2018年1月23日 更新

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

ビットコインの価格が高いと売りたいときには有利ですが、手数料がかかるところは手数料も高くつきます。買いたい時は安いほど有利ですが、購入時にも手数料がかかるとその分余計に支払わないといけません。FISCO仮想通貨取引所とZaifともに手数料がお得で、初心者にも利用しやすいのがポイントです。

FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)

 (21253)

FISCO仮想通貨取引所とZaifは、ビットコイン取引所としてどちらもよく知られています。ビットコイン取引所にもいろいろな特徴があって、初心者にはちょっと難しいと感じてしまうところもあります。コツさえ覚えれば意外と簡単ですが、最初につまずいてしまうのが不安なら初心者にも利用しやすい取引所を探しましょう。

そういう意味でもFISCO仮想通貨取引所とZaifは、どちらも利用しやすいのがポイントです。初心者が取引所を選ぶ時のポイントはいくつかありますが、気軽に利用できるという意味では手数料の有無はチェックしておきたいところです。というのもビットコインは常に価格が変動していて、手数料も価格によって変わるからです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所

FISCO仮想通貨取引所は、ビットコインとモナコインという仮想通貨を扱っている取引所です。ビットコインの取引が初めてという人も、手数料がかからないので気軽に利用できます。登録もメールアドレスだけだから簡単です。ただしビットコイン取引をするには本人確認が必要です。本人確認も面倒な手続きは一切ないので安心です。

取引所として普通の取引もできますが、FISCO仮想通貨取引所の最大の特徴はビットコイン初心者でも利用しやすい、簡単売買ができるところです。ホームページには、取引所と簡単売買の2つの選択肢があります。取引所は手数料がかからないことから、ビットコイン取引の経験が豊富な人も数多く利用しています。売買注文や全取引履歴がリアルタイムで表示されていて、チャートなどもひと目で推移が分かるようになっています。

ただし初めての人は何が何だか意味がわからないので、気軽に利用できないかもしれません。そういう時におすすめなのが、簡単売買です。画面にはシンプルに売り価格と快価格が表示されていて、買いたい人は希望の数量を決めて「BITCOINを買う」というボタンをクリックするだけです。ただし買う場合は、あらかじめ日本円を入金しておく必要があります。
 (21258)

本人確認をしなくても1日に5万円までは入金できます。売る場合はビットコインを保有していることが条件ですが、こちらも売りたい数量を決めて「BITCOINを売る」をクリックするだけだからとても簡単です。過去に取引履歴がある場合は、それも画面内に表示されます。日本円は銀行から振り込めます。本人確認をしていなくても1日5万円まで入金できますが、本人確認を済ませておくと5万円以上の振込が可能となります。アカウントに日本円が反映されると、すぐにビットコインを購入できるようになります。

取引に慣れてくると取引所でのやりとりもスムーズにできるようになります。FISCO仮想通貨取引所には、便利な機能が充実しており、希望価格になるとそれを知らせてくれる通知機能、外部プログラムからFISCO仮想通貨取引所の取引ができるようになるAPI、高機能チャートなどがあります。
bitclubmining
 (21256)

Zaif(ザイフ)

 (21261)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
ビットコイン取引所によっては、手数料がかかるところもあれば、手数料無料というところもあります。Zaifの最大の特徴は、手数料がマイナス0.01%でそれをボーナスとしてユーザーに付与していることです。手数料無料の取引所は低リスクで始められることから初心者にもおすすめですが、手数料がマイナスというのはさらに低リスクになります。

さらにZaifにも初心者が利用しやすい、簡単売買があります。仕組みはほとんど同じで、買いたい時には事前に日本円を入金しておき、売りたい場合はビットコインを保有していることが条件です。後は希望する数量を決めて売買のどちらかをクリックするだけだからとても簡単です。画面に表示されている価格は、買値も売値も変動しています。

希望の価格と思い数を入力している時に価格が変わってしまうことがありますが、表示されてから30秒以内に手続きをすれば希望した時の価格で利用できます。ただし30秒をすぎると価格が変わるので注意してください。

ビットコインを購入する場合は、口座に円を振り込んでおくのが一般的ですが、Zaifはビットコインの購入にクレジットカードが使えます。円をすぐに入金できない場合は、その場で決済が完了するクレジットカードが便利です。ただしクレジットカードならなんでもいいというわけではなく、3Dセキュア設定をしている国内発行のVISAとMASTERカードのみとなっています。ビットコインで支払いがでる決済サービスの利用や仮想通貨を使って月々積立をすることもできます。

どっちがよい?

 (21264)

FISCO仮想通貨取引所とZaifはどちらも初心者に便利な簡単取引があります。初めての人も気軽に利用できますのでどちらもおすすめです。ただし手数料がマイナスでそれをボーナスとして付与されるお得感でとクレジットカードの利用ができるところは、Zaifの方がおすすめ度は高くなります。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコインは仮想通貨ですから、紙幣や硬貨が存在せず銀行での取引はできません。取引をする場合は仮想通貨を扱う取引所を利用します。ビットコインを買いたいユーザーと売りたいユーザー同士は直接交渉や取引をするので、原則手数料はかかりません。ビットコインは今後も注目される仮想通貨ですし、需要が高いほど価値が上がります。数に上限があるので今後も価値は上がると予想されています。国内にも続々と取引所が設立されていますので、選択肢も増えています。その中からFiscoとBIT Tradeを比較してみましょう。
管理者3 | 49 view
bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

長引く不況や年金問題といったお金にまつわる不安から、多くの人が今あるお金を銀行に預けるのではなくいろいろな形で資産運用をしようと考えるようになっています。そのような中で注目を集めているのがビットコインです。まだまだ新しいものであるため知識に乏しい人が多く、具体的に何をすればよいかわからないという人も少なくありません。そこで、ここではビットコインが何かということとその取引所であるbitbank(ビットバンク)とFISCO仮想通貨取引所の比較をしていきます。
管理者3 | 82 view
GMOコインbyGMOとFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所でのビットコインの取引についての比較

GMOコインbyGMOとFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所でのビットコインの取引についての比較

GMOコインbyGMOとFISCO仮想通貨取引所の違いはどのようなところにあるのでしょうか?このサイトでは2つの違いについて説明をしていきます。
管理者3 | 58 view
ビットコイン!Zaif ザイフとGMOコインbyGMOを比較

ビットコイン!Zaif ザイフとGMOコインbyGMOを比較

ビットコインは取引所で購入したり売ったりすることができます。販売所というところもありますが、販売所は管理者との取引になるため手数料込みの価格となっています。取引所は買いたい人と売りたい人という、ユーザー同士の取引になるので原則手数料はかかりません。
管理者3 | 290 view
ビットコイン取引ができるFisco(フィスコ)とKraken(クラーケン)を比べてみよう

ビットコイン取引ができるFisco(フィスコ)とKraken(クラーケン)を比べてみよう

ビットコインを使った取引は、仮想通貨取引所を利用する必要があります。国内でも利用できる取引所は増えており、取引所による特徴の違いもあります。今回は、人気のFisco(フィスコ)とKrakenクラーケン の特徴やセキリュティについて比べてみましょう。
管理者3 | 113 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3