2018年5月8日 更新

ビットコインの使い方

現行通貨と違うことはわかるけど、使い方が分からない人に向けて書きました。ビットコインの使い方について調べてみました。

 (5753)

入手方法

1.購入
お金を払い、トレードする方法
2.採掘
発掘されていないブロックを採掘する方法
3.収入
対価として、手に入れる方法
手に入れるために購入以外にも方法がありました。
手にいれたい人のために、最も手っ取り早く、効率が良い入手方法をご紹介します。

それは取引所、または交換所で買うことです。いまから個人レベルで採掘しようとは思わない方が良いです。

なぜなら既に多くのITのプロ集団が本気で採掘に取り組んでいて、参入障壁が高すぎるからです。

そのため、Fiat(法定通貨)という既に価値のあるお金を使って、既に市場に出回っているBTCとトレードした方が最も効率的です。

もちろん取引レートはあなたが一番良いと思うタイミングまで待ってから買えば良いのです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

使い方

日本国内ではまだ少ないと言わざるを得ません。(参考記事「日本国内でビットコイン支払いができるお店をご紹介!」)
例えば以下のようなサイトですでに支払いが受け付けられています。
またBTCによる寄付(ドネーション)の受付は徐々に広まってきているようです。

・WordPress.com 記事・BTC での支払いが可能になりました
・WikiLeaks
・Tokyo Codes
・Overstock.com ※米国の通販ストア

財布(ウォレット)って?

ビットコインを貯めて、送金したり支払いを受けたりできる、まさしく財布の機能を果たすアプリケーションです。
使用するには、必ず自分のウォレットが必要になります。
Bitcoin QTのようなPC用アプリケーション型のウォレットや、Blockchain.infoやcoinbaseのようなオンラインサービス型のウォレットがあります。
いずれのウォレットも基本的に無料で使うことができます。
本では他に便利な決済手段がたくさんあるので本格的に普及するかどうかは分かりませんが、世界では「お金をちょろまかされる風習がある国」とか「海外の家族に安価な手数料で海外送金をしたい人」などがいて、現金より便利に使える可能性があります。

暗号通貨は今までのお金とは違い全てはネット取引になります。
送金する時には口座番号に相当するランダムな文字列のアドレスに宛てて送ります。
また、送金完了までにconfirmationというプロセスがあり、反映までに少々時間がかかります。

このあたりの操作感を早めに体験しておくのは良いことだと思うのですが、実際の現金で購入して試すにはハードルが高いです。
仮想通貨なので、現行通貨が流通している現代社会ではあまり浸透していないようです。ネット上では取引が盛んみたいです。
・送金の仕方
相手方に送金するためのアドレスは、暗号の世界において公開鍵と呼ばれるものなので、外の世界にもれても特に問題はないと思います。ただ今のところ大っぴろげに見せることもないと思い、アドレスにはすべてモザイクをかけさせてもらってます。
・投資をして儲ける
世界各国が量的緩和で通貨の価値が下がる中、金(ゴールド)と同様、今後の価値上昇が期待できるビットコインをbitFlyer(ビットフライヤー)で毎日コツコツ500円程度、ずつ積立て投資しています。まだ日本ではコツコツ積立てをしている人も少ないと思うので、実際に毎日積立て、情報発信をすることを目的に積み立てています。
実際にビットコインを使って、投資をし始めている人が増えています。
現行通貨でも投資はできるのですが、何だかやりにくいイメージがありますね。
投資がやりやすいイメージがあるのでしょうか。今後の用途に注目です。

為替と同じく変動する

 (5754)

相場は円相場と同じように、刻一刻と変動する。7月1日には1BTC=9000円前後だったが、5日に6000円台まで下落。手続きが完了するまでに相場が上昇し、結局8960円の時点で3BTC注文した。

 1分以内に取引が成立し取引手数料は0.6%。2万6880円相当のBTCを手に入れるのに160円ほどかかった。MTGの登録者数は現在、世界で57万人。米国人が36%を占め、次いで英国人7%、中国人5%、日本人は約1650人と1%にも満たない。

 「ビットコインストア」という米国の電子商取引(EC)サイトを見つけ、入手したBTCで腕時計を買うことにした。価格は0.91BTC(当時の相場で77ドル)。購入を決定すると「15分以内にアドレスへ振り込め」と指示があった。
儲けるためには、為替の知識が必要になってきます。

まとめ

いかがでしたか。
登場して以来、お金に関して考えるようになりました。お金の何を考えたかというと、お金を得るための手段が増えたということです。お金とは交換・増殖・貯蓄という3つの手段があって、私たちの生活を支えています。その手段を得るために私たちは働きに行くのが常識でした。しかし、ビットコインができてからその常識が通用しなくなったのではないかと思いました。パソコンや携帯電話さえあれば、誰でもどこでも稼げる時代になったのではないでしょうか。新しいライフスタイルが確立するかもしれませんね。
BTCが使える店はまだ少ないですが、徐々に増えてきつつあります。
また、実店舗だけでなく、WordPress.com、WikiLeaks、Tokyo Codes、Overstock.comなどのようなネットショップでも使えるようになっています。
BTCの相場は変動しますので、それをうまく利用してトレードして稼ぐことも可能です。

line

アルトコイン訴求
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

リスクの保管には、デスクトップウォレットの「リスクナノ」、モバイルウォレットの「リスクウォレット」、ペーパーウォレットの「リスクペーパーウォレット」などがあります。ハードウェアウォレットの対応はありません。それぞれ一長一短ありますので、自分に合ったものを使いましょう。
しょーじ | 82 view
使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

Jaxxは、51種類もの仮想通貨に対応していて、ユーザーインターフェースが分かりやすいモバイルウォレットアプリです。バックアップも簡単なので、端末が壊れたり紛失してしまっても安心です。
しょーじ | 87 view
マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

BitPay社が提供しているウォレットアプリ「Copay」は、秘密鍵を端末内に保管、二段階認証に対応、オープンソースによる開発と、セキュリティ的に万全で安心して利用することが可能です。日本語に対応しており、使いやすいインターフェースです。
しょーじ | 100 view
国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

日本のbacoor株式会社が開発しているイーサリアム向けのウォレットアプリ「HBWallet」を紹介します。ユーザーインターフェースはシンプルで分かりやすく、2018年3月には10万ダウンロードを達成しています。
しょーじ | 207 view
コインチェック事件で分かった、ウォレット管理の大切さ

コインチェック事件で分かった、ウォレット管理の大切さ

取引所はハッカーから見ると格好の獲物ですので、取引所に仮想通貨をそのまま置いておくのは非常に危険です。そのため、自分で管理できるウォレットを用意してそこに仮想通貨を入れておきましょう。
しょーじ | 131 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

s16ak009 s16ak009

おすすめの記事

今注目の記事