2018年3月19日 更新

バイナンスとの強力なタッグの仮想通貨「ギフト」

アップライブで使われる仮想通貨「ギフト」がバイナンスに上場しました。ICOやその後の取引キャンペーンなど、バイナンスとの強力なタッグを組んでおり、今後の値上がりが期待できます。

アップライブで使われるギフト

ギフトは、Asia Innovations Group Limitedという2013年設立の香港の会社がERC20トークンとして発行する仮想通貨で、アップライブというライブストリーミングアプリ上で使われる仮想通貨です。インターネット上には、コンテンツが気に入ったら、閲覧者はコンテンツ作成者に対して少額のお金を送る投げ銭文化がありますが、それに使われます。具体的には、アップライブのライブストリーミングを見た人がアプリ内課金でバーチャルギフトを購入し、配信者に対して送ります。また、アップライブだけでなく、フェイスブックやインスタグラム、ユーチューブなどのSNSにも対応しており、これらの配信者も利用することが可能です。受け取ったバーチャルギフトは、80%の金額で仮想通貨のギフトに変えることができます。
このアップライブは、日本ではそれほど知名度はありませんが、2016年から運営されており世界中で登録者は2000万人と規模の大きいサービスになってきています。そのため、このギフトも今後多く利用されていく通貨になると期待できます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
 (25964)

line

バイナンスとの強力なタッグ

ギフトのICOは2017年12月14日にバイナンスを経由して行われました。
募集価格は1GTO=0.1ドルで、ハードキャップが3000万ドルと少なかったことから、わずか1分で売り切れとなりました。ICO情報サイトでも高く評価されています。その後1週間もたたずして2017年12月18日にはバイナンスに上場しました。人気もあり、3倍ほどの価格となりました。
その後は、2018年2月11日~2月19日にかけてバレンタインイベントも行われました。
ギフトをバイナンス上で1ETH分以上取引すると抽選で、1名に100ETH相当分のギフトが、100名に2000GTOのギフトが当たります。
また、ギフトの取引量に応じても、1位は30万GTO、2位には20万GTO、3位には10万GTO、4位~10位には7.5万GTOを山分け、11位~20位には7.5万GTOを山分けというように、バイナンス側もギフトの知名度向上や取引量を増やそうと尽力しています。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アップライブで既に実装され稼働実績のあるギフト

アップライブで既に実装され稼働実績のあるギフト

ギフトは、登録者2000万人を誇るインターネット上でライブ配信を行うことができるアップライブというサービスで既に実装され稼働実績もある仮想通貨です。
しょーじ | 15 view
日本の様々な分野へ拡大していく「ブロックメイソン」

日本の様々な分野へ拡大していく「ブロックメイソン」

イーサリアムのブロックチェーンを元にして、債務と信用を記録していくためのプロトコル「ブロックメイソン」が2018年は日本で大きく導入を拡大していくと明言しています。大規模なエアドロップも実施するなど、認知度の向上計画も進めています。
しょーじ | 15 view
第三世代の仮想通貨と呼ばれているアイオンの将来性

第三世代の仮想通貨と呼ばれているアイオンの将来性

アイオンは第一世代のビットコイン、第二世代のイーサリアムなどと比較し、第三世代と呼ばれています。第三世代では、異なる仮想通貨のブロックチェーンをつなぎ、相互に通信できます。
しょーじ | 53 view
手数料が格安の分散型マイクロタスクマーケットプレイス「ストーム」

手数料が格安の分散型マイクロタスクマーケットプレイス「ストーム」

ストームマーケットは、分散型マイクロタスクマーケットプレイスで、手数料は1%程度と従来の集中型のマイクロタスクマーケットプレイスと比較して大幅に安く、187ヶ国において合計25万人以上のアクティブユーザーに利用されています。
しょーじ | 21 view
誰でもどんな環境においても稼げる仕組みを作り出す「ストーム」

誰でもどんな環境においても稼げる仕組みを作り出す「ストーム」

ストームは、誰でも、いつでも、どこでも、どんなデバイスを使っていたとしても簡単な作業をして稼ぐことができるマイクロジョブ向けのプラットフォームです。ビットレックスのCEO、ジンガの創業メンバー、イーサリアムの創業メンバーなど錚々たるチームメンバーで構成されています。
しょーじ | 31 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ