2017年4月12日 更新

ビットコイン技術の新たなライバル?イーサリアムの新ブロックチェーンとは?

イーサリアムという新技術を知っている方は少ないと思いますが、詳しい方たちの間では話題になっているらしいので調べてみました。

イーサリアムやべぇ。。。(堀江氏)

このタイトルは、実際にホリエモンこと堀江貴文氏がご自分のサイトで呟いた一言で、イーサリアムが優れたシステムと認めた証とも取れます。ビットコイン型のプロトコルで重要なのは、そのセキュリティ性能であり、一番長いブロックチェーンが正しいブロックチェーンであると、ネットワークの参加者が合意しているという事が重要でしょう。ビットコインのシステムはP2Pを使って、ブロックチェーンにコインの金額や受取人などの取引情報の成否確認を行っているのですが、このイーサリアムは少しこの点が異なっているのです。それは、スマートコントラクトというべき契約そのものを記述してしまおうというシステムで、契約自体を記述できれば、全ての契約がこのシステムでデジタル化するという優れものと言えるでしょう。
つまり、ビットコイン型のプロトコルで重要なのは一番長いブロックチェーンが正しいブロックチェーンだとネットワークの参加者が合意しているということなのだが、そのブロックチェーンにコインの金額や受取人などの取引情報ではなく、契約(スマートコントラクト)を記述してしまおうという仕組みがイーサリアムだ。
ホリエモンドットコムであの堀江氏が
「イーサリアムやべぇ。。。 」
とつぶやいたことから日本でも話題になったそうです。
一応、紹介はしまが内容は特に詳しくはないです。
しかし、かつては時代の風雲児とまで言われた方ですから影響力が大きいのですね。

世界企業も注目するイーサリアムとは?

イーサリアムの新ブロックチェーンテクノロジーに期待している人は多いと思います。
まだ登場して間もないというのに、かなり人気になっているのがその証拠です。
今の勢いを本物ととらえるか、バブルと考えるのか・・・ですね。
もちろん山が来るのはこれからだとは思いますが、これからどうなるか?注目したいところではあります。
 (5021)

Ethereumは、次世代分散型アプリケーション(DApps)を構築するためのプラットフォームでビットコイン2.0の一つです。主にスマートコントラクト・分散型アプリケーションの開発プラットフォームに主眼を置いています。
2014年にはEthereumネットワーク内の暗号通貨であるEtherのクラウドセールにより、当時の価格で約15億円もの資金調達が行われました。日本でも非常に期待が高いビットコイン2.0です。(Ethereumは日本語だと、「イーサリアム」、「イーサリウム」、「エセリウム」などと表記されることがあります。)
公式サイトなどへのリンクが載っていて便利です。
最新の記述では、イーサリアムとは、

「ブロックチェーン上の、任意の状態を取ることのできるチューリング完全な言語を備えたプラットフォーム」

であるとしている。そして、応用として、スマートコントラクト、計算資源のマーケットプレイス、金融の実験、分散型ガバナンス、いまだに考えついていない数多くの応用があるとしている。
イーサリアムの動画は英語です。
分かる方だけ見てください。
人々が集ってなにかをするとき、もっとも難しいのは決められたルールをまもって仕事をすることだ。イーサリアムのコンピュータ上で走る業務やアプリは、予めルールをビルトインすることができ、第三者の仲介や監督なしに、執行できる。
例えば、イーサリアム上の分散型クラウドファンディングアプリは、元締めも、監査人も、資金の預かり人も必要なく、ルールにしたがってイーサリアムのコードが、ファンドの目標額の判定や、安全な預かり、資金の分配を自動的に行う。
イーサリアムのおかげで、クラウドファンディングの未来がさらに明るくなりました。
ビットコインのシステムと違うのは、イーサリアムがブロックチェーンを新たに作る事により、どんなアルゴリズムでも記述を可能にしている事にあります。このチューリング完全な言語を装備したおかげで、ブロックチェーン上の、任意の状態を取る事のできる完全な言語を備えたプラットフォームとして成り立った事に、その価値があるとみなされているわけです。つまりかなりの応用力があり、スマートコントラクトや計算資源のマーケットプレイス、また金融の実験や分散型ガバナンスなど、いまだに考えついていない数多くの応用に適性があると見られているのです。世界のIT企業では、この部分に大いに注目しており、主要な取引でこのシステムを活用できるとして実際にテストも行われているようです。

結局イーサリアムって何なの?お金なの技術なの?

イーサリアムはまだ登場したばかりの新技術ですから、ネットで探しても情報はかなり少ないです。
そこで、ビットコインのブロックチェーンテクノロジーとは結局、何が違うのか?について調べてみました。
 (5022)

イーサリアムとは現在開発中のビットコイン型のプロトコルだ。ただし、これはお金ではない。ビットコインの分散ネットワークによる合意というシステムを、他のありとあらゆる物に応用するための基盤である。
ビットコインのブロックチェーンをそのまま利用するという形ではなく、弱点を克服したり、機能を拡張した独自ブロックチェーンを作る動きが出てきていますが、イーサリアムもその一つとして登場しました。

イーサリアムは、ブロックチェーンを新たに作って、チューリング完全な言語(どんなアルゴリズムでも記述を可能にすること)を装備するプロジェクトです。せんが、トランザクションの状態変化を記述
現在世界には、700以上もの仮想通貨が存在していると言われていますが、ビットコインのブロックチェーンをそのまま利用するという形ではなく、何かしらの手を加えたり機能を拡張させたりと、新たなブロックチェーンを作り出しています。イーサリアムもこうした技術のひとつであり、ビットコイン型のプロトコルですので、仮想通貨ではありません。通常ビットコインでは、分散ネットワークによる合意というシステムを使い、ビッドコイン同士の取引に使われているものですが、イーサリアムはこれを一歩先駆けて、他のありとあらゆる物に応用する為の、基盤ともなるシステムという事ができます。つまりビットコインだけではなく、ブロックチェーン技術を支払や送金、あるいは外国為替取引やリテールバンキング、投資銀行業務に貿易金融や企業金融、ミドル・バックオフィス業務、レポ取引なども行える技術なのです。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインを守るブロックチェーンとは?安全性は?

ビットコインを守るブロックチェーンとは?安全性は?

ビットコインをユーザーが安心して利用できる仕組みがブロックチェーンという技術です。ここでは仕組みや安全性について紹介します。
ほろん | 656 view
ビットコインとリップルの違いと比較してみる

ビットコインとリップルの違いと比較してみる

ビットコインのライバル一番手と言えばリップルだと思います。あのグーグルが出資したことで話題になりましたが、一体どのような仮想通貨なのでしょうか?
ほろん | 1,054 view
知っておくべき暗号通貨の面白いお話

知っておくべき暗号通貨の面白いお話

暗号通貨ではビットコインが有名ですね。でも、暗号通貨はビットコインだけではないんです。色々な種類がありそれぞれ違った特性を持っています。今回はそんな暗号通貨のお話をさせて頂きます。
M&K | 2,285 view
世界が注目するビットコインのブロックチェーンテクノロジーとは?

世界が注目するビットコインのブロックチェーンテクノロジーとは?

ビットコインで注目されているのは仮想通貨そのものだけではありません。ブロックチェーンテクノロジーという新技術もあるんです。
ほろん | 288 view
中東のビットコイン事情は意外な展開に!?

中東のビットコイン事情は意外な展開に!?

オイルマネーが動く中東では一体どのようなビットコイン環境になっているのでしょうか?また、新たに登場したディールコインとは?
ほろん | 2,011 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ほろん ほろん