2018年1月26日 更新

マイニングをするならサーキュレーターで熱対策

マイニングに関するポイントの1つは、マシンから生じる熱です。状況によっては、それでトラブルになってしまう可能性もあります。したがってマイニングでは、熱対策は必須です。サーキュレーターぐらいは準備しておくのが望ましいでしょう。

マイニング用マシンから発熱してしまう問題点

マイニングを行えば、基本的にはマシンを常時稼動する状態になります。24時間マシンが動き続けている状態ですから、もちろん負荷も生じる訳です。それで動き続けているマシンは、発熱してしまう事があります。時にはその温度がかなり高まり、トラブルになってしまう可能性もある訳です。それと温度がむやみに高まってしまうのは、マシンに大きな負担がかかってしまいます。マシンは、基本的には熱は禁物なのです。温度が高い状態が長時間続けば、マシンの性能が落ちてしまう可能性があります。そしてマイニングでは、とかく処理能力が求められる訳です。仮にマシンの性能が落ちてしまえば、マイニングで受け取れる報酬が少なくなってしまう可能性もあります。
bitclubmining
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

マイニングの為にサーキュレーターを使用する

 (22627)

ところで熱対策の一環として、しばしばサーキュレーターが使われています。いわゆる扇風機の1つです。厳密には、扇風機とは異なります。風の流れを調整する働きがあるのですが、風向きを適切な方向に矯正したい時などは、よくサーキュレーターが使用されています。それで大抵のパソコンには、風通しを良くする為に、一部分に穴が開いています。マシンによっては、一部がメッシュ状になっていますが、そこにサーキュレーターの風を当ててあげると良いのです。するとマシンから発熱しづらくなって、トラブルが生じる確率も低くなると見込まれます。そして、それはマシンの性能に関する安定感も生み出してくれると見込まれます。ですからマイニングをするなら、サーキュレーターを準備しておくべきでしょう。

大きな部屋向けのサーキュレーターがおすすめ

ただしサーキュレーターにも、それぞれ性能に関する違いがあります。できるだけ性能が優れているサーキュレーターを選んであげると良いでしょう。例えばサーキュレーターは、それぞれ間取りに関する違いがあります。6畳ぐらいの部屋の空気の流れを変えられるサーキュレーターもあれば、12畳ぐらいの製品もあります。後者のような大きな部屋向けのサーキュレーターでしたら、マシンを冷却できる性能が大きくなる訳です。基本的には、パワフルなサーキュレーターを選んであげると良いでしょう。それでマシンが効率良く冷却できるようになれば、マイニングによる利益も下がりづらくなると見込まれるからです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 443 view
仮想通貨のマイニングマシンを作る。誰でも簡単に作れます!

仮想通貨のマイニングマシンを作る。誰でも簡単に作れます!

マイニングで利益を出すにはそれなりの専用チューンが必要となります。一から組む場合、市販のPCを改造するなど様々な方法があります。
うーた | 143 view
なぜマイニングを始めるかどうかは早く決めるべきか

なぜマイニングを始めるかどうかは早く決めるべきか

何かを始めるなら、早めの手続きが望ましい事もあります。余りのんびりしていますと、チャンスを逃してしまう可能性もありますから、くれぐれも注意が必要です。マイニングにも同じ事が言えるので、できるだけ早めに決断する方が良いでしょう。
うーた | 85 view
ビットクラブはぶっちゃけ儲かるのか?徹底検証します。

ビットクラブはぶっちゃけ儲かるのか?徹底検証します。

ビットクラブに参加するにあたり、実際のところ儲かるのか徹底検証してみました。
しょーじ | 222 view
マイナーゲートで簡単に様々な仮想通貨をマイニング

マイナーゲートで簡単に様々な仮想通貨をマイニング

仮想通貨をマイニングには今までは知識が必要でしたが、マイナーゲートだとアカウントを登録して、ソフトを起動するだけで簡単にマイニングできます。
しょーじ | 80 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

うーた うーた