2018年5月22日 更新

ビットクラブの利用方法と安全性の高いマイニング

ビットコインの将来性

 (24611)

仮想通貨の先駆けとして、ビットコインが初めてこの世に生れたのは2009年のことでした。ビットコインが生まれた当初、実体のない仮想通貨に世間の目は冷ややかなものでした。しかし、ビットコインの優れたP2Pシステムと、特定のシステムに依存しないブロックチェーンのシステムは、ネットワークシステムを構築するにあたり、非常に安全性の高いものと認知され、同時にビットコインの評価はうなぎ登りに上がっていきました。

これに対して各国の対応は、実体のない通貨システムに対し、手をこまねくばかりでしたが、ビットコイン主導のもと法定通貨と同様に世間に浸透していくことにより、国もこの仮想通貨を認知せざるを得なくなったのです。そして、世界に先駆けて、日本ではビットコインを始めとする仮想通貨を全面的に認め、これまでモノとして扱われてきた仮想通貨を財産価値のあるものとして法整備を行ったのです。法律によって、その地位が安定した仮想コインは、大手企業をなどによっても取り扱われるようになり、これからもビットコインが次々に導入されていくことは確実とされています。また実際にiPhone7において、ビットコインによる支払い機能が標準装備されているほどで、ますますその需要は高まっていくことでしょう。
 (24613)

ビットコインの未来

 (24615)

人類の歴史は、通貨の出現によって大きく様変わりしていきました。それまで、物々交換が取引きの手段であったものを特定の通貨を利用することによって、取引きが簡単になり、流通もスムーズに行われるようになりました。通貨は各国で独自の貨幣や紙幣となり、国によって価値の違いが出てきましたが、やがて大きな分岐点にたどり着きます。コンピューターは、世界のシステムを大きく塗り替えることに成功しました。それまでの通貨は、国によって個別の法定通貨が存在し、取引きを行うためには同レベルの価値に見直すためのレートが必要となりました。

しかし、国によって通貨の価値はそれぞれ異なり、取引き額に応じて刻々と変化していく為替レートは、非常に複雑で手間のかかるものでした。商用的な取引きや送金するためには、送り先の通貨のレートにチェンジし、決済を終了するにも一定の労力と時間を必要としたのです。しかし、ビットコインの場合、一定の価値を全ての利用者が共有することによって、チェンジすることなく利用することができました。通常の貨幣や紙幣のように、リアルマネーではない仮想くコインは、データの安全性が認知されている現在、ますますその需要が高まっていくと見られています。

ビットコインの利用方法

 (24618)

ビットコインの認知度が高まるにつれ、日本国内でもビットコインの利用に対応した店舗が、次々と増え続けています。ビットコインを利用するためには、まずはビットコインを入れておくための財布が必要となります。もちろん、ビットコインは仮想コインという実体のない通貨ですので、財布に入れることはできませんが、データとして収納しておくことでどこへでも持ち運びが可能となります。ビットコインなどの仮想通貨の場合、銀行や郵便局などのように口座を作ることから始めますが、この自分の口座が仮想通貨における財布であり、英語でウォレットと呼ばれるものです。

ウォレットは、ビットコインなどの仮想通貨における財布にあたるものですので、ビットコインを利用する際には必ず必要となってきます。この、ウォレットの口座番号にあたるものは、ビットコインアドレスと呼ばれており、自分で自由に設定することができますが、この口座番号を他人に知られると、盗難に遭う危険性が高まります。ビットコインは、その仕組みがプログラムによって作られているということもあり、ウォレット専用のプログラムをパソコンやスマートフォンにインストールすることで、仮想コインの保管場所として利用可能となるわけです。

ビットコインのウォレットの作成手順

 (24621)

ビットコインのウォレットは、インターネット環境にあるモバイル製品であれば、スマートフォンでもパソコンであってもインストールは可能となります。口座番号にあたるビットコインアドレスは、27ケタから 34桁までが指定可能で、すべて英数字の羅列によってビットコインアドレスを作ります。ビットコインのウォレットを作成する場合、ビットコインのプログラムをインターネット上からダウンロードすることになりますが、ダウンロード方法にはフルダウンロードと必要最低限のデータだけで行う簡易ダウンロードとがあります。

フルダウンロードとは、これまでのビットコインの全てのデータを、パソコンやモバイルなどにインストールすることになりますので、とてつもない情報量となり、スマートホンなどでインストールすることは出来ません。また、パソコンにインストールするとしても、2009年から取り扱いが開始されたビットコインのデータを全て収めるには、1TB近くの空き容量が必要であり、そのためのハードディスクの空き容量を用意しなければなりません。したがって、実用性を考えると、簡易ダウンロードが妥当であり、マイニングを行う必要がなければ、簡易インストールで十分なのです。
13 件

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3