2016年7月20日 更新

ビットコイン現物取引は手数料が安いJ-Bitsがオススメ

ビットコインを現物取引したい方は最近増えてきていますね。 それはビットコインに対する価値が強くなってきている現れなのかも知れません。 そんなビットコインの現物で手に入れるなら、J-Bitsがオススメです。 手数料がとにかく安いのですよ。

ビットコインの現物取引

Free illustration: Currency, Bit-Coin, Coin, Pay - Free Image on Pixabay - 721803 (10382)

ビットコインの現物取引は、「現物」といっても、金(ゴールド)のような実物・現物があるわけでなく、あくまで「データ」になります。

ビットコインを用いて商品購入やサービス利用の代金支払いを行うこともできますし、株式取引などと同様に、「価格が安い時に買い、高い時に売る」ことで、その差分が利益となる売買を行うこともできます。
ビットコインは仮想通貨ですので、現物があるわけではありません。
ですが、取引をする際には現物取引という方法があります。

現物はないのがビットコイン

Free illustration: Smartphone, Binary, Null, One, Ball - Free Image on Pixabay - 1445447 (10383)

Bitcoinの現物コインの製造業者となるCasasciusは11月27日、米財務省から業務停止命令を受け、当面の間、注文の受付を停止したことを発表した。

Bitcoinはインターネット上の仮想通貨となり、紙幣やコインのような現物の形は持つものではないかが、CasasciusはBitcoinを現物通貨のように保存したいという顧客からの注文に応じて、Bitcoinの取引に必要となるプライベートキーをコインにホログラム印刷した特殊なコインを作って販売していた。

今回、Casasciusに業務停止命令を下したのは米財務省のFinCEN(Financial Crimes Enforcement Network)という部署で、FinCENではBitcoinを現物化したコインを提供することはマネーロンダリングに利用される恐れがあると判断した模様だ。
ビットコインを現物にして販売しようとする業者が摘発されています。
ビットコインを現物化して売ってしまったら、誰でも大金持ちになります。
だから仮想通貨のままで良いのですね。

ビットコイン現物とビットコインFX

Free illustration: Magnifying Glass, Hand, Keep - Free Image on Pixabay - 895589 (10384)

ビットコイン現物(BTC現物)とビットコインFX(BTC FX)の違いですが、「BTC 現物」取引は、通常のビットコイン取引(レバレッジ無)になります。

「BTC 現物」の取引では、入金した分の金額分のみのビットコインの購入、あるいは保有しているビットコインの数量分のみの売却が可能となります。
「BTC FX」はBTCを用いたfuture exchangeを意味しています。 いわゆるFXはforeign exchangeを意味しますので、サービス特性は異なりますが、仕組みとしてはFXのように、上げ相場、下げ相場、どちらに相場が動いても利益獲得機会があり、またレバレッジも最大20倍まで対応していますので、効率的な資金運用が可能となっています。
ビットコインは株のように現物取引と、FXの様なレバレッジをかけた方法の両方で取引をする事が出来ます。
それは、ビットコインは利用価値があるからです。
仮想通貨ですので、通貨としての利用方法があります。

ビットコインで出来る事

Free illustration: Iphone, Startup, Business, Gadget - Free Image on Pixabay - 1451614 (10385)

Dellはビットコインを受け付けているので、ビットコインを支払えばビットコイン建てでパソコンを買うことができます。Expediaはビットコインを受け付けているので、ビットコインを支払えばビットコイン建てで航空券を買うことができます。

このように、ビットコインの普及が進めば進むほど、ビットコインを使える場所が増え、その利用価値が高まっていきます。逆にビットコインが何らかの理由で信用を失ってしまえば、何の取引にも使えないただの無意味なデータになってしまいます。別の言い方をすれば、お金というのは皆が欲しがればどこでも使えるようになるし、どこでも使えれば皆が欲しがるようになるのです。
ビットコインを持っていれば、利用出来る場所というのが多くあります。
上記の様な場所の他にも、色々な場面で利用することが出来ます。
そしてこれから先増えていく予定となっています。
ですので、現物で取引される方が多いのですね。

J-Bitsの取引手数料

取引手数料はいくらですか?現物取引では、購入時および売却時に、1ビットコイン(BTC)あたり108円の取引手数料がかかります。
レバレッジ取引では、新規取引時および決済取引時に、1ビットコイン(BTC)あたり108円の取引手数料がかかります。
J-Bitsはビットコイン取引所として最近開設されました。
主な特徴は、セキュリティー面やユーザーが簡単に使える取引ツールなどがあります。
そして手数料が安いという点もありますね。

J-Bitsのキャンペーン

期間中にビットコイン取引を行った全てのお客様におかれまして通常取引手数料:108円/(1ビットコインあたり)のところ
キャンペーン期間特別手数料:54円/(1ビットコインあたり)にてご提供をさせて頂きます。

当キャンペーンは「現物取引」「レバレッジ取引」のどちらの取引も対象となります。
J-Bitsは取引所開設キャンペーンとして、現物取引やレバレッジ取り木に関する手数料を半額にしてくれています。
ビットコインの現物を購入したい方は今がチャンスかもしれませんよ。

ビットコインには現物取引という方法があることが分かりました。
そして利用することも出来ると言うことも分かりました。
そんなビットコインを購入する際は、J-Bitsがお得であるという所も抑えておきたいところです。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こんなにお得で大丈夫?J-Bitsのキャンペーンが凄い!

こんなにお得で大丈夫?J-Bitsのキャンペーンが凄い!

J-Bitsは最近開設されたビットコインの取引所です。そして、J-Bitsではキャンペーン真っ最中となっています。そのキャンペーン内容がとても凄いことになっているんです。その内容をご紹介しようと思います。
anzu | 252 view
J-Bitsの情報力の重要性と、ビットコインの今後は?

J-Bitsの情報力の重要性と、ビットコインの今後は?

ビットコインは今後大きな市場を作り出す仮想通貨であります。ビットコインで成功させるうえで重要なのが取引所の存在で、今回はJ-Bitsの魅力と情報力、現在行っていることを中心にまとめていきたいと思います。
nekomimimanaka | 339 view
ビットコイン取引所のJ-Bitsはチャートも優れている!

ビットコイン取引所のJ-Bitsはチャートも優れている!

ビットコイン取引所で今とても注目されているのがJ-Bitsです。 J-Bitsでは、顧客情報を守ることをメインに安心して簡単に取引ができる取引所を目指しています。 チャートも見やすい設計になっているのも魅力ですよ。
こしだ | 314 view
ビットコインとJ-Bitsの取引時間は休みがない!

ビットコインとJ-Bitsの取引時間は休みがない!

仮想通貨であるビットコインの取引時間は24時間365日年中無休です。 コンビニと同じですね。その他の投資商品の取引時間はどうなっているのでしょうか? そんなビットコインを取引するのなら、J-Bitsで口座を開くのがオススメです。
hs08 | 190 view
ビットコインを体験するなら安心取引レートのJ-Bitsで

ビットコインを体験するなら安心取引レートのJ-Bitsで

ビットコインは仮想通貨としてとても人気の高い商品ですね。 そんなビットコインを取引してみたい方は、取引レートがきちんとしているJ-Bitsが良いですね。 その前にビットコインの魅力とは何でしょうか?取引レートに魅力がありました。
hs08 | 78 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hs08 hs08