2018年2月21日 更新

知っておこう、ビットコインの投資と税金の関係

取引数として日本では、ビットコインを利用して投資を行っている方はごく少ない状況にあります。それは、株式の市場で公に取り扱われてない為でもあります。しかし、ビットコインを使用しての取引も投資の一部ではある為、税制には必ず関係してくるのでここでは投資と税金について考慮していきます。

ビットコインの立ち位置

 (18594)

ビットコインは仮想通貨であり、その価値は国や金融機関の干渉を受けません。単純に、その価格が変動する要因は需要と供給のバランスによるものであり、最大発行数が決まってはいるものの1単位の価値は、日本円の1円を遥かにしのぐ価値を現在では持っています。

また、在処は、金融機関の口座ではなく、自分のネット上のデータのみであり、国や金融機関はその価値を保証していません。しかし、ビットコインは、グーグルやマイクロソフトなどのグローバル企業では紙幣と同じような金融的な価値を持っています。

その為、たくさん保有していることで生まれるリスクはその金融的価値の上下のみとなります。
つまり、仮想通貨でありながら世界中の何処にいても現実の商品やサービスを購入できる汎用性の高い通貨です。
bitclubmining

所得に税はつきもの

 (18597)

法律的には、ビットコインは金融商品の法律には現在のところ当てはまりません。その為、株やFXでの利益とそもそも適用される税法が異なってきます。
ちなみに、為替取引で得た収入は20%が税金の扱いとなるため、自分の行っている取引が何の取引に該当するのかしっかり理解しておく必要があります。

また、源泉徴収されない所得は確定申告の必要性が生まれることもある為、主な給与以外の所得が20万円以上であれば税務署などに早めに相談することをお勧めします。

ビットコインの取引の位置づけで主に考えられるのは、様々な収入をひとまとめにした雑所得か贈与所得のどちらかになります。得た金額によって徴収される金額は前後しますが、どちらの税法が適用されるのかわからなければ早急に確認しましょう。
また、確定申告は申告場所でも相談することが出来るのでその点も忘れないでください。
アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

ビットコインの今後の立ち位置の変化

現在のビットコインは、どちらかというと物的な資産価値としての面が強くなっています。現在の日本の法律では、円と同じような金融商品としてカウントしていません。

しかし、それはあくまで現在の状況であり、立ち位置は変化する可能性があります。

その為、投資という側面を抜きにして考えても特性を知りその扱いを知ることは、世の中の金融商品の全体の流れを知ることにも繋がります。
これから投資を考えているという方は、候補にいれてみてはいかがでしょうか。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

経済が怪しい?スペインのビットコイン事情

経済が怪しい?スペインのビットコイン事情

スペインは現在、失業率が上がっていて経済的に不安定な国です。金融危機の不安も囁かれています。では、ビットコインの扱いはどうなのでしょうか?
ほろん | 955 view
ビットコインって確定申告は必要なの?

ビットコインって確定申告は必要なの?

ビットコインはまだ始まったばかりの仮想通貨ですが、多くの方は投資に利用しています。得た利益に確定申告は必要なのでしょうか?
ほろん | 10,469 view
仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

2018年の話題の投資先として色々な案があるかと思いますが、仮想通貨はチャレンジする、しないに限らず絶対におさえておきたい案件だと言えます。有名なものは、ニュースやテレビコマーシャルなどでも度々目にするビットコインだと思いますが、他にも色々な通貨がありますので、まずは広く視野を広げる必要があります。
管理者3 | 305 view
ビットコインゴールドでかしこく節税!脱税をさけるポイント

ビットコインゴールドでかしこく節税!脱税をさけるポイント

ビットコインをはじめ仮想通貨取引によって一定以上の利益を得た場合、その利益は法律上課税対象となります。つまり、ビットコインゴールドを介して取引を行うと、少なからず納税の義務を負うということです。これは、裏を返せばきちんと利益を申告しなければ脱税と見なされるということですから、取引をはじめる前にあらかじめ税法上の正しい知識を身につけておく必要があります。
管理者3 | 350 view
ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 1,016 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

猫らぶ 猫らぶ