2017年11月30日 更新

ICOのなかでも割と知っておかないといけないクラウドセールとは

ICOはいわゆる仮想通貨開発への投資へとつかわれることもありますが、その中でもクラウドセールという単語を見ることがあると思います。 その時に知らないようでは話にならないので知ってもらえたらと思います。

ICOとは一体何か

ICOは世界中の人が投資ができるサービスとなっています。
キックスターターなどのクラウドファンディングと趣旨は似ていると考えても良いかもしれません。

現金を直接やり取りするんではなく、ブロックチェーンの技術を用いて投資を仮想通貨で行うことがこれまでの投資などと大きく違う所ではないでしょうか。
プロセスにかかってくるコストは、通常かかってくる上場などに比べると10倍も安くなると言われいますし、時間や作業量などでも大幅に緩和されています。
ヨーロッパの証券取引所での最低株式公開価格はだいたい2000万円であるといわれており、それと比較しても仮想通貨を使ってアクセスできるICOでのプロセスの合計の金額はおおよそ100~200万円ほどで済み、
中々後手に回りがちなベンチャー側にかかる時間やコストが大きく下げられているのがいいところです。

調達額の上位10位以内にICOが行われたブロックチェーンの企画の中でが4つもプロジェクトとして参入していることからことの大きさがわかると思います。
一方で現在このプロジェクトが全てうまく進んでいないことも事実です。
約150億の最高額を集めたTHE DAOはセキュリティの重大な脆弱性によりプロジェクトそのものが終了し、そのトークンは大暴落することになりました。
また資金調達時1トークン約20円程度であったイーサリアムは多くの新たなプロジェクトのプラットフォームとなって一時期およそ5000倍の高騰を見せ、現在5,000円程度となっている。
Free illustration: Bullion, Gold, Currency, Wealth - Free Image on Pixabay - 1744773 (20494)

ICOの簡単なプロセスをご紹介

プロジェクトを考えていく会社は、将来的に取り組んでいく計画をホワイトシートというものを使って仮想通貨の投資家へアナウンスしなければなりません。
投資家たちは、それらをみてどういうものを作りどう使っていくのかを判断して投資するわけですから、それらをしっかり作るのは開発側として義務が発生します。

オファーというものがあり、これは開発側が特定の人物、投資家に対してこういうものがあるんで一度見てほしいんですがー、という提案になります。
このオファーはプロジェクトのすべてのニュアンスをカバーし、投資額やプロジェクトの期限等をヒアリングし設定します。
ブロックチェーン内でトークンは暗号化されており、投資家にとってはこのトークンは株と同じ金融商品であります。

現在、プロジェクトでトークンに法律的に確立された基準がありません。
そのため個別のオファーによって投資対象を考え、決定することが出来るというわけです。

ICOではブロックチェーンのスタートアップなどでまだ見ぬ新鋭たちが開発を行うために資金の調達を行っている。
この開発者たちのプロジェクトの成功は宣伝などでうまく行い自分たちの価値を見つけてもらえるかにかかって言えると言えます。
この宣伝が終わった後に投資家とのトークンの売買契約が始まります。
通常であればICOを行った開始日にトークンを購入した人へお金の代わりに支払われます。

この方法で売買が完了したのち、発行した企業はお金を払った投資家に対して、ホワイトシートに倣った契約を実行することになります。
購入者は積極的にバックアップしたプロジェクトに参加することができます。
なぜかというとサービスを広めることで発行されたトークンの価値を上昇させることで本来もらっていけるインセンティブが発生し、トークンの価値が上がれば上がるほど売却時にキャッシュを得ることが出来るためである。
Free photo: Firearm, Handgun, Revolver, Gun - Free Image on Pixabay - 409000 (20495)

ICOのリスクは何があるか

仮想通貨市場の規制というのは技術的な問題となっています。
その中で起こっている問題や規範をどう規制しているかを理解している人は限りなく少ないと言えます。
結局のところ見えないお金がやり取りされる仮想の経済では売り手と買い手の直接的な接触がなく、インターネット決済のみで行われるのである意味希薄になるし、わからないところでだまされてしまうというリスクもあります。
プロジェクトを行っている企業のプロジェクトや、そもそもの目的、何がしたいかという本質、この案件について他の投資家達がどう動いているかなど相対的に判断していく必要があります。
実際に、ここ数年でも集金だけして進んでいないプロジェクトがいくつも起こっています。

今急速に発展している仮想通貨を用いたブロックチェーン経済とICOの成長は今までの証券取引市場の形をある程度継承していますが、今までよりもスピード感が非常に速いところが注目できます。
これまでにICOを行ってきたプロジェクトや企業の中には、イーサリアムなどをはじめ、最終的にかなり大きな規模の会社や事業に成長しているのも事実で本当に目が離せません。
現在のICO市場は、投資家や開発陣が本当に重要なプロジェクトを作りたいと考える企業にとって、今まで金銭面でかなえられなかった部分を安価で挑戦できるという門戸を広げたのは称賛に値することです。
今でも新しいプロダクトが続々と登場するなかで、今後有望なプロジェクトを見極め支援していき投資していくことが重要となってきます。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

昨今ビットコインをはじめ仮想通貨が非常に多く誕生しております。 そのなかでもICOという資金調達を経て生まれることが多いのでそのあたりを交えて解説していけたらと思います。
じょにー | 111 view
ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

COMSAの登場によって国内でもICOという言葉を耳にするようになりました。 このICOとは一体何かという所を含めて紹介します。
じょにー | 77 view
新しい資金調達方法でICOというのがあるらしい

新しい資金調達方法でICOというのがあるらしい

IPOというのは聞いたことがあってもICOという言葉はあまり聞きなじみがないと思います。 ICOはクラウド上での上場を指す言葉です。
じょにー | 22 view
上場後よりも利益を狙うなら上場前をおさえよう

上場後よりも利益を狙うなら上場前をおさえよう

仮想通貨取引所に上場されるICO前のコンテンツを知っておけば投資面で大きく利益を獲得することが出来ます。 利益を出すために知っておかなければならないこともあります。
じょにー | 180 view
ICOによって資金調達をしている背景

ICOによって資金調達をしている背景

ベンチャー系の会社が最近資金調達をICOを通じて行っているという話を聞きました。 そもそもICOって何という人やメリットがわからないという人もいると思うのでそのあたりを考えてみたいと思います。
じょにー | 72 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー