2018年12月24日 更新

シアコインで自分のパソコンの空き容量を有効活用【クラウドストレージ】

シアコインを使うと、自分のパソコンの空き容量を貸し借りすることが可能です。ブロックチェーン技術によりセキュリティ面も安心ですし、一般的なオンラインストレージと比較して運営コストがかからないため、10分の1の安さを実現しています。

シアコインは個人間でパソコンの空き容量を貸し借りすることが可能なシアというサービスにおいて支払い用に利用可能なコインです。
通常パソコンが容量不足になって、容量を追加したい場合、外付けハードディスクを利用したり、USBメモリを利用したり、オンラインストレージを利用したりという方法があります。
シアというのは画期的なサービスで、ブロックチェーンの技術を活用することにより、低コストで大きな容量のストレージを利用することが可能になります。
また、パソコンの容量が余っている人は自分の空き容量を貸すことで簡単にお小遣い稼ぎができます。
その際に、データのセキュリティ面が心配になりますが、シアの場合は、ブロックチェーン技術によりデータを暗号化した上で分割して、複数ノードに分けて保存しますので、他人がそれを復元して中身を見るということは不可能です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
 (28161)

一般的なオンラインストレージと比較して10分の1の安さ

オンラインストレージサービスとして有名なところには、
アマゾンS3、グーグルクラウド、マイクロソフトアジュールなどがありますがいずれもコストが高く、
例えば5テラバイトのストレージを利用した場合、月額コストは、100~120ドルほどかかります。
一方、シアの場合は、わずか10ドルということで、10分の1で利用できるのです。
一般的なオンラインストレージサービスは、スペックの高いサーバーの用意、セキュリティ対策やバックアップなど様々な運営コストがかかっており、それが利用料金に転嫁されていますが、
シアの場合は、ブロックチェーンの技術を活用して私たち個人のパソコンの空き容量を利用しますので、運営コストがほとんどかからず、利用料金も安く抑えられているのです。

line

シアコインの競合サービス

このようなクラウドストレージサービスは、シアコインの他にもストレージやメイドセーフなどの競合サービスも存在しています。
そのため絶対に安泰ということは無いのですが、現状では、ストレージはセキュリティ面に問題があったり、メイドセーフはまだまだ開発途上という問題があり、シアコインとは天と地との差があります。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
9 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ

おすすめの記事

今注目の記事