2018年4月18日 更新

半減期で価格上昇なるか?ビットコイン市場の動向を考える

ビットコインの半減期とは、採掘による報酬が半減する時期を迎えてます。半減期は今年度の半年後を迎えようとしています。前回の半減期2012年に起こったことを合わせて見ながら、これから起こる半減期が市場に対してどのような動きを見せるのか調べてみました。

半減期とは

 (3740)

採掘報酬が半減するタイミングです。採掘報酬は1ブロック毎に50BTCから始まりました。210,000ブロック毎に半減し、6,929,999番目のブロックが最後の採掘報酬となります。
採掘報酬(コインベース:Coinbase)とは採掘(マイニング)により新たなブロックを生成した採掘者(マイナー)がその報酬として得るビットコインの取引のことです。

採掘時のみに新規に発行され、新規に発行されたものは、採掘に成功した採掘者に報酬として付与されます。

採掘報酬は1ブロック毎に50BTCから始まりました。210,000ブロック毎に半減し、6,929,999番目のブロックが最後の採掘報酬となります。発行されるBTCを積算すると約2100万BTCであり、発行上限です。

報酬額は上記のように減少していき、発掘のスピードは10分間に1ブロックとなるように調整されます。6,929,999ブロックの発掘に要する期間は約132年で最後のブロックの発掘は2140年頃です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
1BTが約1円だった当初と比べ、今は1BTが$402.63(円換算で約4.6 万円)となり、つくられた当初から考えると4万倍の価値まで上がるほど暴騰しました。作られて間近に購入した人の多くは大金を手にすることになり、大きな話題になったことを覚えている人もいるのではないでしょうか。
発行上限が決められているために、当初から価格が上がることは想定されてきましたが、マウスゴックスのような騒動がたびたび起こっても通貨価値が崩壊するまでに至らなず盛り返してきたことが驚きです。

半減期は2016年6月の予定

 (3739)

採掘報酬の半減期が6月に訪れる予定だが、本当に価格に影響を与えるのだろうか?
総供給量は2,100万枚と決まっている。それ故に デジタルゴールドとも言われるデフレ通貨だ。

マイングの報酬は21,000ブロックごとに半減する。2009年にスタートした頃の採掘報酬は50BTCで現在は25BTC、そしてまもなくやって来る2回目の半減期、42,000番目のブロックで12.5BTCまで半減する。

ブロックは10分毎で生成されるため、報酬も10分毎にマイナーに与えられる。

この世に放出される数が42,000ブロック以降半減するため、需要がそのままキープされれば、価格が上昇するのは当然のことだろう。

2012年11月の1度目の半減期には価格への影響は見られなかったが、昨年8月のライトコインの半減期には価格が8倍以上も暴騰した。

半減期には、なぜビットコインの価格が上がるのか

 (3746)

ビットコインにとって悲喜こもごもの2015年だったが、その価値は200ドル台から400ドル台へと倍増した。2016年には、さらに上昇が期待されている。というのは、供給(採掘)量が減るからだ。元々、採掘(報酬)量が4年ごとに半減するようにプログラムが組まれている。次の半減期が2016年7月なのだ。
2012年に起きた半減期では、半減期を迎えてから価格は大きく上昇しました。
そして、今のペースでマイニングを続けた場合、次の半減期は2016年6月頃に来ると言われています。

過去の半減期では

 (3747)

発行ペースを操作する手段の1つとして約4年に一度、マイニング報酬が半減するんです。供給が絞られ、またビットコインの希少性が改めて着目されれば価格上昇が期待できます。前回’12年の半減期では半年かけて10ドル台から200ドルへ駆け上がりました」

 注目イベントの半減期で再びの急騰が期待できるかも。
2012年 最初の「半減期」を迎える

発行ペースは「マイニング」報酬の半減という形で調整される。それまで50BTCだったマイニング報酬は2012年に半分の25BTCとなった。次回の半減期は2016年と目されている。

なぜ半減期が必要なのか

 (3748)

ビットコインやライトコインなどの暗号通貨には半減期というものがある。

多くの暗号通貨は、価値の低下を防ぐ為、徐々に発行量が少なくなっていく形式をとっている。中でも半減期は、その期間の採掘者のブロック処理に対する報酬メカニズムが半減してしまう仕組みです。

つまり、この期間に創出されるコインの発行量は少なくなり、業界内では価格は上がると言われています。
総発行量は2140年までに2100万BTC。
この上限の中で一瞬のうちにインフレが起こったりすることがないように発行量が自動で調整されています。

こうした背景があって、徐々に採掘の報酬が減っていくことが明らかになっています。
2009年の発行開始当時は1ブロックの採掘あたり50BTC、2013年に最初の半減が起こっているため現在は25BTC、そして次の半減期が来ると12.5BTCとなります。

結論

Bitcoin Charts (3741)

ボラティリティが高いということは当然リスクも大きいということになりますが、大きく利益を出したい方にはビットバンクでのFX取引は向いているのではないでしょうか。
ただ、本記事の前半で記載したように、世の中の予期せぬ出来事で大きく価格が変動する可能性があるため、こちらについても余剰資金での利用にとどめておくことを勧めます。
このように半減期に向けて、さらなる価格上昇が期待されていますが、この年末にはスケラビリティの問題を抱えており油断ができません。スケラビリティの問題に対してこのまま対処されないまま放置されれば、取引に関して大きなリスクがもたらされ、大混乱が起きるでしょう。マイクハーンがさじを投げたように中国によってコントロールされている現状が変わらない限り、今以上に期待や魅力を感じる人間も減ってくる可能性も。
ただ、それでも300億円にも上る2013年にマウントゴックス騒動が起こってもなお、未来を感じ続け投資する人がいたように、半減期のたびに1BTの価値が上がるビットコインを持ち続けたり、年末に価格が暴落するのではないかと期待して買う人が大量に出てくる可能性も捨てきれませんし、潜在的なリスクを抱えるチャイナマネーが大きく関与しているのでどのような動きを見せるのか見通しははっきりしません。
 (3745)

line

アルトコイン訴求
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインの未来をかけたスケーラビリティ論争

ビットコインの未来をかけたスケーラビリティ論争

ビットコインに関わる人ならば、一度ならず聞いたことがあるのが、「スケーラビリティ」における問題。を求める人が増えにつれ取引量が上がり、現在のブロックの大きさでは対応ができなくなると言われています。この解決のために尽力してきたマイク・ハーン氏は謎の言葉を残し、開発コアメンバーから去りました。さて、今後スケーラビリティの問題はどこへ向かうのでしょうか。
とんぼ55 | 2,889 view
ビットコインのコア開発者ギャビン・アンドレセン氏とは

ビットコインのコア開発者ギャビン・アンドレセン氏とは

ビットコイン財団の創立時からのメンバーで、ビットコインのコア開発者でもあるギャビン・アンドレセン氏。自らをオールラウンドのGeek(オタク)と紹介するほど人物です。先月、ビットコイン市場に大きな混乱をもたらした「マイク・ハーンショック」、ハーン氏とともに「Bitcoin XT」に携わりならがも、ハーン氏のビットコインへの決別とは異なりビットコインの開発と保守に尽力しつづけているギャビン・アンドレセン氏について調べてみました。
とんぼ55 | 1,281 view
採掘する必要がない!?リップルコインの発行の仕組みとは?

採掘する必要がない!?リップルコインの発行の仕組みとは?

仮想通貨は流通するにつれ、マイニングと呼ばれる採掘作業が行われます。ビットコインの採掘作業に対し、リップルコインの採掘とはどう言った作業に当たるのか、仕組みと発行について調べてみました。
麻衣 | 9,482 view
ライトコインとビットコインの採掘(マイニング)を比較してみた!

ライトコインとビットコインの採掘(マイニング)を比較してみた!

P2Pを応用したビットコインとライトコインは、取引データのマイニングと言われる採掘作業によって発行される仮想通貨です。同じトランザクションによって生み出されるこの2つのコインの採掘に違いはあるのでしょうか?
麻衣 | 5,122 view
【稼ぎたい人必見】ビットコイン稼ぎで欠かせない"採掘"方法

【稼ぎたい人必見】ビットコイン稼ぎで欠かせない"採掘"方法

ビットコインがここまで注目されてきた理由に、「採掘」ができるということがあります。「採掘」という作業をすることによって、0から新しく生み出すことができます。つまり、儲けることができるのです。ここでは採掘する方法について詳しく解説します。
美緒 | 1,882 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

とんぼ55 とんぼ55