2018年3月28日 更新

Tradelize、今春のICO日程を発表

初心者上級者を問わず、トレーダーと投資家のために構築された暗号通貨取引ツールキット、Tradelizeは本日、今春のICO開始日程を発表しました

 (26119)

初心者上級者を問わず、トレーダーと投資家のために構築された暗号通貨取引ツールキット、Tradelizeは本日、今春のICO開始日程を発表しました。トークンのプレセールは4月中旬に予定されており、一般販売は2018年5月に開始されます。同社はICOBoxと提携しており、製品開発を通してのアドバイス、法的アドバイス、マーケティング、PRコンサルティングサービスの提供を受けています。ICOBoxは、独自のICOを実施する企業にSaaSソリューションを提供する世界的リーダーであり、昨年だけでも30社以上の企業でトークン販売の成功を支援しています。

Tradelizeエコシステムは、プロのトレーダー、暗号通貨所有者、および新規参入者を暗号通貨市場に集め、それぞれに対してカスタマイズされたソリューションを提供するべく開発されました。プラットフォームには、3つのインタフェースレイヤーが存在し、トレーダー向けのTradelize.terminal、初心者や一般投資家がプロの取引をコピーできるようにするTradelize.web、トップトレーダーの評価、報酬、つながりに役立つTradelize.scoreの各レイヤーが相乗的なネットワークとして動作します。Tradelize.brokerage V2.0も開発中であり、プロのユーザーは各取引所で別のアカウントを開く必要なく、複数の取引所間での取引を実行できます。

アプリのTradelize.terminalレイヤーは、既存の取引所での取引に精通し、暗号通貨取引所に興味がある、プロのトレーダーにアピールすることを目的に、プロフェッショナルレベルで機能する必要のある洗練されたデジタルツールを提供します。結果、彼らの専門知識と取引活動により、初心者や一般投資家をエコシステムに呼び込むことが期待されています。この製品は、ダイレクトマーケットアクセス(DMA)スタンドアロンのソフトウェアソリューションであり、世界の主要な暗号通貨取引所で取引するための使いやすいインターフェースを備えています。Tradelize.terminalは直感的なツールで、情報を収集するために様々な取引所をチェックすることなく、1つのインターフェースからデータを分析する能力を要求される、経験豊富なプロのために作られました。
Tradelize社の創業者であるAnton Zapolskyi氏は、同社の暗号通貨世界への関与について非常に情熱的です。「今日、私たちは、暗号通貨取引から収入を生み出す機会がいかに息を呑むようなものであるか目の当たりにしています。」と熱意をもって語ります。「当社の主要な目標の1つは、優れたプロトレーダーのための完全なエコシステムを構築することですが、我々のプラットフォームは、経験豊富なプロフェッショナルから初心者の投資家まで、あらゆる人に対応します。 私たちは、Tradelizeが鍵となる役割を果たし、暗号通貨が一般に受け入れられるものと確信しています。」

本ICOではTradelizeのTDZトークンを1.00ドルで提供し、プレセールおよび一般販売中にはさまざまなボーナスが付与されます。TDZは、エコシステム全体においてユーティリティトークンとして機能し、取引の支払いやTradelize.webでの活動を共有する専門家への報酬として使用されます。Tradelizeによれば、ICOを通じて収集された資金の80%は、トップトレーダーを呼び込み、Tradelize.scoreランキングに基づく報酬体系のために割り当てられます。同社の計画では、これらのランキングを使用してトレーダーの核となるグループを作り上げることで、プラットフォームのTradelize.webレイヤーを使用するすべての人がその取引をまねることを可能とします。ランキングに加えて、データベースは少なくとも2カ月間の取引パフォーマンスの統計に基づき、様々なデータの中からリスクと通貨エクスポージャーのスコアを提供します。アプリのリリース2ヶ月後、さまざまな暗号通貨取引所を管理するために最大50万ドルをトップランクのプロトレーダーに割り振り、専門家以外のトレーダーがプロのランキングをもとに取引をまねることが出来るようにします。

ICOのアドバイスチームを率いるICOBoxのMike Raitsyn氏は、このプロジェクトはトークン販売を成功させるための適切な要素を持っていると考えているようです。「Tradelizeは、ニューヨーク証券取引所およびエンジェル投資家の経験を持つベテラントレーダーや金融専門家の新たな発明です。トレーダーと投資家が賢い選択を行うために何を知っておく必要があるのかを、同社はよく理解しています。」と指摘します。「このアプリは、取引世界で最も優れた人々を呼び込むために設計されており、市場に参加したいと思っている誰とでも取引活動に関するデータを集約して共有する機能を備えています。この特徴こそがこのプラットフォームを誰もが使えるものとするのです。」
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Taklimakan Network、2018年春のICO開催日を発表

Taklimakan Network、2018年春のICO開催日を発表

Taklimakan Network パブリックICO発表
管理者3 | 73 view
トークン保持者、ICOプロジェクトの要請ラッシュに応える

トークン保持者、ICOプロジェクトの要請ラッシュに応える

最近ICOBoxが彼らのトークンの保持者に5つの異なるICOSプロジェクトについてチャンスを提供したところ、トークン保持者からの反響は圧倒的なものであった。限定数量トークンが各プロジェクトについてそれぞれ提供され、その内のいくつかは募集枠を上回る申込みがあった。
管理者3 | 73 view
暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

継続的成長の期間のあとETHとBTC価格は最近大きく変動し、ビットコイン価格は2017年12月17日、19,783ドルという最高値を付けその後14,129ドルへと大晦日に下落し、本稿時点で10,654ドルである(参照元:コインデスクBitCoin価格指数)。2017年の持続的な暗号通貨の成長のおがげで、2018年1月の調整より前、多数のICOが市場を勘案してトークン価格を引き下げる必要を感じていた。
管理者3 | 188 view
史上初の分散型インフルエンサーマーケティングエコシステムのICOに先立ちICOBoxと SocialMedia.Marketが協業

史上初の分散型インフルエンサーマーケティングエコシステムのICOに先立ちICOBoxと SocialMedia.Marketが協業

ブロックチェーンベースのインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「SocialMedia.Market」がつい先日、SaaSソリューション提供元大手ICOBoxと契約を結んだ。
管理者3 | 145 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3

おすすめの記事

今注目の記事