2018年2月21日 更新

池上彰も注目する【仮想通貨について】知っておこう!

仮想通貨は、とても便利な通貨で、ジャーナリストの池上彰さんも注目しています。 仮想通貨の特徴とはどういった所なのでしょうか。池上彰さんが紹介をする番組について、ビットコインを例に魅力などについて調べてみました。

18,908 view お気に入り追加 0

仮想通貨

IMG_2386 : 無料・フリー素材/写真 - 商用無料の写真検索さん (13051)

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。
仮想通貨は、名前の通り実体のないお金のことです。
お金と考えると日本円なら、一円玉や千円札のように、物として存在しているのが一般的な考え方です。
仮想通貨には、それがありません。
全てはWEB上などで取引されていますし、例えば1ビットコインという物はありません。
ですが、仮想通貨は日本円にも変えることが出来るのでお金として価値がある物です。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

ビットコイン

仮想通貨の中の一つです。 
仮想通貨は現在1,000種類以上と言われ、大変多くの通貨があります。 なぜこのように通貨がたくさんあるかというと、仮想通貨の仕組みのプログラムが公開されており、それを使ってプログラムの知識がある人は仮想通貨を作れるからです。
仮想通貨の中心的とも言える存在であり、2009年の発行以来最も多く取引がされています。

通常通貨の取引量が多いということは、その価値の高さを表します。
通常は通貨が信頼性がある、安定しているという理由で取引がされます。つまり仮想通貨の中で中心的とも言える通貨で、桁違いに取引量が多いのです。
Bitcoin statistic coin ANTANA : 無料・フリー素材/写真 - 商用無料の写真検索さん (13049)

今では多くの仮想通貨が発行されるようになっていますが、その中で最も有名で取引量の多い物がビットコインです。
世界中で取引が行われており、日々相場は変動しています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining

池上彰も注目の仮想通貨

私たち日本人にとって、金融に関するインフラ整備が整っているので特に疑問を持たないのも当然ではありますが、もし今あなたが銀行に支払っている手数料を支払わなくていいならどうでしょう。
24時間いつでも支払いが出来ればどうでしょう。
しかも送金した瞬間に相手に着金していたらどうでしょう。

こんな便利なものはないのではないでしょうか?
池上彰氏がわかりやすく解説してくれていますので、是非参考にされてみてください。

池上彰さん 仮想通貨(ビットコイン)

仮想通貨は、まだまだ世界的にも信用度が少ない通貨なのかもしれませんが、仮想通貨には多くの魅力があります。
ジャーナリストの池上彰氏も、仮想通貨に対して注目をしてもいいのではとテレビなどで発言されています。
仮想通貨の最大の魅力は、お金のやりとりにかかる手数料がほとんどかからないところです。
日本とアメリカで取引をする際には、お金のやりとりのために多くの手数料を銀行などに支払わなければいけません。
そういったコストがかからないのが仮想通貨の魅力で、取引を行う法人や個人にとってとてもメリットのあるお金の取引手段となっています。

池上彰氏 略歴

池上 彰(いけがみ あきら、1950年8月9日 - )は、日本のジャーナリストである。東京工業大学特命教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、特定非営利活動法人「日本ニュース時事能力検定協会」理事、毎日新聞「開かれた新聞」委員会委員。
かつてはNHKで、社会部記者やニュースキャスターを歴任。記者主幹だった2005年で退職したことを機に、フリーランスのジャーナリストとして各種メディアで活動している。
池上彰 - Wikipedia (13035)

池上彰さんを、テレビで見たことがない方は少ないと思われるほど様々な番組に出演されて、複雑な情報を分かりやすく説明してくれていますね。

投資としてのビットコイン

Bitcoin Chart : 無料・フリー素材/写真 - 商用無料の写真検索さん (13050)

2009年の流通当時は1BTC1セント(1円)以下でした。
2013年12月には1BTC約100,000円をつけました。
通貨の登場から4年ほどで10万倍に価値が上昇しました。
ビットコインのお金のやり取りには、高度な暗号技術が利用されています。
上記の様にビットコインは、取引開始当初は1BTCが1円以下です。
2017年1月現在の1BTCの相場は、95000円となっています。
1円の時に持っていた方はとんでもない額を手にしていることになりますね。
仮想通貨には投資としての魅力もあります。
これから先の仮想通貨の動きにも注目ですね。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【わかりやすい!】池上彰も解説したビットコインとは?

【わかりやすい!】池上彰も解説したビットコインとは?

「ビットコイン」を知っていますか? 日本では、まだ知名度も低く普及されていません。 一部の投資家の間で流通していました。 しかし、日本でも通貨として承認され、今注目されはじめています。 その人気から、池上彰氏がテレビ番組の特集で解説しています。
ゆうか | 8,217 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anzu anzu