2016年8月2日 更新

イーサリアムとクラウドセールは何?その仕組みについて

イーサリアムは仮想通貨の中でビットコインに次ぐ人気を誇っていますね。 そんなイーサリアムのクラウドセールとはどういったことなのでしょうか? イーサリアムについて、クラウドセールについてなど調べましたので紹介します。

イーサリアムについて

イーサリアム (Ethereum)とは?契約革命ネットワークである! | 仮想通貨研究所@まつやん (12532)

ビットコインのブロックチェーンをそのまま利用するという形ではなく、弱点を克服したり、機能を拡張した独自ブロックチェーンを作る動きが出てきていますが、イーサリアムもその一つとして登場しました。

イーサリアムは、ブロックチェーンを新たに作って、チューリング完全な言語(どんなアルゴリズムでも記述を可能にすること)を装備するプロジェクトです。
イーサリアムはビットコインと同じような仮想通貨のことを言います。
マイクロソフトなども注目をする仮想通貨で、ビットコインの次に取引量が多い通貨となっていますね。

クラウドセールとは

Free stock photo: Sale, Shopping - Free Image on Pixabay - 1149344 (12535)

クラウドセール(Crowdsale)とは、開発者が独自に発行したトークン(コイン)をビットコイン払いで売りに出し、開発費を捻出する、暗号通貨を使った新しいタイプのクラウドファンディングです。

クラウドセール参加者は、ビットコインを使い世界中から少額でも参加できるだけでなく、トークンを購入することでプロジェクトをサポートすると同時に、プロダクトへの事前アクセスや特別な権利を得ることができます。基本的にトークンはプラットフォームの燃料としての役割を果たしたり、プロダクトの一部だと説明されます。
新しく仮想通貨を開発した方が行うのがクラウドセールです。
クラウドセールを行うことによって開発者は資金調達を行えることになります。

クラウドセールの仕組み

Free vector graphic: Man, Person, Money, Big, Fifties - Free Image on Pixabay - 304616 (12536)

「大人銀行券を8500万枚発行して、それが流通する仕組みを作ります!その仕組みを作るためにビットコインを投資してください!
なので、お金を出してくださった方には出してくださった分の大人銀行券をお渡しします!」
ということなのです。出してくださった分の大人銀行券とは、
分配する分の8500万÷世界で投資された14000BTC×個人で投資したBTC
です。実際はBTC以外での投資もあったので上の式よりは少し少なくなります。
投資された14000BTCはそのまま開発チームの開発資金となります。

この後に重要となってくるのが、価値です。
開発チームは【自分たちで創りだした『無価値な仮想通貨』】をBTCへと変換しました。
この時点で開発チームはリスク無しに14000BTCを得た、ということ。
そして投資をした側はどういうことをしたかというと、
その「無価値な仮想通貨」をお金を出して買う、つまり【無価値な仮想通貨に価値を与えた】のです。
クラウドセールは、世間がどれだけその仮想通貨に興味を示してくれるのかの指標にも成ります。
クラウドセールといっても、無価値の通貨に投資をするので、安く物を手に入れるというわけではありません。
その通貨に投資をするというのがクラウドセールとなっていますね。

イーサリアムのクラウドセール

Free illustration: Tech, Startup, Computer, Matrix - Free Image on Pixabay - 913034 (12534)

「イーサリアム」は「Ether」をビットコインと引き換えに事前に販売することで、「イーサリアム」の初期の開発費用を獲得しています。「クラウドセール」と呼ばれる手法で、「新しい資金調達手法」と言っても過言ではないでしょう。この「クラウドセール」で、イーサリアムはなんと約16億円もの資金調達を完了しています。
イーサリアムもクラウドセールを行っており、16億円もの資金調達に成功しています。
それだけ、イーサリアムに期待が持てる証でもあります。
一気にこれだけの資金調達が出来るのが凄いですよね。

イーサリアムはさらに上昇中

Free stock photo: Tech, Ram, Gpu, Technology - Free Image on Pixabay - 1137487 (12533)

イーサリアム(ETH)がクラウドセール時より60倍まで高騰した。
ライトコイン、リップルを一気に追い抜き、時価総額ランキング2位となってからも高騰し続けている。
現在の時価総額は遂に1000億円を突破し、ビットコインの6分の1程まで迫っている。
Frontierリリースよりわずか7ヶ月で暗号通貨のキングであるビットコインまでも射程圏内におさめてしまった。
16億円の資金調達に成功したイーサリアムは、今では時価総額1000億円の価値になっています。
その勢いは凄いことになっています。
イーサリアムを初期段階で所持していた方は、大変なお金持ちになりましたね。

イーサリアムはとても期待の持てるか創通かであると言うこと、そしてクラウドセールについて紹介しました。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコイン技術の新たなライバル?イーサリアムの新ブロックチェーンとは?

ビットコイン技術の新たなライバル?イーサリアムの新ブロックチェーンとは?

イーサリアムという新技術を知っている方は少ないと思いますが、詳しい方たちの間では話題になっているらしいので調べてみました。
ほろん | 1,448 view
ビットコインとイーサリアム、その違いと関連性とは

ビットコインとイーサリアム、その違いと関連性とは

近年登場して注目を集めているのが、イーサリアムです。イーサリアムとはどのようなシステムなのか、ビットコインとの相違点や、メリットなどを分かりやすくご紹介いたします。
E-rinrin | 119 view
初心者にもわかりやすく!ビットコインの仕組みを徹底解説!

初心者にもわかりやすく!ビットコインの仕組みを徹底解説!

ビットコインは実際の通貨と違い、目に見えないことから、初心者にとっては分かりづらい面もあります。ビットコインのシステムや使い方などについて、分かりやすくかみ砕いて解説いたします。
E-mukumuku | 22 view
【DASHウォレットの利用方法】仕組みや特徴について

【DASHウォレットの利用方法】仕組みや特徴について

DASHは仮想通貨の中でも匿名性が高く人気の高い通貨です。そんなDASHを利用するときにはウォレットが必要になります。DASHウォレットはどうやって利用すればいいのかについてや、DASHの仕組みや特徴についてなどを調べて紹介します。
kido | 77 view
寄付なのに高配当!?ビットリージョンの不思議に迫る!

寄付なのに高配当!?ビットリージョンの不思議に迫る!

高配当で知られる「ビットリージョン」。ビットコインに興味がある人なら、一度は耳にした事があるでしょう。ですが、寄付なのに高い配当が得られる事に疑問を感じている人も多いのでは?そこで今回は、ビットリージョンについて用語解説付きでご説明しましょう♪
ぽんBit | 17 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anzu anzu