2016年3月14日 更新

サラリーマンでも一攫千金を狙える?!ビットコインの魅力とは?

仮想通貨のビットコインはマウントゴックスの破たんにより日本では有名になりましたよね。怪しい通貨と考えられているようですが使い方によっては一攫千金も狙えるすぐれた投資方法なんです。

まずはウォレットを作りましょう

ショートウォレット/stemkin leathers (6702)

まず、ビットコインを保管するためにソフトやアプリをインストールしたりウェブ上にアカウントを作成したりする必要があります。ビットコインは電子データですので様々な媒体で保管することが可能です。

PC上に保管したい場合(デスクトップウォレット)はElectrum、ウェブ上の保管サービスを利用したい場合(ウェブウォレット)はBlockchain.info、スマートフォン上に保管したい場合(モバイルウォレット)、iOSはbreadwallet、AndroidはMyceliumがおすすめです。

どの方法で保管しても問題はありませんが、実店舗でビットコインを利用したいという方はモバイルウォレットが良いでしょう。なお、本格的にビットコインをはじめたいという方は、セキュリティのために、オフライン環境でビットコインを保管するコールドウォレット(コールドストレージ)を利用することをおすすめします。
ウォレットとはいわばビットコインのお財布です。 ウォレットには色々な種類があります。
人気のウォレットにはBlockchainやCircle、Bitcoin-Qt、MulitBit等があります。
ビットコインやその他の仮想通貨を利用したい場合は、必ずこのウォレットを作成しなければなりません。
このウォレットがあれば、世界中で携帯電話やパソコンからビットコインでの支払いができます。
デスクトップウォレットはインストールするとすぐに使えるので便利です。

Web上のお財布は安全性を重視したものを選びましょう。
スマートフォン上のウォレットは便利な反面セキュリティー面での不安が残るため、
実際の店舗で使うビットコインなど小銭入れ感覚で使うことをお勧めします。

ビットコインの価格とは?

価格コム最安値の店になぜ注文が殺到しないのか PCサクセスの悪夢が : PCパーツまとめ (6705)

ビットコインの価格は、需要と供給で決められます。ビットコインの需要が高まれば、価格が上昇します。そして需要が減れば、価格も下降します。市場に出回るビットコインの数には限りがあり、新しいビットコインの数は予想可能で、速度を落としながら作られています。つまり、価格を安定させるには、需要がこのインフレーションレベルに追従しなければならないのです。なぜなら、ビットコインは、その可能性に比べてまだ比較的小さな市場で、市場価格を左右するために多額の通貨を必要とせず、従ってビットコインの価格はとても不安定だからです。
ビットコインの価格は常に変動しています。 価格は需と供給によって決まります。
ビットコインは株や債券などの金融商品と同様に考えられています。
つまり、ビットコインに関して良い情報が流れれば価格は上がり、
逆に安全性や価値を問われるような情報が流れれば価格が下がるというわけです。
グループ会社 - 米川水産株式会社 (6708)

ビットコインに大手企業も注目しています

2014年、ビットコインの大手取引所であり、東京に拠点を構えるマウントゴックスが破綻し、メディアをにぎわせた。それ以前からも、米国の主流メディアでビットコインが取り上げられるのは、破綻や詐欺などネガティブな報道が主だった。

 ところが、最近、少し様子が変わってきた。3月に楽天が米国でビットコインを新たな決済手段として利用することを発表したが、4月にゴールドマンサックスが中国の大手ベンチャーキャピタルや米ベンチャーキャピタル数社とともに、ビットコイン決済技術開発のスタートアップ、Circle Internet Financialに5000万ドルを投資し、話題になった。

投資先としてのビットコインの魅力とは?

 (6711)

 マウント・ゴックスの経営破綻後もビットコインの取引高は着々と増えている。将来的な値上がりを見込んだ長期保有だけではなく、デイトレードの対象としてビットコインを取引する人が増えているのだ。

 FXや株があるのに、なぜ、わざわざビットコインをトレードするのか。そこには3つの理由がありそうだ。

■1日に10%動くことも結構ある。値幅の大きさが魅力

 ひとつは値動きの大きさだ。米ドル/円が1日で10%=約10円も動けばニュース速報が流れるレベルだが、ビットコインではその程度の値動きは月に数日はある。1米ドル=122円から116円に突っ込んだ8月24日(月)、米ドル/円の上下の値幅は4.8%だったが、翌日のビットコインは14%の値幅があった。
もうひとつ、ビットコインならではの魅力として、「土日も取引が可能」という点も見逃せない。ビットコインの取引所はほとんどが24時間365日取引可能だ。FXであれば取引できない週末もビットコイン市場は動いているため、「週末デイトレーダー」といった選択も可能になる。

 「土日は値幅が小さくなるのでは?」と思う人がいるかもしれない。筆者もそう思って計算してみたところ、土日は5.5%、ウィークデーは7%と、それほど変わらない値幅があった。
分散投資が一般的になってきている昨今では、
他の資産運用法と同じく投資先の1つとして考えられています。
投資先としての仮想通貨の魅力は、何と言ってものその変動率にあります。
ビットコインの動きは良く金と似ていると言われており、
有事の際にはその価格が急上昇したりもしました。
また発行流通量が決められているため、今後普及率がさらに高まれば
ますます魅力的な投資先として見直されるようになるでしょう。

採掘とは?

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

ゲームをしていてもいいし、ネットで遊んでいてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行なのです。

この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。
採掘とはビットコインを入手する方法の1つです。
自分のパソコンに計算をさせることによりビットコインを手に入れるというわけです。
利益率が高い利点はありますが、最近の採掘はプロが多く参入しているため
個人が入り込むには少し難しいと言われています。
ただ、アルトコインではまだまだ個人でも採掘のチャンスが残っています。
そこで採掘したアルトコインをビットコインに変える投資家も増えてきています。

ビットコインの利益と税制とは?

大野城市 |税金 (6717)

投資目的としてビットコインを保有する場合には、その売却益は譲渡所得となる可能性がある。譲渡所得とは、資産の譲渡による所得をいい、ここでいう資産とは、棚卸資産等及び金銭債権以外の一切の資産をいい、この資産には、借家権又は行政官庁の許可、認可、割当て等により発生した事実上の権利も含まれるとされている(56)。ビットコインが著作権により保護された著作物に当たる場合には、ここでいう資産に該当することは明らかであるが、ビットコインが単なる電磁的記録である場合にも、ここでいう事実上の権利の一種としてビットコインを取り扱えば、投資目的によるビットコインの売却益を譲渡所得として計算し、所得税を課税することができると考えられる。ビットコインがここでいう事実上の権利に当たらない場合には、この売却益は譲渡所得ではなく雑所得となる。

最後に・・・・

資産運用でのビットコインの一番の魅力は変動率です。
変動率が大きいという事は、それだけ利益も大きいですが損失も大きくなります。
投資を行う前の十分な下調べと、常に勉強することを忘れずに行いましょう。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

通貨戦争がはじまる?!仮想通貨の未来とは?

通貨戦争がはじまる?!仮想通貨の未来とは?

仮想通貨が注目を浴びています。決済として採用する大企業や投機目的の個人をはじめ様々な場面で使われ始めてきています。今回はそんな仮想通貨の話を進めたいと思います。
M&K | 1,692 view
完全復活したビットコインの今後は?

完全復活したビットコインの今後は?

マウントゴックスの破たんによりビットコインの信頼性は失墜しましたよね。しかしまた人気が再燃し、今や完全復活を遂げたビットコイン。なぜ再び注目を浴びるようになったのでしょうか?
M&K | 5,827 view
必見☆ビットコインのウォレット事情と今後の展望

必見☆ビットコインのウォレット事情と今後の展望

仮想通貨のビットコインを保管するウォレットとはいったい何でしょう?今回はウォレットについてお話をさせて頂きます。
M&K | 1,255 view
知っておくべき暗号通貨の面白いお話

知っておくべき暗号通貨の面白いお話

暗号通貨ではビットコインが有名ですね。でも、暗号通貨はビットコインだけではないんです。色々な種類がありそれぞれ違った特性を持っています。今回はそんな暗号通貨のお話をさせて頂きます。
M&K | 1,377 view
ビットコインにはメリットがいっぱい?!全世界が注目する仮想通貨

ビットコインにはメリットがいっぱい?!全世界が注目する仮想通貨

仮想通貨のビットコインを決済に採用する企業が増えてきています。全世界が第3の通貨として注目するのがビットコインです。ビットコインは決済はもちろん資産運用にも向いています。
M&K | 935 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

M&K M&K