2017年5月25日 更新

リップルコインは取引所(ゲートウェイ)でしか購入できない!

リップルコインを購入するには取引所(ゲートウェイ)でしか行えません。他の仮想通貨と異なるリップルコイン取引の特長や、現在日本円で購入可能な取引所や注意点について解説していきます。あまり詳しくないという人は是非参考にしてみてください!

オフィス街でTELするビジネスマン|ぱくたそフリー写真素材 (19543)

リップルコインはどこで買える?

まず初めによく「リップルコイン」と言われていますが、実はこれは正確ではありません。
米国のリップル社が開発したリップルという通貨間の決済システムがあり、そこで使用されている仲介通貨「XRP」のことを便宜的にリップルコインと呼ぶものです。

2017年現在、日本円でこのリップルコイン、XRPを購入できる取引所(ゲートウェイともいいます)は以下の3か所になります。

・CoinCheck
・Mr.Ripple
・東京JPY発行所

デジタルゲートジャパンという取引所でも、個人ユーザーの購入が可能でしたが、2017年6月末で個人向けの取引を停止することをアナウンスしているので、新規の口座開設は不可能です。
本来は金融機関同士の決済向けのシステムのため、他の取引所でも同様の対応を行う可能性もあります。

リップルコインは通貨ではない?

リップルコインの仕組みの最大の特長は「IOU取引」ということです。
IOUとは「I owe you」、つまり「私はあなたに借りがある」という意味で通貨というよりも借用証書に近いものと言えます。

つまり取引所では顧客から預かったお金の代わりに証書を発行するのです。
借用証書は借りた側と貸した側の間のみ有効なのですが、リップルコインの場合はユーザー同士で通貨のように取引が可能な点がユニークなところです。

ただし、仕組みからもわかるとおり、ビットコインなど他の仮想通貨のように街中のショッピングでの支払いなどには使用できません。

取引所は信用があるところを

仮想通貨については、ついてはいずれも保管に関するリスクがついて回ります。
保管している会社が経営破綻したり、またハッキングされたりすることで無価値になってしまうことが全くないとは言えません。

それでもビットコインなどの場合は、個人で保存しておく仕組みが確立しているのでリスクヘッジが可能なのですが、リップルコインの場合はシステム上、取引所に置いておくことが基本のため、他の仮想通貨以上に慎重な選択が必要です。

また、リップル社の経営状況にも左右されるのは言うまでもありません。
出来る限り安全に利用していくためにも、必ず信用のある取引所を探すことが大事です。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

注目の仮想通貨「リップルコイン(XRP)」の最新情報!

注目の仮想通貨「リップルコイン(XRP)」の最新情報!

次世代型の決済手段として話題の「仮想通貨」の中でも、ビットコイン、イーサリアムと並んで注目度の高い「リップルコイン(XRP)」。勢いを見せている現在の動向、最新情報をお届けします。
ねず | 2,891 view
どこで買えば良い?ライトコインの取引所を紹介!

どこで買えば良い?ライトコインの取引所を紹介!

ビットコインの上位版仮想通貨とも言われるライトコイン。名前は知っていても、どこで買えるものなのか知らない人も多いことでしょう。ライトコイン初心者のための取り扱っている取引所を紹介します。
麻衣 | 264 view
日本でのリップルコインの取り扱い状況は?

日本でのリップルコインの取り扱い状況は?

ビットコインに次いで第2位の総資産額となってがぜん注目が集まっているリップルコインですが、日本での取引状況はどうなのでしょうか。これまでとこれからの日本でのリップルコインを取り巻く状況について解説します!
元塚和秀 | 992 view
リップルコインの価格は?これから上がる?

リップルコインの価格は?これから上がる?

最近話題になっている仮想通貨のリップルコイン(XRP)ですが、価格はどれぐらいまで期待できるのでしょうか。2017年5月現在1XRP=37円となっていますが、リップル社ではXBRの目標を1XRP=1ドルとしていることから今後の値動きに注目が集まっています。これまでの値動きからトレンドをさぐっていきます。
元塚和秀 | 3,245 view
世界の通貨を橋渡し!リップルコインとは世界を変える通貨?

世界の通貨を橋渡し!リップルコインとは世界を変える通貨?

最近話題になっている仮想通貨のリップルコインとはなにかご存知でしょうか。米国のリップル社が発行するXRPという通貨です。リップルコインは有名なビットコインとは何が違うのか、どんな特長があるのか、そして投資にも有効と言われている理由について解説します。
元塚和秀 | 844 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

元塚和秀 元塚和秀