2016年7月25日 更新

【未来が変わる】イーサリアムのスマートコントラクト

今の社会システムを大きく変えるほどの、革新的な技術が含まれていると考えられている「イーサリアム」。その技術のポイントはスマートコントラクトにあります。まだまだ馴染みのないスマートコントラクトの将来性と、可能性についてまとめます。

スマートコントラクトの定義

 (11138)

「スマートコントラクト」には現在、明確な定義がありません。
仮想通貨やブロックチェーン、ビットコイン、イーサリアムの話題になると必ずと言っていいほど登場する単語「スマートコントラクト」。

実は、まだ定義付けされていないのです。

この分野の進歩は非常にスピードが速いため、定義付けすることによって、新たな発想や進化についていけなくなる可能性が高く、現時点ではあえて定義付けしない状況となっています。

仮想通貨、ブロックチェーンの進化は、非常にスピードが速い証拠ですね。

イーサリアムにおいてのスマートコントラクトとは?

 (11142)

イーサリアムの場合、プログラムのことを「コントラクト」と呼ぶ。
なるほど、これは分かりやすいですね。
大まかに説明するとデプロイする人が①コントラクトを作成→②ブロックチェーン上にコントラクトを配置→③コントラクトに命令を送る という3段階を経て動き出す。
 (11146)

コントラクトという言葉自体には、契約という意味があります。
つまり、イーサリアムのシステムには、契約がすでに組み込まれているということです。
 (11148)

今まで仮想通貨(暗号通貨)は「送金が速い」「手数料が安い」などいい面はありましたが、そこにこの「契約」というものをつけることに成功したのが「イーサリアム」なのです。

例えば、あなたが仮にネットショッピングをしたとします。

そして代金を仮想通貨(暗号通貨)で払うのと、銀行振り込みやカードで払うのでは手数料や、送金の速さが違うくらいで大きな違いはありませんでした。
確かに、ビットコインでインターネットショッピングをすると、購入手続きとほぼ同時に決済ができますが、商品を受け取る保証はないですね。

イーサリアムのスマートコントラクトが商取引で画期的な点は?

「スマートコントラクト」という技術を使うことで、コインに契約を載せることができるのです。
なので、コインは送金するけど商品が届くまでは相手はその料金を受け取ることができません。
なので、商品と引き換えに着金できるということになるのです。
イーサリアムのスマートコントラクトが注目されている理由をご理解いただけたでしょうか。

仮想通貨で商品代金を即時決済します。
しかし、その通貨を店舗が換金できるのは、商品受け取り確認後なのです。
商取引での安全性が非常に高まります。

通貨に契約を組み込むと社会が変わる

 (11155)

スマートコントラクトで、契約を交わす場合は、このようになります。

まずAさんは、そのマンションの一室を2年間借りるという契約を、電子署名し、偽造できないかたちで、ブロックチェーンに書き込むことができます。その契約は、特別な認証機関なしに、ネットワーク参加者の全員がで管理することができるので、不動産との契約が必要なくなります。そして、その契約が正しいか、正しくないかは、ネットワーク参加者で明らかにできます。

そして、すべての契約はスクリプト化されているので、期日がきたらコンピュータが自動的に契約を執行するようにできます。契約期間が満期を迎えたら、自動的にAさんの賃借権はなくなります。
イーサリアムのスマートコントラクトでマンションの家賃を支払うようにすると、通貨自体に契約書が含まれているので、契約書、印鑑、住民票などの各種書類がいらないのです。

著作権の保護もスマートコントラクトで可能です

デジタルコンテンツの保護に、認証キーを使用して、コンテンツの販売時をイーサリアムのスマートコントラクトで行います。

支払う仮想通貨のブロックチェーンに、認証キーの情報を含めると、こうなります。
音楽を聞く際にキーを要求すればい。そのキーは、iTunesが管理するのではなく、ビットコイン的なネットワーク上で所有権を管理する。

この仕組でわたしがある曲を、別の人物に譲渡した場合、私はその曲をもう再生できない。再生できるのは譲り受けた人物だけだ。そしてその人物も曲のコピーができない。
いかがでしょうか。
イーサリアムのスマートコントラクトが持つ革新性は、将来を変える可能性があるほど、大きく有望です。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仮想通貨に興味ある方必見!イーサリアムの特徴をチェック

仮想通貨に興味ある方必見!イーサリアムの特徴をチェック

イーサリアムは、ビットコインと同じく仮想通貨です。ビットコインに足りない部分や必要な技術を取り入れていて、サービスに優れています。イーサリアムの仮想通貨はイーサーと言います。簡単に購入することができ、簡単に売却することができます。どういう点が優れているのかまとめてみました。
pdsvh8295m6n | 790 view
ICOの可能性とリスクについて調べてみた

ICOの可能性とリスクについて調べてみた

そんなとき、何をさておき必要なのは、お金です。銀行に借りる? 株式を発行して投資家に買ってもらう? そうした従来の手法と違い、今、注目されているのが「ICO」。何かと話題の「仮想通貨」を使った資金集めです。世界では、ことしだけで1000億円を超える資金が集まったとも言われ、国内でも活用例が出始めています。
じょにー | 69 view
なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

コインチェックを見るとジーキャッシュがAlphaBayというサイトで、正式に採用されたことによって価格を順調に上げています。 倫理的な是非はともかく、Zcashはこれからも値上がりを続けると思いますので記事にしました。
じょにー | 196 view
仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

Bitcoin(ビットコイン)をはじめとする、仮想通貨の認知度がここ数年で一気に高まっている。2017年には改正資金決済法が施行され、仮想通貨についても法律で規定されることになった。その結果、仮想通貨の取引所は法的根拠を持つ一方で、規制の対象にも組み入れられた。
じょにー | 72 view
世界的な大手銀行『JPモルガン』が興味を示すジーキャッシュとは??

世界的な大手銀行『JPモルガン』が興味を示すジーキャッシュとは??

zcash(ジーキャッシュ)に注目している方にとって嬉しいニュースが報道されました。あの世界的な大手銀行であるJPモルガンがzcash()ジーキャッシュと提携を行なったと正式に発表したようです。 zcash独自の『ゼロ知識証明』の技術がJPモルガンに高く評価されたことにより、今後この技術を取り入れるという話をしています。 世界的な大手銀行であるJPモルガンが動いたということは、このzcashの認知度も飛躍的に上がっていくことでしょう。
じょにー | 96 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

letyour8 letyour8