2017年3月12日 更新

ビットコインに関するネットワークビジネスについて

ビットコインを用いたネットワーク関連のビジネスがあるということが話題になっています。大きな儲けが出るという情報もありますが、一方でギャンブル的な要素も強いのでやめたほうがいいという情報もあります。どちらの情報が正しいものなのでしょうか?このサイトではビットコインに関するネットワークビジネスについて紹介をしていきます。

■相場のリスクはビットコインも同様です

 (14976)

ビットコインを用いたネットワークビジネスのリスクはどうかということを考えるのは果たして意味があるものなのでしょうか?これは株式相場で儲けを得ることが出来るかどうかということを考えるのと同じことと言えます。つまり、株では大きな儲けを得られるかもしれませんが、同時に大きな損失を招いてしまうようなことも起きてきます。
ギャンブルは苦手という人は、ネットワークビジネスは適さないかもしれません。一方でギャンブルは楽しむものというようなことを考えている人であれば、ビットコインによるネットワークビジネスは大きな魅力を持ったものになってくるでしょう。

しかし、いくらギャンブルであると言っても、全くビットコインの知識を持たずにネットワークビジネスをするのは非常に危険なことですので、ネットワークビジネスを行う前にまずはビットコインの特徴を自分で知っておくといいでしょう。

■ビットコインは仮想通貨であってギャンブル性があるわけではありません

 (14977)

ビットコインは仮想通貨と言われています。つまり、従来の通貨とは異なったものでありますが、基本的には通貨としての機能をもっています。ですから、今のとこと、使える場所は限られていますが、ビットコインを使ってお買い物を楽しむことも出来るようになっています。また、ゲームなどによってビットコインをためてそれを使って、プレゼント商品を得るようなことも出来るようになっています。

このような見方でビットコインをとらえるのであれば、ギャンブル性は皆無であるといえます。ビットコインは取引所で買うことが出来るようになっていますが、取引所でビットコインを買うには自分の情報を取引上に公開しなくてはなりません。個人情報が一般的にはほかの人に見られてしまうことはないのですが、ハッキングによってそれがみられてしまうという危険性があります。また、公開している個人情報の量によってビットコインの取引量が決まってきますので、大きな取引をしている人の場合にはハッキングにあった場合に自分の情報がそれだけ多く流失してしまう危険性が出てきてしまいます。

更には、ハッキングにあってしまうとビットコインを盗まれてしまうという危険性が出てきてしまいます。これについては、今ところどうすることも出来ませんので、この部分はビットコインを扱う上での大きなリスクとなっています。ハッキングにあった場合の救済策が適当でないというリスクの部分が、いまのところ、ビットコインのギャンブル性として見られる負の側面もあります。

■ビットコインを安全に使う方法があるのか?

 (14978)

ビットコインを安全に使っていく方法はあるのでしょうか?最近では自分の情報を公開することなくビットコインを専用のATMマシーンから買うことも出来るようになっています。この方法ですと自分の情報を開示する必要がないので、安心してビットコインを使っていくことが可能になります。もちろんビットコインを買った後には自分でそれを管理しておかないとビットコインを盗まれてしまう可能性も出てきますので、その点は注意が必要になります。
といっても、最近では無料でダウンロードできるスマホ用アプリも存在していますので、それを使えば、安全にビットコインを使うことが出来るようになります。アプリでビットコインを管理しておけば、ビットコインの盗難にあうことも少なくなります。

■ビットコインは個人売買も可能です。

 (14979)

ネットワークビジネスの怖さは相手が見えないことにあります。一方でビットコインの買い入れは個人間で行うことが出来るようになっています。自分が信用している相手との合意のうえでビットコインを入手できるので、非常に安心してビットコインを使えるようになります。個人売買の場合は売り買いの相場を自分で決めてくことが出来るようになっていますので、交換レートがそれほど良くないと言われているATMよりもお得にビットコインを運用可能になります。

■ビットコインは便利な存在

 (14980)

ビットコインの使い方はますます増えていくことが予想されています。ギャンブル性の高い使い方も増えていくことが予想されていますが、一方で安全にビットコインを運用していく方法も増えていくことが予想されます。いずれにしても、ビットコインの特性について自分なりの知識を増やしていくと、それぞれの価値観に対応して、日々の生活をより楽しく、そして画期的なものにしていくことが可能になるかもしれません。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインのシステムについてあらためて確認

ビットコインのシステムについてあらためて確認

まだ公表されてからの歴史が浅い事もあって様々なトラブルも予測されるにも関わらず、法的な整備が進んでいない事も事実ですし、実際ビットコインを巡っての各国の判断は様々です。そこで今は様子見という人も含めて多少でも関心がある人に向けて、あらためて暗号貨幣・ビットコインのシステムをのぞいてみる事にします。
管理者3 | 86 view
仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

2018年の話題の投資先として色々な案があるかと思いますが、仮想通貨はチャレンジする、しないに限らず絶対におさえておきたい案件だと言えます。有名なものは、ニュースやテレビコマーシャルなどでも度々目にするビットコインだと思いますが、他にも色々な通貨がありますので、まずは広く視野を広げる必要があります。
管理者3 | 339 view
AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

反マネーロンダリングとKYCプロトコルをコードに統合した世界で唯一の特許出願中の電子通貨、AMLビットコイン(英表記:AML BitCoin)を創立したNAC財団 LLC(有限責任会社)にとって、慌ただしい新年の始まりであった。
管理者3 | 160 view
ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコインは仮想通貨という特性上、紙幣や通貨が存在しません。全てデータとして管理され、ネット上にある取引所での売買を行います。ビットコインは円やドルのように国により通貨が異なることはなく、全世界共通です。利便性も高く投資などにも利用できることから、世界中で取引されています。
管理者3 | 223 view
みんなのビットコインとLemuria(レムリア)を比べてみよう

みんなのビットコインとLemuria(レムリア)を比べてみよう

ビットコインは、仮想通貨の先駆者です。市場に普及してからは、多くの人に取引されるようになり、政府や中央銀行などのしがらみがない独立した通貨として人気を集めています。FXの逃避先通貨としても人気ですが、取引するためには仮想通貨取引所の利用が必要です。今回は、みんなのビットコインとLemuria(レムリア)紹介していきます。
管理者3 | 207 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-yukiyuki E-yukiyuki