2017年3月30日 更新

あの人も?!この人も?!みんな実は持っているビットコインとは

最近、また脚光を浴びているビットコイン。耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?しかし、実際ビットコインがどの余殃なものなのかわからないという人も少なくないのではないでしょうか。ここでは、ビットコインとは何で、どのようなことに使えるのかを説明したいと思います。

・ビットコインは仮想通貨の一種

[フリー写真] アトランタの街の夜景と高速道路と車の光線でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (17814)

簡単に言うとビットコインは仮想の通貨の一つです。通貨というからにはビットコインはお金の一種。ビットコインは仮想ですがお金なので単位が存在します。ドルや円のようにビットコインの単位はBTCとなります。目には見えないビットコインはもちろん手に取ることもできません。だからビットコインは仮想の通貨なのです。

・一般的な仮想通貨とビットコインの違い

[フリー写真] 資料の棒グラフを指差すサラリーマン男性でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (17816)

ビットコインとは仮想通貨の一種、仮想通貨で想像しやすいのはオンラインゲームではないでしょうか。実際にお金を支払い、ゲームの中で使える通貨を購入する、そしてゲームの中で様々なアイテムを購入する、つまりその中だけで使える通貨が仮想通貨なのです。このような一般的な仮想通貨は利用者がゲーム内で通貨を使うことで企業が利益を上げるシステムになっています。
しかしビットコインはドルや円と同様に日常生活内で使用できることを目指しています。実際に硬貨や紙幣は存在しませんが、スマホやパソコンを使って実際の世界で物を購入できるように作られています。円やドルのように経済活動を活性化させるための通貨なのです。

・ビットコインは電子マネー?

[フリー写真] 顎に手を当てて考え中のサラリーマン男性でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (17820)

パソコンやスマホを通じて物の売買ができるビットコイン。まるで電子マネーの様ですが、少し異なります。nanacoなどの電子マネーは日本国内、つまりその地域の通貨で電子決済を行います。円の紙幣や硬貨の代わりに使用できます。
一方でビットコインは、円をビットコインに両替してから利用することになります。スマホやカードなどに円というお金をチャージするわけではありません。両替をすることで初めてビットコインの利用が可能になります。
しかし、両替した後は電子マネーと同じような決済方法が可能です。ビットコインが使用できるお店で物を購入し、スマホやパソコンを使用してビットコインで決済することで、自分の手持ちのコインが減り、物を購入したお店のビットコインが増えることになります。
電子マネーはお金を実際に使わないで支払うことで、ビットコインは目には見えませんが通貨としての働きがあるので、双方は異なるのです。
13 件

この記事のキュレーター

しーちゃん しーちゃん

おすすめの記事

今注目の記事