2017年4月4日 更新

ビットコインにはメリットがいっぱい?!全世界が注目する仮想通貨

仮想通貨のビットコインを決済に採用する企業が増えてきています。全世界が第3の通貨として注目するのがビットコインです。ビットコインは決済はもちろん資産運用にも向いています。

ビットコインにはメリットがいっぱいです

ビットコインのどの部分をメリットと感じるのかはユーザーの立場によってさまざまでしょう。プロの投資家として日々仮想通貨の運用に携わっている人はビットコインの個人間送金のしやすさやハイリターンが期待できる点をメリットとして挙げるでしょうし、日頃のショッピングに決済用通貨として使用している人は加盟店舗の幅広さやポイント還元システムを魅力だと感じるかもしれません。どんな立場のユーザーにも平等にメリットを感じられるのがビットコインの強みであり、通貨としての質が良いことの証明でもあるのです。
眠る・起きる・であなたが変わる、最高の眠りと目覚めを手に入れる方法 - ザ・チェンジ (5670)

国家や企業が関与していないので、例えば個人間の送金においては、次のようなメリットが存在します。


1.個人間で文字通り「直接」送金できる
2.手数料が無料か格安
3.監視や制限が存在しない



1. 個人間で文字通り「直接」送金ができる

一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要があります。しかし、ビットコインの場合には、個人間が直接支払うことができます。ビットコインを使うメリットとして、直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、ビットコインを使えば直接相手にお金を支払うことができるのです。


2. 手数料が無料か格安

仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う必要がありません。これは個人間の少額な支払いにおいては、非常に重要な特徴です。銀行送金でも、クレジットカード支払いでも、一定の手数料が存在します。そのため、少額の商品の売買が難しくなったり、ビジネスの利益率が下がったりします。
ビットコインは、その最大のメリットとも言える直接送金のしくみのおかげで、従来の手数料の概念を覆した決済を実現するのです。


3. 制限が存在しない

ビットコインでの決済は銀行を経由した決済では無いので、煩わしい手続きや制限が存在しません。お金の流通が、より自由に行えるようになります。
また国によって通貨の単位が異なるといった特徴もありませんので、ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。そのためにはもっとビットコインが広まって、ビットコインでの支払いを受け付けるお店が増える必要がありますが、いまでもすでにビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在します。

ビットコインを手に入れるには?

現在、ビットコインを入手するには取引所・販売所(ビットコインと日本円の交換所)で購入するのが一般的です。国内の交換所はいくつかありますが少額を購入するだけの場合特に大きな違いはありません。とりあえずはじめたいという方は以下の取引所の比較ページから適当なところを選ぶと良いでしょう。

なお、各取引所のサイトなどではビットコインの価格が表示されており、1BTCあたり数万円の範囲内で推移していますが、0.01BTCなどのさらに細かい単位で、数百円分だけ購入ということも可能です。

取引所上でビットコインの購入を済ませたら先ほど作成したウォレットに忘れずに送金しておくようにしましょう。

ビットコインが注目される理由

ビットコインが世界的に注目されるのは、投資用と決済用、両方の側面をバランス良く併せ持っているからだと考えられます。投資用の面ではとくに中国でニーズが強く、政府がビットコインによる取引を公式に禁止しているにもかかわらず中国元によるビットコイントレードが全体の8割を超えるなど、国内での仮想通貨バブルは未だおさまる気配を見せません。決済用通貨としての側面に焦点をあてれば、日本国内だけでも東京都心を中心にビットコインで支払いが行えるバーやレストランが増えつつあり、さらにクレジットカードと連動させたポイント還元システムを導入する加盟店舗も増加中で、日常レベルでの利便性も格段に向上しています。
「注目!」のイラスト文字 | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや (5669)

ビットコインとはウェブ上だけに存在する仮想通貨のことです。
ビットコインが注目されるのはその手数料にあります。
世界中で使える上に手数料が格安で、為替の手間も料金もかかりません。
平日、週末、祝祭日問わず、リアルタイムで入出金が可能です。

ビットコインを手に入れたらウォレットが必要です

ビットコインを入手する前にまず「ウォレット」を作成しなければなりません。
ウォレットはビットコインの保管や送金に必要です。
パソコンがあれば数分でできます。
様々な種類のウォレットがあるため、自分に合ったものを作成すると良いでしょう。
 (5671)

ビットコインは非常に便利です

全体の流れで見れば、日本国内でもビットコインの利用範囲を広げようという動きが強まりつつあります。その流れを決定づけたのは日本政府による「ビットコイン公認発言」です。公認といっても国家をあげて仮想通貨の普及を推し進めるわけではなく、株式市場のように金融政策によって介入するということでもありませんが、それでも、政府の公式見解によってビットコインが明確に定義づけられたことは今後の本格導入のうえで大きな前進であるととらえることができます。

但し、ビットコインの取扱いには注意も必要です

ビットコインを使うのにQRコードを利用する場合が多く、
スマートフォンでウォレットが利用できると非常に便利です。
アップル、ビットコイン財布iOSアプリを再開   « WIRED.jp (5866)

ウォレットアプリやオンラインのウォレットサービスに登録すると、
口座番号にあたるウォレットIDが送られてきます。

但し、銀行口座のように銀行が管理してくれるわけではなく、
例えばビットコインを誰かに盗まれたり、または送金先を誤ってしまったりした場合でも
自己責任になるというわけです。

ウォレットを作成したら必ず覚えておく事とは?

ウォレットには2つの鍵があります。

「公開鍵」と「秘密鍵」というもので、
秘密鍵は数十桁の数字とアルファベットから成り、この秘密鍵から公開鍵が作成されます。

公開鍵は誰にでも公開しても問題はありませんが、秘密鍵だけは絶対に公開してはいけません。
カギの救急車 京都/五条通店・下鴨店 (5862)

秘密鍵を公開してしまうとどうなるのでしょうか?

「秘密鍵」を公開してしまうと、ウォレットは使われ放題になってしまいます。
もしくは「秘密鍵」をなくしてしまうと、ウォレットは使用不可能になってしまいます。
ですので、アプリケーション型のウォレットは秘密鍵のバックアップを別のパソコンに保存をしておく、
もしくはペーパーウォレットととして印刷して保管しておきましょう。

ビットコインのATMが登場しました

現在、世界各地で増えているのがビットコインのATM「Robocoin」ロボコインです。
ビットコインの自動販売機になります。
安全性を重視する方にはロボコインがお勧めです。
 (5859)

ビットコインのATMは安全性が高いです

ビットコインのATMは運転免許証のスキャニングに始まり、
手のひらの情幕認証、顔写真の撮影という本人確認機能を備えています。

現金でビットコインを購入する場合は本人確認を行い、
プリントアウトされたQRコードをウォレットアプリで読み取ると本人確認とウォレットの認証が完了し、
自分のウォレットに反映されます。

ビットコインを現金化する場合も、出力されたQRコードを読み取れば、
指定された銀行口座に現金が振り込まれます。

ビットコインは日本人向けである

今後の日本を考えたとき、国の膨大な借金、増税、少子高齢化による労働力の低下、医療費や年金の高騰、そして、「マイナンバー制度」と国は円を安定させるために様々な施策を行っている。このまま国の借金が増え続けたら極論であるが、1万円札がただの紙切れになる可能性もある。というのも日本は先進国の中で唯一ハイパーインフレを2度経験している国である。水野氏は無駄に不安を煽るわけではないと前置きし、全ての資産を円で持っているリスクは大きい、その分散先に適しているのが仮想通貨であると語る。
分散投資の1つとしても魅力的ですね

最後に・・・

ビットコインには本物の通貨と違うメリットがいっぱいあります。
安全性を心配する声も多いですが、
これからのインターネット社会にはなくてはならないものになるでしょう。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

儲けたい人へ 今はFXよりもビットコインです

儲けたい人へ 今はFXよりもビットコインです

仮想通貨のビットコインをご存じでしょうか?2014年の「マウント・ゴックスショック」で一躍有名になりましたよね。悪いイメージばかりのビットコインですが資産運用の側面からみるとかなり面白いことがわかりました。今回はそんなビットコインについてご説明させて頂きます。
M&K | 20,323 view
必見☆仮想通貨のお話

必見☆仮想通貨のお話

仮想通貨が世界中で普及されてきています。日本では仮想通貨に関する法案が設立されたり、国がついに規制に乗り出しました。今回はそんな仮想通貨の話を進めていきたいと思います。
M&K | 584 view
知っておくべき暗号通貨の面白いお話

知っておくべき暗号通貨の面白いお話

暗号通貨ではビットコインが有名ですね。でも、暗号通貨はビットコインだけではないんです。色々な種類がありそれぞれ違った特性を持っています。今回はそんな暗号通貨のお話をさせて頂きます。
M&K | 2,192 view
完全復活したビットコインの今後は?

完全復活したビットコインの今後は?

マウントゴックスの破たんによりビットコインの信頼性は失墜しましたよね。しかしまた人気が再燃し、今や完全復活を遂げたビットコイン。なぜ再び注目を浴びるようになったのでしょうか?
M&K | 11,571 view
あなたの知らない世界☆仮想通貨のビットコインは危険なのか?

あなたの知らない世界☆仮想通貨のビットコインは危険なのか?

仮想通貨と聞くとビットコインを頭に浮かべる人は多いと思います。日本ではその危険性ばかりが取りざたされていて欧米などに比べるとまだまだ普及率が低いのが現実です。今回はビットコインが危険なのか?についてご説明させて頂きます。
M&K | 942 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

M&K M&K