2018年4月11日 更新

ビットコインの口座はどこに作れば良いのですか?

ビットコインの取引には口座が必要です。 基本的には利息がないとされていますが、最近では非常にユニークな流れが生まれてきていますのでチェックしていきましょう。

基本的な流れは??

ビットコイン : 32歳中卒だが、東証一部上場企業の課長のブログ (5033)

まず、BTCボックスの取引口座を作成してください。
これは無料で登録で、数分で行うことができます。
その後に、本人確認が必要です
免許証や、保険証などの本人確認書類を登録します。
これはマネーロンダリングや不正行為の防止の為に行います。必須です。
その後、銀行振り込みにて、BTCボックスの口座に日本円をお振込みください。
着金が確認されますと、お客様のBTCボックス口座に反映されます。
その後、買い注文を出すことが出来ます。
約定したら、BTCボックスの口座に反映されます。
そして、他のビットコインサービスや、ウォレット(財布)などに自由に送金することができます。
※初回の仮想通貨出金には電話確認(所要時間約5分)が必要です。
よく勘違いされている人が居るのですが、匿名取引が自由にできるわけではありません。
ビットコイン自体が匿名であっても取引や保管には口座が必要です。そして口座には各企業ごとに保護や個人の確定のために独自で保護確認などを行っています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

サポートありの口座を選びましょう

仮想通貨ビットコインの購入/販売所/取引所【bitFlyer】 (5042)

パスワードを間違って入力し、口座が凍結されてしまいました。
一定回数以上、間違ったパスワードを入力されますと、セキュリティ確保の観点から一定時間ログインできなくなります。お時間を空けて、もう一度ログインをお試しください。

アカウントの凍結解除方法を教えてください。
セキュリティ確保のため、お客様がご登録情報を変更することはできません。ご登録電話番号へのお電話にてご本人確認をさせていただきました後、登録情報を弊社が変更いたします。お問い合わせフォームより「本人情報変更」をご選択の上、弊社からお電話を差し上げるのにご都合のいい時間帯をご記入の上、お問い合わせください。
パスワードの間違いなどは初心者~上級者まで誰にでも発生しうる問題です。そういった時にはどうすればよいのかをしっかりサポートしてくれる口座を設けていくことが重要です。

使い用途を考えましょう

法定通貨からゴールドへの換金は可能。ビットコインからゴールドへの換金は、あまり簡単ではない (5051)

BitstampCTにBTC/金による取引について伺ったのだが、その答えはそつのないものだった。
「金の引き出しオプションを提供するということは、BTCと金がより緊密な関係になった際に提供されるであろう可能性の一つです。金を換金するためのオプションを導入する可能性を除外したわけではありません。もちろん、そういったプロダクトを提供する際には、様々な要因が優先事項として考えられなければなりません」
市場の扱いでは金などの商品取引の現物として理解している人が多いようです。これは日本だけの感覚なのかと思ったのですが、どうやら地域によっては外国でも同じ感覚のようです。なので自分が金への交換とかんがえようとしても商品とは全く別物だからという扱いをうけているのでしょうか?

将来的には

注目しているのはマネーパートナーズだけではない。マネックス証券もこの夏に、抽選でBTCが当たるキャンペーンを実施していた。
マネーパートナーズと提携協議を行なっているKrakenのもとには「十数社のFX会社から問い合わせがきている」という。金融庁など行政の動きをにらみながらも、1社が動けば追随するFX会社は少なくなさそうだ。
また、世界の超大手金融機関もすでに技術の採用へと動き出している。つい最近、流れたのはバークレイズやUBS、クレディ・スイス、JPモルガン、ロイヤルバンク・オブ・スコットランドなど名だたる金融機関9行がブロックチェーンの共同利用で合意した、とのニュースだ。
投資商品として捉えている人が多いということで、銀行よりも証券会社に多くの資金がありますという人も多いかもしれません。
将来的には自分の運用している投資資金と無理なく連結させることができることができるようになるのかもしれません。

line

アルトコイン訴求
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインを利用するにはウォレットという財布が必要

ビットコインを利用するにはウォレットという財布が必要

ビットコインはどこかが管理しているものではないのでウォレットという名の財布が必要になります。今回はそのウォレットについて調べてみました。
ほろん | 371 view
【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

リスクの保管には、デスクトップウォレットの「リスクナノ」、モバイルウォレットの「リスクウォレット」、ペーパーウォレットの「リスクペーパーウォレット」などがあります。ハードウェアウォレットの対応はありません。それぞれ一長一短ありますので、自分に合ったものを使いましょう。
しょーじ | 82 view
使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

Jaxxは、51種類もの仮想通貨に対応していて、ユーザーインターフェースが分かりやすいモバイルウォレットアプリです。バックアップも簡単なので、端末が壊れたり紛失してしまっても安心です。
しょーじ | 87 view
マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

BitPay社が提供しているウォレットアプリ「Copay」は、秘密鍵を端末内に保管、二段階認証に対応、オープンソースによる開発と、セキュリティ的に万全で安心して利用することが可能です。日本語に対応しており、使いやすいインターフェースです。
しょーじ | 100 view
国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

日本のbacoor株式会社が開発しているイーサリアム向けのウォレットアプリ「HBWallet」を紹介します。ユーザーインターフェースはシンプルで分かりやすく、2018年3月には10万ダウンロードを達成しています。
しょーじ | 207 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo

おすすめの記事

今注目の記事