2018年6月25日 更新

ラインの子会社とアイコン財団が提携してアンチェーンを設立

2018年5月16日にアイコン財団とラインの子会社が提携することにより、ラインのブロックチェーンネットワークを構築することになりました。それにより、トークンエコノミーのプラットフォームを作成し、ライン向けに分散型アプリケーションを提供するのを目指すとのことです。

アイコン財団とラインの子会社が提携してアンチェーンを設立

アイコン財団は2018年5月16日にラインの子会社であるラインプラスと提携し、
アンチェーンを設立して、ラインのブロックチェーンネットワークを構築することになりました。
アンチェーンでは、トークンエコノミーのプラットフォームを作成し、
ライン向けに分散型アプリケーションを提供するのを目指しています。
アンチェーンのCEOには、アイコンのテクニカル・ディレクターであり、ブロックチェーンや人工知能の専門知識を有している李洪圭氏が就任する予定です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

ライングループにおける、ラインプラスの位置づけ

ラインプラスは、2013年3月にラインの子会社として韓国で設立されました。この会社は、ラインがグローバル市場で成長を遂げるために設立されており、ライン事業の海外マーケティングの他、グローバル戦略や海外進出を担い、50ヶ国もの国籍のスタッフが在籍しています。
そして、ソーシャルネットワークサービスを運営していますが、全世界で月間2億人以上のユーザー数になっています。
ラインプラスは今回の件とは別に、2018年4月にブロックチェーンの研究のためにアンブロックという会社を設立しています。
このアンブロックと共に、アンチェーンも欄のブロックチェーンサービスを開発していくとのことです。
 (27830)

line

アイコンが目指すもの

アイコンは、色々なブロックチェーンのコミュニティを接続して、世界中でブロックチェーンが使われるような環境になることを目指しています。
例えば、BTC、ETH、ネオなどのようなパブリックブロックチェーンの接続や、銀行や証券会社、病院、大学などで使われているプライベートブロックチェーンの接続などです。
これらをアイコンのブロックチェーンを介して行うことで、仲介が必要無く、情報共有できるようになります。
今回のこのアイコンとラインプラスとの提携が、その目標を大きく進展させるのではと期待できます。
ラインプラスの月間2億人以上のユーザーがアイコンのブロックチェーンを利用するようになれば、アイコンの価値向上にもつながっていくでしょう。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

韓国版のイーサリアムとも呼ばれる「アイコン」

韓国版のイーサリアムとも呼ばれる「アイコン」

アイコンは、韓国版のイーサリアムとも呼ばれる仮想通貨で、同様にスマートコントラクトの機能を持つ中国のネオと並び注目されています。独自のスマートコントラクトや分散型取引所や短くて分かりやすいウォレットアドレスなどの特徴があります。
しょーじ | 22 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ