2018年4月11日 更新

初心者必見!ビットコインの基本とやり方をわかりやすく解説

よく耳にするようになった「ビットコイン」。気になる、興味はあるけど、イマイチどういうものかわからなくて手が出せない…。そうした超初心者さん向けに、何ができるのか?といったやり方を含めて解説します!

ビットコインとは…"仮想通貨"のこと

Free image of money, euros, banknotes - StockSnap.io (17685)

仮想通貨と言われても、ピンと来ない人もいるかもしれません。
仮想通貨とはまさに”仮想”の”通貨”で、日本で言えば円をビットコイン(単位:BTC)に換金して使うことができる、お札や硬貨という実物が存在しないお金のことなのです。

イメージとしては、オンラインゲームなどで使われる通貨や電子マネーを思い浮かべてもらうと良いかもしれません。
オンラインゲームであれば、円でオンラインゲーム内の通貨を買いますね。この通貨は、ゲーム内でのみ使用できる仮想通貨となります。

電子マネーであれば、円で電子マネーに換金しますね。電子マネーは、その換金したデータで決済するものになり、使用する場所は実在する店舗やインターネット上のオンラインショップなどさまざまです。

その通貨単位自体がオリジナルのものですが、電子マネーのようにデータ決済できる特徴を持つお金なのです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

ネットワークを利用した通貨管理を行っている

[フリー写真] ビジネスマンの手とグローバルビジネスでアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (17687)

円であれば、国がその流通を管理しているように、お金(通貨)であれば、当然どこかでその通貨を管理していなければなりません。
ビットコインは、国などの中央機関での管理は行われていません。その代わりに、コンピューターのネットワークを利用して管理を行っているのです。
つまり、円ならば国がその流通に対し大蔵省や造幣局で通貨の流通状況などの情報を把握しているのを、コンピューターがその情報を保存・管理して把握しているのです。

ただし、企業や国の特定の組織で管理しているわけではなく、分散されたコンピューターに通貨の発行状況や取引の詳細な情報が保存され、ネットワーク上に中央管理のような情報を管理するための台帳を一つ置くことで管理を行っています。
そこに分散保存されている情報を集約して管理することで、整合性を保っているのです。

ちなみに、保存されている情報には個人情報は保存されず、偽造や二重払いなどが起きないよう整合性を保つための情報のみとなっています。

通常の通貨と同じように対価への支払いで利用可能

[フリー写真] 財布から1ドル札を出す手でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (17688)

ビットコインは実態を持たない通貨であると説明しました。
実態を持たないため、支払いは全て電子マネーのように電子的に行います。
個人・企業間を問わず、物やサービスに対する対価として使用できるのです。

メリットとしては、次の3つが挙げられます。

1.個人間で直接支払いができる
2.手数料が無料または格安で支払いができる
3.国家間の通貨単位の違いを気にせず使用できる

利用するメリット

メリット1.個人間で直接支払いができる

インターネットショッピングなどで商品を買ったときのことを考えてください。
通常、円通貨で振り込み等で支払いを行いますね。
この場合、送金するとき銀行などを仲介して支払いを行います。
ビットコインの場合、銀行や国を介することがないため、直接相手へ支払いを行うことができます。
イメージとしては、財布に入っているお金を直接相手へ手渡すようなものですね。

メリット2.手数料が無料または格安で支払いができる

国や銀行といった仲介する組織がないため、送金にかかる手数料は基本的にかかりません。
インターネットショップなどにおいては、少額の買い物をしたにもかかわらず支払いに手数料がかかるのでは、ショップ利用者や開設者ともにデメリットです。
しかし、直接相手へ送金できるということは、両者ともにその分の利益が確保できるということになります。

メリット3.国家間の通貨単位の違いを気にせず使用できる

通常、海外のものを買おうとすると、通貨単位が違うため、その時々の為替レートなどによって価格の変動が起こります。
また、通貨単位が違うということは、両国の銀行などの組織を仲介するため、手続きや制限などが発生します。
しかし、ビットコインは世界中で同じレートで使える通貨単位であるため、価格の変動の影響や制限などの制約を受けることはありません。

ビットコインは電子データ。厳重なバックアップと保管が必要

[フリー写真] パソコンの画面上の株価チャートでアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (17689)

仮想通貨とお伝えしていますが、つまりそれは電子データであるということです。
始めようと思ったら、まず保管するための入れ物”ウォレット(財布)”を作ることから始めます。
電子データを保管するには、PC、WEB上の保管サービス、スマホ、といった様々な媒体で行うことができます。
ただし、どれも失うリスクがあるのは、通常の財布(実態のほう)と同じですので、管理には十分注意が必要です。

購入場所は「取引所」「販売所」

仮想通貨ですので、円からBTCに換金する必要があります。
その換金する場所として一般的なのが、取引所や販売所になります。
日本国内でもいくつかの取引所や販売所がありますが、これらは全て実店舗での運営ではなく、インターネット上での存在となるので、取引所や販売所のサイトへアクセスし換金を行います。
換金レートが存在し、取引所や販売所によってそのレートは異なるため、換金の際には確認するようにしてください。
また、換金したら、必ず作成したウォレットに送金しておく必要があります。

【注意】ビットコインは"BTC決済対応店舗"でのみ利用可能

日本国内においては、まだまだ発展途上中のため、使用できる店舗も海外に比べるとそれほど多くはありません。
しかし、現在有益性によって、徐々に国内でも対応店舗が増えているのが実情です。
対応店舗は、実店舗であればその旨提示がされているので、それで確認をしてください。
また、インターネット上のショップなどでは通貨単位「BTC」で金額表示されているなどがあります。注意書きなどを読んで利用してください。

line

アルトコイン訴求
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なぜビットコインで儲けることが可能なのか!?初心者にも分かりやすく解説。

なぜビットコインで儲けることが可能なのか!?初心者にも分かりやすく解説。

いま流行に敏感な人たちの間で話題のビットコイン。現金や電子マネーとも違った全く新しい発想の通貨ですが、ビットコインで儲けることは可能なのでしょうか。初心者の方にも分かりやすく丁寧に解説します。
みずほ | 1,368 view
誤解している人のためのビットコイン講座

誤解している人のためのビットコイン講座

ビットコインを誤解している方のために、基本的なことを説明したいと思います。過去の事件のせいで不安に思っている方も安心してください。怪しくはないです。
ほろん | 4,724 view
初心者のためのビットコイン

初心者のためのビットコイン

聞いたことがあるけどどんなものか分からない方、聞いたこともない方、興味があるけど手は出せないという方の為に、ビットコインの基本を調べてみました。 まだまだ馴染みのないものではありますが、日本では特に普及が遅れているようです。 グローバルに様々な取引をしたい、必要だと考えている人には注目です。
yukko | 815 view
仮想通貨初心者にこそ始めて欲しいビットクラブ

仮想通貨初心者にこそ始めて欲しいビットクラブ

ビットクラブは、仮想通貨の値下がりや大きなハッキング事件を受けてどうしたらよいのか困っている仮想通貨初心者こそ始めるべき投資先です。仮想通貨に期待しているような派手さはありませんが、複利の効果で着実に収益が上がっていきます。
しょーじ | 131 view
ビットクラブとは何なのか?初心者にも分かりやすく解説します

ビットクラブとは何なのか?初心者にも分かりやすく解説します

ビットクラブという名前は聞いてもそれがどんなものなのか分からない、そんな初心者の方にも分かりやすいようにビットクラブについて一から詳しく解説していきます。将来性の高いビットクラブ、理解して参加する際の参考情報としてください。
しょーじ | 219 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

なつき なつき