2018年2月22日 更新

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。

ビットクラブに関する支払いの大部分がBCHに移行

2018年1月現在、ビットコインは多くの送金需要があり送金詰まりが発生しているため、承認時間が遅れ送金に非常に時間がかかったり、手数料が高騰し1回の送金で数千円の手数料がかかったりするようになっています。
例えば、新規メンバーの登録に99ドルの登録料がかかりますが、2018年初めごろから、その際の送金手数料が17ドル、マイニングプールの購入の際にも手数料が25~40ドルくらいかかるようになっています。
このような状況を勘案し、ビットクラブから2018年2月1日より支払い方法をBCHに移行する旨の発表がありました。また、ビットクラブからのバイナリー、レベルアップ、マッチングボーナス、インフィニティボーナスなど全てのボーナスに関する支払いもBCHでの支払いに変わります。
マイニングマシンの仕入れ先のビットメイン社は、マイニングマシンの購入費用はBCHでの支払いのみなので、そういうのも影響しているのかもしれません。



ビットクラブの興味ある方は
https://bitclubmining.jp/
bitclubmining
bitclubmining

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュは、取引量の増加に伴う送金スピードの低下、送金手数料の高騰など、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために、2017年8月1日にハードフォークして生まれた通貨です。
ビットコインとビットコインキャッシュを比較すると、マイニングの間隔は両者ともに10分ですが、ブロックサイズが異なっています。前者は1メガバイトなのに対して、後者では8メガバイトになっており、決済システムとしては前者の問題点を改善しており、より優れた通貨といえます。有名な投資家でありBitcoin.comのCEOでもあるロジャー・バー氏も後者の方に期待を寄せています。
また、今回ビットクラブがビットコインキャッシュに切り替えていったのに先立ち、世界中では、イギリスのCoinEx、中国のOKEX、香港のKucoinのように、基軸通貨として利用する取引所が出現したり、BitPayなどで決済サービスに使われたり、マイナーがマイニングする通貨を変更したりと、ビットコインキャッシュに乗り換える人が急増しています。
 (22941)

マイニング報酬のみ、BTC支払いのまま変わらず

利用者側としてはビットコインの手数料は高いですが、その手数料はマイナーに入るものなので、マイナー側としては利益は大きいです。
つまり、ビットクラブでもマイニングに関するものは送金手数料高騰の恩恵を受けることになります。
そのため、マイニング報酬に関しては、
ビットコインのマイニングを行う方が利益率が高いため、BTCでの支払いのままとなっています。
ただし、今後世の中の動きとしてBCHが主軸のコインになるような状況になれば、マイニング報酬もBCHになる可能性も言われています。

ビットクラブ内でBTCとBCHの両替が手数料無料でできるように

この仕様変更に伴い、ビットクラブのアカウント内で、BTCとBCHの両替が手数料無料で簡単にできるようになりました。また同時に、ビットクラブでマイニングできるモネロ、イーサリアム、イーサリアムクラシックについてもBCHと同様手数料無料で簡単に両替できるようになります。
ビットクラブにログインし、メニューのMy WalletsのConversion Toolから、両替したい通貨を選択し、両替したい数量を入力すると両替レートと両替後の数量が表示されますので、Convert My Tokensをクリックすると両替が完了します。
通常は両替のために仮想通貨取引所を通すと、いくらかの手数料を取られますので、このようにビットクラブのアカウント内だけで完結し、手数料無料で簡単に両替できるのは素晴らしいと思います。これによりその時の状況に合わせて有利な仮想通貨に両替し、資産ポートフォリオを分散することが可能です。



ビットクラブの興味ある方は
https://bitclubmining.jp/
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

ビットクラブとは?

ビットクラブは、2014年9月に設立されたビットコインのクラウドマイニングを行う会社です。
クラウドマイニングとは、投資家から小口の資金を集め、その資金を元にマイニング機材を導入してマイニングを行っています。
投資家としての参加するためには、まず登録料として99ドルが必要で、登録後は自分の資金量に合わせてマイニングプールを購入するという流れになります。
マイニングプールのプランは、500ドル、1000ドル、2000ドル、そしてその3つ全てセット購入する3500ドルのプランがあります。
そしてマイニングプールを購入したら、契約期間1000日にわたり、毎日マイニングからの収益を受け取ることが可能です。
2017年3月の段階で、全世界での会員数の合計は約20万人と、仮想通貨のビジネスのネットワークとしては世界で最大規模です。それゆえに、仮想通貨の高騰と共にさらに注目を集めており、会員数も伸び続けています。

マイニングの仕組み

ビットコインは、一定期間ごとに取引内容を取引台帳に記録していくことによりより管理されています。そして、その取引内容を他の取引データとの整合性を取りつつ記録していくのがマイニングです。
マイニングに成功すると10分につき1名のみに報酬として新たに発行されたビットコインが受け取れます。2018年1月時点ではマイニング報酬は12.5BTC(約1500万円)です。非常に大きな金額になりますので、それだけに競争も激しくなります。
マイニング報酬は、テクノロジーの進化によって作業コストが下がっていくことを反映して、4年毎に半分になるように設計されています。

line

最新鋭のマイニングマシンを導入

ビットクラブは、マイニングのシェア上位企業のアントプールやビットフューリーと提携しており、アントプールが開発しているアントマイナーシリーズのマイニングマシンやビットヒューリーの製造しているチップを購入し、常に最新鋭のマイニングマシンを導入してマイニングを行っています。

ビットクラブのマイニング状況を確認

ビットクラブに参加したいと思ったときに、実際にどのような形でどれくらいマイニングされているか気になりませんか?ビットクラブでは、全て公開されていますので、安心して参加することが可能です。
まず、第三者機関であるblockchain.infoが運営しているハッシュレート分布のサイトを見ると、世界中のマイニングプールのシェアを円グラフで確認することが可能ですが、世界中のハッシュパワーの約6%はビットクラブがマイニングしていることがわかると思います。また、ビットクラブでは、アイスランドにて膨大なマイニングプールを運営していますが、ビットクラブのサイトにてマイニングプールの状況が実際のマイニングプールの状況を映した動画と共に公開されています。
さらに、マイニングプールのハッシュレートも公開されています。新規のマイニング参入者の増加に伴い、マイニングの難易度は、右肩上がりで上昇を続けており、ハッシュレートが現状維持のままだと採掘できる量は減っていくことになります。
ビットクラブの場合は、2017年3月の約100PH/sから2018年2月の約450PH/sまでハッシュレートが伸びており、
マイニングマシンを常に増強し続けていることが分かります。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブはぶっちゃけ儲かるのか?徹底検証します。

ビットクラブはぶっちゃけ儲かるのか?徹底検証します。

ビットクラブに参加するにあたり、実際のところ儲かるのか徹底検証してみました。
しょーじ | 620 view
ビットクラブではいかにチームを構築するかがカギに

ビットクラブではいかにチームを構築するかがカギに

ビットクラブでもらえるバイナリサイクルツリーボーナスは左右バランスよくチーム構築するのが効率よく稼ぐ近道になります。
しょーじ | 235 view
ビットクラブのランクとは?上げるとどう変わるの?

ビットクラブのランクとは?上げるとどう変わるの?

ビットクラブには6段階のランクがあります。ランクアップのための条件と、効率よく上げる裏技もご紹介します。
しょーじ | 270 view
ビットクラブへ参加するのにリスクはあるのか?徹底検証

ビットクラブへ参加するのにリスクはあるのか?徹底検証

ビットクラブに参加する際にどういうリスクがあるのか?そしてそのリスクはどうすれば抑えられるのか、徹底検証します。
しょーじ | 235 view
ビットクラブの様々なボーナス紹介

ビットクラブの様々なボーナス紹介

ビットクラブには様々なボーナス制度があり、複雑な仕組みです。理解しやすいように詳しく説明します。
しょーじ | 188 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ