使えば購入することが可能です。

ジーキャッシュとは?

2016年10月28日にリリースされた仮想通貨で、2017年9月の時点で時価総額は470億円程度で、ランキング17位になっています。
「ゼロ知識証明」という機能で、送金元、送金先、送金金額などを完全非公開にして送金できるという点で、他のどの仮想通貨よりも匿名性が高いということでリリース前から注目されていました。世界最大の銀行の一つであるJPモルガンやイーサリアムとも提携して注目されている仮想通貨です。
 (20056)

via z.cash

ジーキャッシュの購入方法は?

国内の仮想通貨取引所で取り扱っている所はコインチェックくらいです。
コインチェックで購入すると、少し割高になりますが、日本円でジーキャッシュを直接購入することができるので、非常に手軽にジーキャッシュを手に入れることが可能です。

もしくは、海外の仮想通貨取引所を使うという方法もあります。
Kraken(クラーケン)は海外の仮想通貨取引所ですが、日本語表示に対応しており、日本円でジーキャッシュを直接購入することが可能です。

また、Bittrex(ビットレックス)やPoloniex(ポロニエックス)などの仮想通貨取引所では、日本円の入金には対応しておらず、ビットコイン建てでの取引となったり、表記が英語になっていたりするので、最初はとっつきにくいですが、慣れれば大丈夫です。
まず、コインチェック、bitFlyer、Zaifなどの国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入します。
そしてそれをジーキャッシュを取り扱っているBittrexやPoloniexなどの海外の仮想通貨取引所に送金します。
ジーキャッシュは、「ZEC/BTC」というコードで取り扱われているので、BittrexやPoloniexなどの取引所に入金されたら、それを取引することで、ジーキャッシュを手に入れることが可能です。

海外の仮想通貨取引所では、ハッキングや倒産等のリスクもありますので、
スマートフォンにアプリを入れて二段階認証にしたり、
ジーキャッシュを購入後、Jaxxのようなデスクトップウォレットに入れたりして自己防衛しておきましょう。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仮想通貨における匿名性の高さはリスクなのかメリットなのか??

仮想通貨における匿名性の高さはリスクなのかメリットなのか??

ジーキャッシュと呼ばれる新しい仮想通貨が生まれました。 このジーキャッシュは様々な意見が出ていますがその是非について解説していこうと思います。
じょにー | 306 view
匿名性に特化した仮想通貨のジーキャッシュ

匿名性に特化した仮想通貨のジーキャッシュ

ビットコインが仮想通貨の代名詞となっている中、匿名性に特化したジーキャッシュというものが発表されて一時期ビットコインをしのぐ勢いとなりました。
じょにー | 109 view
きわめて暗号性の高いジーキャッシュのメリットは?

きわめて暗号性の高いジーキャッシュのメリットは?

仮想通貨はビットコインで有名になったのは周知の事実ですが、世間でもまだ注目されていない、それも極めて秘匿性の高いジーキャッシュをご存知ですか?
じょにー | 116 view
JPモルガンも認めたジーキャッシュのセキュリティ技術とは?

JPモルガンも認めたジーキャッシュのセキュリティ技術とは?

ジーキャッシュは、「ゼロ知識証明」という匿名機能を持っており、この機能には世界最大の銀行の一つであるJPモルガンも興味を持ち、JPモルガンが開発しているエンタープライズ向けセキュリティ製品「Quorum」に導入することが決まりました。
しょーじ | 141 view
ビットコインキャッシュの購入方法まとめ

ビットコインキャッシュの購入方法まとめ

2017年8月1日にハードフォークによりビットコインが、ビットコインと、ビットコインキャッシュに分岐しましたが、このビットコインキャッシュを購入する方法をまとめました。たいていの国内の大手取引所で取り扱われています。
しょーじ | 138 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ