2017年9月1日 更新

クラウドファンディングスターベースのICO

クラウドファンディング、クラウドソーシング向けのプラットフォーム提供と技術コンサルティングを行うスターベースのICOを紹介します。

スターベースとは?

 (19917)

シンガポールを拠点とする会社で、クラウドファンディング、クラウドソーシング向けのプラットフォーム提供と技術コンサルティングを行う予定で、これらのプラットフォームは、一部オープンソースで提供するとのことです。
waves等のオープンソースプロジェクトをベースに開発されています。
このスターベースのプラットフォーム上において、スタートアップ企業やスキルのある個人やイベント企画者等は、トークンの発行を通じて資金調達を行うことが可能です。
そして、一般のユーザーは、スターベース上の仮想通貨であるSTARトークンやビットコイン、イーサリアムを使って購入したり投資したりすることが可能です。
このトークンの発行は、誰でも無秩序にできるというわけではなく、
スターベースの評価チームによってデューデリジェンスされ、審査に通過した場合にのみトークンの発行ができる仕組みです。そのため、専門的な知識が無くても安心して参加することが可能です。
また、上記のような資金調達向けだけでなく、暗号化トークンを使って人材採用や給料支払向けに使うことも可能です。資金の少ないスタートアップにとっては、有力なエンジニアを雇用するのは困難ですが、給料やストックオプションではなく、トークンを使うことでそれが可能になります。
ファウンダーは、佐藤智陽氏という日本人の方です。
佐藤智陽氏は、ブロックチェーンコミュニティの中でも注目されている若手起業家で、
スマートコントラクトジャパンのファンダーでもあります。

スターベースのICO

スターベーストークン(STAR)は、イーサリアムベースのERC20 トークンです。
当初は、2017年7月1日スタートの予定でしたが、延期になり、2017年9月5日スタートに変更になっています。45日以内に250万USD調達できないと延長するとのことです。
インフレ型の仮想通貨で、初期発行数は1,000,000,000STARです。発行数の75%はスターベースが保有し、125,000,000をICOにより売り出します。
基本的な売り出し価格は、1STAR = 0.19200CNY = 0.03USDですが、購入が早ければ早い程ボーナスが付いてお得なようになっています。購入最低額は、7.00 CNY(1.00 USD)からで、少額から購入可能です。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

反マネーロンダリングとKYCプロトコルをコードに統合した世界で唯一の特許出願中の電子通貨、AMLビットコイン(英表記:AML BitCoin)を創立したNAC財団 LLC(有限責任会社)にとって、慌ただしい新年の始まりであった。
管理者3 | 48 view
KYC.LEGALとQurrexがハイブリッド仮想通貨取引所で提携

KYC.LEGALとQurrexがハイブリッド仮想通貨取引所で提携

KYC.LEGALとQurrexはハイブリッド仮想通貨取引所構築プロジェクトにおける戦略的提携を発表した。
管理者3 | 43 view
PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。
管理者3 | 89 view
KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォームKYС.LEGAL(ケーワイシー・リー ガル、以下KYC.LEGAL)が、提供する認証サービスの第二ステージをローンチする体勢を 整えた。
管理者3 | 75 view
ウェブサイト構築ツール業界をAIでディスラプトするuKitがICO 2

ウェブサイト構築ツール業界をAIでディスラプトするuKitがICO 2

ウェブサイト構築ツール業界をAIでディスラプトするuKitがICO
管理者3 | 31 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ