2017年3月16日 更新

ビットコインを定期預金にすると金利はどのくらい?

ビットコインは仮想通貨ですから、預金はできないイメージですが、実はビットコインの定期預金サービスも少しずつ始まっています。ビットコインでどのように定期預金ができるのか、その使い方を紹介します。

■ビットコインで定期預金をする方法

 (15922)

日本はまだビットコイン自体ポピュラーではありませんし、マウントゴックスの事件以降ビットコインのイメージが下がり興味をみっていた人も安全性に不安があるなら使わないという風に考えた人も多いかもしれません。しかしマウントゴックスは破綻していますし、今ある取引所や交換所がすべて危険というわけではありません。セキュリティなど自分でもやっておける事をしておけば、安全に使えます。

ビットコインは定期預金をする事もできるようになっています。ただしビットコインの定期預金ができる場所は限られていて、銀行の定期預金のようにはいきません。ビットコインはウォレットで保管しますので、定期預金ができるウォレットを選ぶ必要があります。ウォレットを持っていても、それが定期預金に対応していないと出来ません。まだビットコインを使った事がない人も、ビットコインの定期預金ができるウォレットを作れば定期預金として預け利息を受け取る事ができます。既にビットコインを利用していても、今使っているウォレットが定期預金非対応の場合は、当たらにウォレットを作成すれば使えます。

イギリスでは銀行口座につく利息を、ビットコインで受け取れるサービスを開始しています。日本ではまだこのようなサービスはありませんが、ビットコインが普及すれば日本でもこういったサービスが実施されるかもしれません。

■ビットコインを定期預金にすると利息はどのくらい?

 (15921)

今銀行に定期預金を預けても、その利息は悲しいくらい減っています。一番高い利息を設定している銀行でも、1年でわずか0.20%しかつきません。一番高くてこの利息ですから、他はもっと低くなります。これでは何のための定期預金かわかりません。

しかしビットコインなら3ヶ月で1%、6ヶ月で1.25%という高い利息が受け取れるのです。ただし利用するウォレットにより金利は変わりますし、預ける期間も異なります。ビットコインは仮想通貨ですが、このように定期預金として高い金利で預ける事もできるのです。ただし機関前に解約する場合は、0.25%と金利は大きく下がってしまうので、預けるなら期間は守ったほうが得です。

取引所でもビットコインの定期預金を受け付けるサービスが登場しています。日本国内では最大級と言われるbitFlyerという取引所でもビットコインの定期預金が可能となっていました。利息は14.0%とかなり高くなっていて、普通に円を銀行に定期預金として預けるのとは比べ物にならないくらいの高さです。ただしこれは期間限定のキャンペーンですから、ずっと利用できるわけではありません。

■ビットコインがあれば誰でも定期預金ができるの?

 (15920)

ただしビットコインの定期預金にはいくつか条件があり、それを満たしていないと利用出来ません。bitFlyerを例にして見ていくと、1ビットコイン以上の取引実績があり、ビジネスクラス以上の人なら年利14.0%という高い利息が受け取れます。ビジネスクラスというのは、bitFlyerを利用する場合ランクごとに利用できるサービスが異なります。クラスによっては取引所で利用できるサービスも異なりますが、ビジネスクラスとファーストクラスは、全てのサービスが利用できます。

bitFlyerのキャンペーンは2016年の8月中旬から8月下旬の2ヶ月のみでした。1,000BTCを上限とし上限に達し次第終了という条件はありましたが、年利が14%というのはかなりの金額になります。たった14日でビットコインの上限も限られていましたが、これを使用した人はかなりお得に預けられています。残念ながら現在はキャンペーンが終了しているので、この年利で定期預金はできませんが、近い将来このようなキャンペーンを再開する可能性はあるので、チャンスがあれば試してみてください。

■定期預金をするならどこがいい?

 (15919)

海外では既にビットコインの定期預金サービスを導入しているところが増えています。中国では平均年利7%前後という高い年利を設定した定期預金サービスがあります。一時的なキャンペーンではなく、随時受け入れを募集しているそうです。ただ中国のビットコイン取引所というところに不安を覚える事もあるでしょう。

不安な場合は日本で時々行われるキャンペーンを利用するのがおすすめです。前回は14日間と決まっていて、14日間を過ぎたら終了でした。しかし14日間でも毎日利息は付いているので、確実に得になります。今後も定期預金サービスが登場する可能性は十分に考えられますが、場所により引き出しや解約ができない日数が異なります。それ以前に引き出しや解約をすると、利息が一気に下がるので注意してください。ビットコインなら1枚からでも気軽に預けられますし、高い利息が付くのは魅力です。
 (15918)

13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 151 view
ICOの可能性とリスクについて調べてみた

ICOの可能性とリスクについて調べてみた

そんなとき、何をさておき必要なのは、お金です。銀行に借りる? 株式を発行して投資家に買ってもらう? そうした従来の手法と違い、今、注目されているのが「ICO」。何かと話題の「仮想通貨」を使った資金集めです。世界では、ことしだけで1000億円を超える資金が集まったとも言われ、国内でも活用例が出始めています。
じょにー | 69 view
暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨市場には、2017年7月現在で約800種類以上のコインが誕生していますが、いくつかのコインはクラウドセールといわれるICO(イニシャル・コイン・オファリング)という手法で資金調達し開発しています。
じょにー | 50 view
なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

コインチェックを見るとジーキャッシュがAlphaBayというサイトで、正式に採用されたことによって価格を順調に上げています。 倫理的な是非はともかく、Zcashはこれからも値上がりを続けると思いますので記事にしました。
じょにー | 196 view
仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

Bitcoin(ビットコイン)をはじめとする、仮想通貨の認知度がここ数年で一気に高まっている。2017年には改正資金決済法が施行され、仮想通貨についても法律で規定されることになった。その結果、仮想通貨の取引所は法的根拠を持つ一方で、規制の対象にも組み入れられた。
じょにー | 72 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-mukumuku E-mukumuku