2016年3月14日 更新

絶対☆得するビットコインの利用方法

仮想通貨のビットコインです。日本では投機性の高い通貨として人気がありますがそれ以外にもいろいろ得する使い方があるのをご存知ですか?今回はそんなあまり知られていないビットコインの使い方についてご説明させて頂きます。

ビットコインは非常に便利です

ビットコイン(赤) | デザインTシャツ通販 T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ) (6560)

ビットコインの特徴には、送金に銀行やクレジットカード決済業者等の仲介サービスを必要としない、というものがありますが、実際はビットコイン決済を導入している事業者のほとんどがビットコインの決済サービス業者を利用しています。

これは、ビットコイン決済サービスを利用することにより、決済時に自動的にビットコインが円に換金され、販売者は売り上げをビットコインではなく日本円で受け取り、価格変動の大きいビットコインを保有するリスクをなくすことができるためです。その他として決済サービスを利用することにより、ビットコインに関する知識がなくても手軽に導入が可能というメリットもあります。

決済サービスの利用には基本的に手数料がかかることになりますが、従来のクレジットカード決済等と比較すると大幅に安い手数料率となっています。
ビットコインはその手軽さや手数料の安さ、便利さで決済に採用する企業が日本のみならず世界中で増えてきています。確実に決済に採用する企業が増えてきておりビットコインや独自の仮想通貨の開発に出資をし始めてきています。大手のインターネットショッピングサイトでは決済にビットコインを採用できるようになったりと今までは1部の間で取引されていたものでしたが今後はもっと身近なものになること間違いなさそうですね。

確実に世界に普及し始めているビットコインとその他類似のコイン

 (6562)

仮想通貨ビットコインの大手私設取引所、マウントゴックス(東京・渋谷)の破綻から2カ月。同社は再建を断念し、会社清算の手続きに入った。しかし、世界各地で類似の仮想通貨が続々と誕生。その勢いは止まらない。 ネット掲示板の2チャンネルで検討が始まり、初の「純国産」仮想通貨として発行が始まったモナーコイン。アイスランドでは、仮想通貨のオーロラコインを全国民に無償で配布する社会実験が始まった。日本で広がるポイントも疑似通貨として機能し始めた。 政府のみならず、地域社会、企業、個人が自由に通貨を発行する時代。円やドルなどの既存の通貨が溶け出し、国家を揺るがすその瞬間を我々は目撃しているのだろうか
日本ではまだまだ「信用できない」「リスクが大きい」などのイメージが強いビットコインとその他の類似コインですが世界中で取引が広まってきています。ビットコインに次いで人気なのが「ライトコイン」ライトコインはその名の通りビットコインよりも軽く扱えます。通貨の発行数もビットコインよりも多く、価格も安いためビットコインよりも手軽に始めることができます。その他にリップルやダークコインなどもあります。リップルはグーグルが出資した仮想通貨になり主に金融機関の決済用に用いられることが多い通貨になります。ダークコインはその名の通り「闇のコイン」と呼ばれており匿名で取引ができるため、支払の際に名前を明かしたくない物を購入する際に利用する人が多いと言われています。

ビットコインはどこで使えるのでしょうか?

ビットコインに続く、様々な暗号通貨 : CoinChannel | 暗号化通貨ビットコインのニュースや情報、分析 (6561)

今の時点では、
六本木のダイニングバー「ピンクカウ」や「Two Dogs Taproom」、国内初のビットコインATMの「ロボコイン」設置店である西麻布「VERANDA」、西新宿の「Diner Swing」などのレストランやバーを始め、ネットショップ料金、ヘアカット、中国語、英語会話教室、エステ、などなど、いくつかあります。


関東には、会社も合わせて43カ所ほど、名古屋付近に4カ所、関西は京都5カ所、大阪10カ所、神戸に3カ所、に13カ所、鹿児島にはカスタマーセンターなどがあり、ビットコインATMの設置場所も今後増えていきそうです。


もちろんネットショップやサービスでもビットコインで支払えるところが増えています。


⇒「coinマップ」というサイト https://coinmap.org/で全世界でどこで使えるか、わかるのでチェック!


今のところあんまり大手のチェーン店というより、小さな個人店が多いようです。
ビットコインの使える店舗はまだまだ限られていますが今後はどんどんと増えていきそうですね。日本では都心部を中心に飲食店などありますが地方ではほとんどないのが現実です。最近では大手のネットショッピングサイトなどでも決済に採用できるようになってきています。アメリカを中心に中国、ヨーロッパなどでは次々と使用できる店舗が増えてきているようです。

しかしまだまだビットコインには課題が多いのも事実です

算数問題に挑戦! | Do arithmetic 算数問題に挑戦! | オーストラリア生活情報サイト NICHIGO PRESS | 日豪プレスが運営するオーストラリア生活の総合情報サイト (6571)

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所だった「マウントゴックス」で、大量のコインや預かり金がなくなったとされる問題が刑事事件に発展した。

 取引所を運営するMTGOX社(東京・渋谷)のフランス国籍の社長が、警視庁に逮捕された。社内のシステムを操作して自分名義の口座を改ざんし、残高を水増ししたというのが直接の逮捕容疑である。社長は容疑を否認しているという。

 コインなどの「消失」について社長は「ハッキングで資産を盗まれた」などと説明していた。だが警視庁は社長自身がかかわった疑いがあるとみて調べている。

 真相の解明は今後の捜査を待つしかないが、事件はビットコインの取引の現状に、安全性や透明性の面で大きな問題があることを浮き彫りにしている。仮想通貨の市場を健全に育てていくためにも、ルールづくりが欠かせない。

 マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金の対策を協議する国際組織、金融活動作業部会(FATF)は6月、仮想通貨の取引を監視するための指針をまとめ、各国に具体化するよう促した。仮想通貨事業者に登録制か免許制を導入し、取引記録の管理や疑わしい取引の届け出義務を課すといった内容だ。

 仮想通貨の取引が広がっている米欧では、指針の公表に先行して、監督体制づくりが始まっている。各国の財務省や銀行監督機関が中心となり、仮想通貨を資金洗浄規制の対象としたうえで関連法令を手直しするというのが、ほぼ共通する方向性だ。

 日本は仮想通貨の取引がごく一部にとどまり、ルールづくりの議論が活発だったとは必ずしもいえなかった。しかし、日本だけが監督体制の整備に遅れるようなことになれば、国際社会から、資金洗浄やテロ資金の対策に消極的とみなされてしまう。

 制度を整えることで取引の透明性が高まれば、個人が売買に参加しやすくなり、仮想通貨の市場の厚みが増す。仮想通貨を使った電子商取引や決済などの起業が増えるとの指摘もある。

 仮想通貨は金融商品取引法上の金融商品には該当せず、監督主体が曖昧という問題があった。財務省や金融庁、警察庁などが連携を密にして、仮想通貨の取引が健全に発展していくための環境整備を急ぐべきだ。
明確なルールとセキュリティー面での不安が残りますね。

ビットコインの入手方法とは?

もしひとつだけ手に入るなら、何を手に入れたい? | MYLOHAS (6572)

ビットコインの入手は通常の通貨とは異なります。一番確実なのがビットコインの取引所で購入することです。お小遣いサイトや採掘などでも入手はできます。

ビットコインは変動率が大きい

 (6573)

ビットコインの魅力の1つにその変動率の大きさがあげられます。つまりその変動率を利用すると少額で始めたとしても瞬時に莫大な利益を得ることができるというわけです。しかし反対に予想が外れた場合は一瞬で損失が拡大する恐れもあります。

ビットコインで損した芸能人は?

画像・写真 | ノブコブ吉村「九州行って謝罪したい」 “左遷”発言を改めて反省 1枚目 | ORICON STYLE (6574)

吉村は、番組ロケでビットコインの投資アプリを開発している会社に行ったことがきっかけで、個人的に興味を持ち、ビットコインを購入したという。しかし「購入した直後くらいから値下がりしはじめちゃって」「しゃべるどころじゃないですよね」と予想に反して下落し、ショックを受けていることを明かした。

加藤浩次や有野晋哉はこの話に驚き、まず聞き慣れないビットコインについて説明するよう求めた。だが、吉村は「俺も、詳しくは分からないんですけど」としどろもどろ。有野が「詳しく分からんのに買ったの?」と呆れると、吉村は「紙幣ではないんですが、為替みたいなもんですよね。『絶対に上がりますよ』というような風潮があって」と弱々しく答えた。

吉村によると、購入当時の1ビットあたりの価格は5万円だったが、今では1ビットあたり4万5000円まで値下がっているという。「すごい値を下げてるんですよ」「1割減で、もう上がる気配がひとつもないんですよ、ずっと下がってて」と心配そうに話した。

相方の徳井健太もビットコインを購入したそうだが、様子見のため、0.01ビット(約500円)だけ購入したという。だが、吉村は「この一瞬で10万円くらいがなくなるわけですね」と、最初の投資金が100万円で、現在の損失は10万円に上ることを告白。加藤と有野に対して「買って上げてくれないですか?今からお2人が…ビットコインを…なんとか…もう、ヤバイんですよ、この状況が」と泣きついていた。
やはり仕組みを熟知したうえで投資を行わないのは危険ですね

最後に

いかがでしたか?とっても便利なビットコインですが投資目的で使用する場合は十分に注意が必要です。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知っておくべき近未来の有望通貨!オルタコインとビットコイン

知っておくべき近未来の有望通貨!オルタコインとビットコイン

暗号通貨としてビットコインが有名ですが、実は同じ仕組みの別のコインが次々と誕生しているんです。今回はそんなオルタコインとビットコインの話をさせて頂きます。
M&K | 2,439 view
人気沸騰!ビットコインの謎を解け!

人気沸騰!ビットコインの謎を解け!

仮想通貨のビットコインに今注目が集まっています。ビットコインに乗り遅れた方向けのビットコインについてのご説明をさせて頂きます。
M&K | 1,652 view
必見☆仮想通貨のお話

必見☆仮想通貨のお話

仮想通貨が世界中で普及されてきています。日本では仮想通貨に関する法案が設立されたり、国がついに規制に乗り出しました。今回はそんな仮想通貨の話を進めていきたいと思います。
M&K | 546 view
安全重視のペーパーウォレットとは?

安全重視のペーパーウォレットとは?

仮想通貨の人気が再燃しているようですがまだまだセキュリティー面で不安がある方が多いと思います。しかしペーパーウォレットを使うと安心して仮想通貨を使うことができます。ではペーパーウォレットとは何でしょうか?
M&K | 1,139 view
知っておくべき暗号通貨の面白いお話

知っておくべき暗号通貨の面白いお話

暗号通貨ではビットコインが有名ですね。でも、暗号通貨はビットコインだけではないんです。色々な種類がありそれぞれ違った特性を持っています。今回はそんな暗号通貨のお話をさせて頂きます。
M&K | 1,981 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

M&K M&K