2016年6月30日 更新

coincheck paymentで可能性を広げよう

日々、様々な可能性を広げていくビットコインですが、その可能性をさらに広げていくサービスとしてcoincheck paymentというのがあるのをご存知ですか?今後自分の生活の中でビットコインを身近に感じたいのなら是非知っておきたいサービスです。

買えなかったものが買えるように

ビットコイン決済を、10分であなたのお店やネットショップに。 | coincheck payment (8879)

お客様からの支払いをビットコインで受けとり、円で店舗様に振り込みます。
あなたのECサイトでビットコイン支払いを可能にします。
お客様が支払ったビットコインは、こちらで円に換金して振り込みます。
10分で簡単にビットコイン決済を導入します。
コードを貼るだけで簡単に導入。
審査は必要ありません。
基本利用料無料。料金は売れた分だけ。
基本利用料は無料です。
coincheck経由の売上のみ、決済手数料として1%を頂きます。
クレジットカード手数料に比べると、手数料は3分の1から5分の1になります。
ビットコイン決済を、10分であなたのお店やネットショップに。 | coincheck payment (8881)

通常、円やドルでものを購入するときに代金を払うことになりますが、受け手が望む通貨で代金を払うことが常とされてきました。ゆえに購入する際の通貨というのを自分で用意しなくてはいけません。ですがcoincheck paymentを導入しているお店の場合は、自分がビットコインで支払う時に相手が円で受け取るということが可能なのです。自分がビットコインを円に両替する手間などが増えるというものです。

利用したユーザーの感想は?

「金融サービスの開発期間はたったの1か月」ビットコインプログラマーに聞く、政府も後押しする新通貨の今|CodeZine×サイボウズ式 (8885)

DMMで採用されているのがcoincheck paymentになります。
ユーザー及び事業者から考えると気になるのは手数料及びレートです。
手数料
bitpayは無料から始められます。
coincheckは販売金額の1%の手数料が必要です。
といってもbitpayも販売金額や回数が多くなると1%の手数料が発生するので殆ど同じかなーと。
結果をみるとCoincheckの方がレートが良いと考えられます。(違う日でも確認してみましたがcoinchekの方がレートは良かったです。)
「金融サービスの開発期間はたったの1か月」ビットコインプログラマーに聞く、政府も後押しする新通貨の今|CodeZine×サイボウズ式 (8886)

手数料が僅かに1%ということは、クレジットカードと比べてもお得に利用できるのではないでしょうか。またレートについてもレートの上下も考えて利用することで、さらに自分にとって有利となる利用もできるのではと思います。

実在店舗でも増加傾向

「coincheck」、iPhoneでビットコイン決済ができる店舗向けアプリを公開 - CNET Japan (8889)

仮想通貨ビットコインの取引所である「coincheck」を運営するレジュプレスは7月1日、iPhoneやiPadからビットコイン決済が可能になる店舗向けアプリ「coincheck payment for iOS」を公開した。
同社によれば、訪日外国人の増加などが追い風になり、サービス開始から7カ月間で約350店舗にビットコイン決済が導入されているという。従来のブラウザでのビットコイン決済では、セッションが切れるなどオーナーがスムーズに決済できないケースも少なくなかったことから、アプリの提供に至ったとしている。
ビットコイン決済の導入社数が1000社を突破--「coincheck」のレジュプレス - CNET Japan (8891)

ビットコインは外国での人気は日本よりもすごいといわれています。また観光客などにとってはわざわざ両替するよりもビットコインでそのまま決済できるほうが都合がいいのかもしれません。そういった流れで、今後もビットコインを使えるお店はネットだけではなく、どんどん実在店舗でも増えていくと予想できます。

会計時の動作が楽!

神戸の居酒屋・焼肉店にてビットコイン決済を導入|居酒屋 新のプレスリリース (8894)

ビットコイン決済には「coincheck payment」を導入しました。
お客様は会計時、店舗のレジ(ipad)に表示されたQRコードを読み取り、送金ボタンを押すだけでお会計は完了。
レシートには日本円でのご利用代金が記載されます。海外からのお客様も為替レートの変動や両替手数料を気にすることなくスムーズにお会計が行えます。
今後、当店では、ますます広がる仮想通貨決済のニーズに応えるため、さらに他の仮想通貨への対応を進めることにより、お客様にとってより利便性の高いお店を目指す予定です。
Free vector graphic: Register, Cash Register, Modern - Free Image on Pixabay - 23666 (8896)

coincheck paymentを会計の時に利用すると、色々と手続きがあるのかと考えている人もいるかもしれません。実際にはバーコードを表示して終わりという簡単な動作だけで終了してしまいますので、小銭を出し入れなどの面倒な手続きも一切ありません。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインは仮想通貨ですが、オンラインショッピングだけでなく実店舗においても既に導入されています。日本国内にも対象のお店があるようですね。しかし、その決済はどのようにして行われるのでしょうか?支払い方やお店側の受け取り方を見てみました。
馬場 | 113 view
Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

世界203か国に2億人近いユーザーを持つ、オンライン決済サービスPaypalが、ビットコインを決済手段として導入しました。これにより、ビットコインの価値がより一層担保され、また仮想通貨の一般認知度も上昇したといえるでしょう。
ねず | 572 view
ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコインという名前は耳にしたことがあっても、実際に商品購入をするのにはどのように使うのか、ビットコインの決済方法と、今後考えられるサービスの拡充について説明いたします。
E-rinrin | 166 view
ビットコインでの決済とその取引先

ビットコインでの決済とその取引先

ビットコインは、どの国でも自由に使えるとのうたい文句で人気を帯びていますが、実際には使える国とそうではない国、また禁止されている国があります。対応の度合いも各国で違い、統一化されるのはまだまだ先の話でしょう。日本では、ニュースでご存知の方もいると思いますが、ビットコインの悪用が起きないための措置が取られたばかりで、マネーローダリングやテロ国家、あるいは犯罪組織に利用されない為の、規制を行っているに過ぎません。
E-rinrin | 78 view
Jトラストがビットコインサービスを扱うJ-Bitsを設立

Jトラストがビットコインサービスを扱うJ-Bitsを設立

6月20日にビットコインの取引サービス『J-Bits』が開始されました。J-Bitsは、Jトラスト子会社にあたります。J-トラストは、金融業・不動産業等を事業としてやってきましたが、6月20日から仮想通貨取引サービス事業を開始しました。海外への送金や決済は、これからできるようになる見通しです。
pdsvh8295m6n | 183 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo