2017年3月30日 更新

大企業が続々と参入しているビットコインとは?

近年、銀行の利息などが減少し、貯金をしていてもお金が貯まらないということで資産運用をする方が増えてきています。そんな中、ビットコインなどの仮想通貨を耳にする機会も多いのではないでしょうか。今回は、ビットコインについてご紹介していきます。

あの大企業も参入しているビットコイン

 (18310)

ビットコインや仮想通貨という言葉を耳にすると「なんか怪しい」と感じたり、よくあるネットワーク事業なんじゃないかと勘繰ったりしてしまう方もいると思います。
しかし、ビットコインは大企業でも参入しているほどメジャーになってきており、皆さんが良くご存じの会社も参加しています。

例えば、CMでもよく目にする機会が多くなったDMM.comはビットコインを利用してサービスの提供を受けられるようになっていることや、楽天やGoogle、GMOやNTTもビットコインなどの暗号通貨に参入しています。
このような大企業が参入していると安心して利用することが出来ると思います。

大企業が参入する理由その1

では、なぜそれらの大企業が相次いでビットコインに参入しているのでしょうか。

その理由の一つに「手数料の安さ」があります。

通常、何か買い物をしようとするとネットなどで支払う場合には手数料が発生します。
これは当たり前のように思えることですが、手数料というのは馬鹿になりません。
1回の買い物であれば少額で済みますが、100回の取引であれば手数料はもちろん100倍に膨れ上がります。

大企業では多くの取引を行っているため、それらの手数料が馬鹿にならないのです。そんな手数料を0に近い形で決済ができるのがビットコインです。大企業が参入する裏側には、手数料の低さというところが大きいようです。"

大企業が参入する理由その2

そして、もう一つの理由として考えられるのが、「決済の速さ」です。

世界中で利用されているビットコインは銀行振り込みのようなタイムラグが発生しづらく、即時決済のシステムになっているため、1分1秒を争う大企業ではそのような決済の速さでビットコインの価値を感じているところも多いと思います。

企業にとってもビットコインはメリットになるところが多いということですね。
皆さんの知っている大企業が相次いで参入しているところを見ると今後もビットコインの普及は広まっていくと考えても間違いではないと思います。

まとめ

このように続々とビットコイン市場に企業が参入している背景から、ビットコインの価値は今よりも高まっていくことも予想できます。
もし購入を考えているのなら、今の内に購入をしている方がお得な気がしてきますね。
興味のある方は是非今のうちにビットコインを購入しておいてみては?
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインは何処で支払える?参入企業が増えつつある現在に期待!

ビットコインは何処で支払える?参入企業が増えつつある現在に期待!

ビットコインが話題になってきているようですが、何処で支払えるかは案外と知られていないものです。期待できるものであるかどうか、まだ手探り状態ですが、どのようなところで使えるか、使ってお得ということはあるのか、考えてみましょう。
| 196 view
ビットコインを導入しているところってどんなところ?

ビットコインを導入しているところってどんなところ?

ビットコインの将来を見ていくうえで、現段階やこれから導入していくところというのを把握していくことは重要な要素となります。窓口が増えていくことで、ビットコインの可能性が広がっていくからです。決済通貨として導入している記事について調べてみました。
turubo | 410 view
ビットコインの【価値】貨幣認定や企業採用後どう変わる?

ビットコインの【価値】貨幣認定や企業採用後どう変わる?

金融庁は、ビットコインなど仮想通貨を電子的に移動可能な「財産的価値」であると定義し、「貨幣」に認定しました。これにより、具体的には何が変わるのでしょうか。気になったので、その辺を調べてまとめてみました。
Michiru | 442 view
大企業が暗号通貨【ビットコイン】に続々と参入している!

大企業が暗号通貨【ビットコイン】に続々と参入している!

最近再び盛り上がりを見せてきた仮想通貨「ビットコイン」ですが、googleをはじめ、マイクロソフト、IBM、日本では楽天やNTT、リクルートなどの大企業が次々と仮想通貨に参入しているのをご存知でしょうか?
Michiru | 10,586 view
第二のビットコイン時代の幕開け

第二のビットコイン時代の幕開け

マウントゴッデスで一度ビットコインの時代は終わったかに思われていました。 少なくとも日本ではそうでした。しかし、またビットコインに注目が集まっています。
takatikuwa | 418 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ゆりゆり ゆりゆり