2018年6月26日 更新

2018年にマイニングを始めるなら、OZマイニング一択!

世間ではマイニングが流行っていますが、2018年これから素人が参入するのであれば、自分でマイニングするのではなくクラウドマイニングにするのが良いでしょう。その中でもOZマイニング一択と言える状況です。その理由を詳しく説明します。

2018年は個人がマイニングを始めるのは難しくなってきている

仮想通貨の価格高騰に伴いメディアでも大きく報道され、BTCなどをマイニングすることが流行っていますが、これから参入するのであれば何の知識もない素人には難しいのではないでしょうか?
数十万円もする高額なマイニング用のコンピューターを用意してマイニングする必要があります。
夏は放熱をうまくやらないと部屋が非常に暑くなりますし、場合によっては熱暴走でシャットダウンしてマイニングが止まってしまいます。
さらに国内の電気代は、1kwhあたり28円程度と世界的に見て高い部類に入ります。
このような状況で、中国やアイスランドなど、電気代が安く寒冷で放熱処理も簡単な地域で大規模にマイニングしている業者に素人が戦いを挑んでも勝てるわけがないのです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

line

素人でもマイニングで利益を出す方法

ではこのような状況下で利益を出すにはどうすればよいのでしょうか?
クラウドマイニングという仕組みがあります。
これは多くの人々で資金を出し合って大規模にマイニングを行うもので、資金さえ出せば、専門家が代わりにマイニングを行ってくれます。自分でマイニング用のコンピューターを用意したり、電気代の心配をする必要は無いのです。
また、多くの人々の資金が集まって大規模になりますので、大口契約で安価に電気やマイニング用のコンピューターを調達できるのです。
その中でも特におススメはOZマイニングです。これからクラウドマイニングを始めるならOZマイニング一択と言っても過言ではないでしょう。
OZマイニングは、2017年11月に設立された新しい会社ではありますが、親会社が熊本電力という電力会社ですので、国内最安クラスの電気代で電気を調達しています。
これだけでも他の国内マイニング業者は太刀打ちできないでしょう。また、1kwhあたり10円台というのは海外と比較しても十分に安い範囲です。
なので、これからマイニングを始めようという場合には、OZマイニングに申し込んでみましょう。きっと満足のいく結果が得られることでしょう。
 (27505)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

熊本発のマイニング事業者「OZマイニング」は様々なマイニング需要に対応

熊本発のマイニング事業者「OZマイニング」は様々なマイニング需要に対応

OZマイニングは、安価に供給される電力を武器に、小規模なユーザーにはクラウドマイニング、大規模なユーザーにはマイニングファームというように、様々な規模のマイニング需要に対応しています。
しょーじ | 50 view
OZマイニングのマイニングファームはリーズナブル

OZマイニングのマイニングファームはリーズナブル

マイニングファームは大規模にマイニングを行うための施設で、海外では中国やアイスランドに多く設置されていますが、国内では電力会社の関連会社ということでリーズナブルにマイニングファームを設置できるOZマイニングがおススメです。
しょーじ | 67 view
クラウドマイニングを比較してみたら・・・OZマイニングで決まり!

クラウドマイニングを比較してみたら・・・OZマイニングで決まり!

クラウドマイニングは海外の会社を中心に色々ありますのでどこが良いのか比較してみました。やはり海外よりも国内の会社が安心で、その中でも親会社が電力会社ということで安価なコストで電力を調達できるOZマイニングが最有力候補になるでしょう。
しょーじ | 99 view
今マイニングで赤字なら、OZマイニングの利用を検討するべき

今マイニングで赤字なら、OZマイニングの利用を検討するべき

マイニングでは報酬部分だけがクローズアップされ、電気代は見えにくいです。一度状況を詳しく調べてみて赤字なら、OZマイニングの利用を検討してみましょう。
しょーじ | 373 view
OZマイニングを利用すれば電気代メリット大

OZマイニングを利用すれば電気代メリット大

マイニングをする上での大きな悩みは電気代です。せっかくマイニングで報酬が発生したと思っても、電気代が高くついてしまい赤字になってしまったというケースもあります。クラウドマイニングを利用すれば、そのような電気代の心配は無くなります。
しょーじ | 148 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ